このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 そろそろ田植えも終わったころ、大山千枚田を見に行くことにした。長狭平野へのルートは、未走の木之根峠越えとし、佐貫と上総湊の間にある浅間山(せんげんやま)運動公園まで車で行き、そこから往復するコースとする。
 8:10 スタート。戸面原ダムまでは緩い上り、その後も走りやすい道で1時間程度で加茂川までおりる。
 大山不動尊へは意外ときつい上りだが、ちらほら千枚田が見え始める。地域資源総合管理施設(棚田倶楽部)のある地区はさすがに核心部だけあって景観としても見る価値がある。千枚はないが、375枚の田んぼがあるらしい。1/25000地形図でみると、この周辺は棚田が多いので愛宕山の麓の大田代から元名へ足を延ばしてみる。こちらは耕作を止めた田や、田植え機が入れられるよう数枚を1つにまとめた田も多い。田んぼが観光資源と言うのも不思議だが、動体保存するには、オーナー制度や補助金が必要なのだろう。毎年、米を作り続けないといけないので「町並み保存」より大変かも知れない。

  午後は上総/安房国境稜線へ。君鴨トンネルの手前から旧道に入り、国境稜線の林道を走り、湊川源流部から戸面原ダムへ下る。ダートは想定済みだが、路面が水流で削られている場所が多く、シクロクロスではきつい。MTBで来るべきだった。
 毎度のこととはいえ、房総の山の中は、①似たような山々が幾重にも重なっている。②地形図に記述されてない道がたくさんある。③うねうねし、上り下りのはっきりしない道が多い。 ため難しい。今回大きなミスはなかったが、川の流れを見て逆方向へ走っているのを修正するといった危うさがあった。65Kmくらい。

 あれ。フロントフォークが、チェレステからシルバーメタリックへ。木更津のカヤギサイクルさんで修理。完璧です。
<旧道の君鴨トンネルは完全封鎖>

小櫃川をボートで下る

2007年5月20日日曜日

 訳ありで自転車に乗れないので、小櫃川をインフレタブル・カヤックで下ることとした。田植えの季節だが、小櫃川の水量は豊かである。このボートは縦乗り2人用で溝の口のNさんと同乗する。
 出だしは好調。5月の陽射しは柔らかく、気持ちよい。流れは歩きより少し早い程度で、時速4~5キロか。自転車ならタンデムだが、技量,体力を鑑み交代で漕ぐ。堤防との比高は-5mくらい、川原が無く着岸が難しい。清流とは言い難いため「沈」は絶対避けたい。
 googleマップの航空写真では、数ヶ所、堰があり白波が立っている場所があり、如何に越えるかが問題である。一つ目の堰はコンクリートブロックで、底をすりながらも無事クリア。途中、右岸に小さな川原がありボートを引き上げ小休止する。。ここまでは、順調であった。このあたりの小櫃川は両岸に竹やぶや深い草地があり、全く人影を見ない。
 二つ目の堰に近づくと鋼矢板がむき身で刺さっている。あれよあれよと言う間に、船腹が横向きになり、そのまま転覆、深くて足が着かず、泳いで岸にボートを引く。もう終わりにしたいところだが、ここでは土手の上までボートが上げられず、気持ちを落ち着かせ再出発する。
 三つ目の堰もやはり鋼矢板。またもや沈没。もう、どーでも良くなってくる。もう一がんばりし、スタート地点と同じ左岸にやっと着岸地を見つけようやくフィニッシュ。4時間、2.9Km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com