このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

清澄山、山中8字周回

2007年4月29日日曜日

 久しぶりにMARIN(MTB)の登場です。7:30、バス釣り客でほぼ駐車場が満車の亀山湖畔を出発。君津市黄和田畑(きわだはた)にある七里川温泉を経て、四方木(よもぎ)へ。この四方木集落は小櫃水系だが鴨川市(旧天津小湊町)になる。不思議なので調べてみると、
昭和29(1954)年 6/1 君津郡亀山村四方木地区を安房郡天津町に編入。10/1 久留里町・松丘村・亀山村が合併し、上総町誕生。
とある。昭和の大合併の際、君津側から離脱したわけだ。これは、旧上総国から旧安房国への異動である。
 それはさておき、分水嶺を越えた後、MARIN号は一気に太平洋まで下り、天津から海岸沿いを東行する。小湊からは山の中へ入り、朝綿原(まめんはら)から清澄山を経て、尾根筋を元清澄山方面へ向かう。その後、東大農学部の演習林(地図の橙線:入ってはいけません)内で注意を受け、三石山へ進路を変更する。小櫃川支流の川沿いから、元清澄山~三石山の尾根までは100%担ぎ、その後も押しと担ぎの上、最後までルートの確信が持てなかった。三石山観音を見た後、16:30に帰着。59km。

 (写真:三石山の車道に出たところ。判っていれば、自転車では行かない。)

房総半島の先端部を一周する

2007年4月15日日曜日

 道の駅富浦まで車で行き、房総半島先端部を右回りに一周した。右回りにしたのは、海側を走るためである。7:40にスタート。海沿いの旧道を舟形~那古と走り、館山駅西口から橋上駅を東口へ抜ける。市街にある安房国分寺を見た後は千倉方面へ走る。たいした坂もなく、なんだかすぐ千倉に着いた感じ。道の駅が連続する海沿いを西へ。若干の追い風で非常に走りやすい。野島灯台の遊歩道を一周した後、洲埼灯台へ。地名は、野島崎,洲崎だが、灯台名は、野島埼,洲埼。地名を昭和になって変えたようだ。

 帰路の館山では海軍航空隊の赤山地下壕を見る。無料だが、ヘルメットと懐中電灯を貸してもらえる。松代に匹敵する規模とのこと。米占領軍初上陸地点(降伏後だが)が目と鼻の先にあるのは偶然か。
 
 最後は、新八犬伝で、信乃や浜路たちが登場する舞台となった那古観音に登り、館山湾を眺望し、14:20に車に戻った。
 75kmくらい。

(写真:船形では小さなお祭りに遭遇した。神様は下諏訪系だった。)

 木更津、君津には歴史を感じさせる地名が多いが、その中でも出色なのが馬来田(まくた)、真里谷(まりやつ)である。漢字を輸入する前のやまと言葉の柔らかさを感じさせる。久留里線馬来田駅に、万葉集の句碑があった。「まくた(うまくた)」を詠んだ句は二首あるとのこと。
 真里谷城址まで足を延ばしたので、養老水系の高滝ダムへ下り、上総牛久を経て木更津市街経由で帰った。途中、東横田駅周辺のドンドン(大字)と言う地名(1/50000地形図に表記されている)を探したが、地名の表示物は見つからなかった。地元の中学生に尋ねると「初めて聞いた」と言われたが、気を取り直して老夫婦に聞くと、由来を含め教えていただいた。この地名は、「音」に由来する。
 70Kmくらい。ロードバイク可。東横田~木更津の国道409は道幅が狭いので、並行する市道を走る方が良いだろう。
(写真:馬来田駅。渋すぎ。)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com