このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

<1/50000地形図。橙線は歩き。> Google Mapで航空写真を見ると、小櫃川河口に円形の池がある。不思議なので見に行くこととした。事前にWebで調べたが、一次資料は見つからなかった。どうも、「①現役の実験施設ではない。②工業用水確保のため、人工の河口湖建設の要否を判断するために作られた。」らしい。
 横須賀から富津までの東京湾岸は、ほぼ切れ目なく埋立地となり自然な海岸はほとんど残っていないが、この小櫃川河口の盤洲(ばんず)干潟は手付かずの自然が残っている。ようするに、近づけない。最初は、道路から最も近い北東側からのアプローチを試み、一つ目のクリークを竹を足場に渡ったが、その先の藪コギで断念した。一歩踏み出す度に、数十匹のアシハラガニがもぞもぞ逃げるのは得がたい経験だ。冬に出直しかと思ったが、偶然出会った野鳥系さんに案内してもらい、南側からたどり着くことができた。道すがら色々教えてもらったが、ラムサール条約や鳥獣保護区などの法的な保護は一切かかっていないとのこと。これは、ちょっと意外。
 野鳥系さんはイメージどおり、単眼鏡とカウンターを持っており、超望遠で鳥を見させてもらった。泰然と木の頂にとまるダイサギ(白いサギ)を見ていると、ハマルのも判る気がする。
 浸透実験池は2重の池で、外堀に囲まれた円形の島へは人が入れないため、カワウの楽園となっており、木の上でなく地面にも巣を作っているとのこと。
 自転車系の当方としては、「ブロックパターンが大きく、幅が2.40くらいのタイヤなら干潟を走れるのでは」などと、善良な市民とは言いがたいことを考えていたりする。もっとも、2mを超す葦が茂っているので夏は無理だが。

 その後は、小櫃川の弧状三角洲の縁に沿ってアクアブリッジまで走り、直線的に耕地整理された水田地帯を経て帰宅。46Kmくらい。

 盤洲干潟をまもる会

大多喜から九十九里へ

2007年7月16日月曜日

 海の日、九十九里自転車道の南端部分を走りに行った。台風一過、夏到来と思ったが、すっきりしない曇り空で気温も低い。周回コースにしたいため、大多喜偽城近くの県民の森まで車で行くこととした。
 いすみ鉄道に沿って大原(現いすみ市)へ入り、行政名称の「九十九里一宮大原自転車道線」から走り始める。が、・・・、台風の影響か、いきなり水没しています。(ちなみに、淡水でした。)併走する堤防の上を 2Kmほど走ることとなったが、道的には特に問題はない。問題は北からの強風である。台風は梅雨前線を押し上げる威力がなかったのだろうか。フラットなのに、巡航速度は15Km/h くらいである。上り坂と違って向かい風は、抗う気力が続かない。
 自転車道線は、夷隅川河口から江東橋まで右岸を上った後、国道128号線に併走するが、太東崎へ行くため、暫し自転車道線から離れる。ここでは、不思議な地図記号「擁壁なのか、道なのか?」を現地現認する。
 東浪見から県道に沿った自転車道線に戻る。風は少しおさまってきたが、良くある自転車道の路面「膨張したアスファルトが所々で数センチ盛り上がり、そのまま固まった」状況で、スピードを出すと走りにくい。ロードバイクだと、やだろうね。
 自転車道線は途切れることなく続き、新一宮大橋の側道橋を渡り、九十九里自動車道を専用の高架橋で越える。まだまだ道は続くが、5%の坂を上り続けているような向かい風なので、九十九里浜の核心部を前に断念。海岸を離れ、田んぼの中の道を風を背に帰路に着くことにする。
 上総国一ノ宮の玉前(たまさき)神社に寄ったが、延喜式名神大社なのにとても小さい。何か理由があるのだろうか。昼食代わりに、由緒がありそうな角八本店の麩まんじゅうを食べる。
 最後は、瑞沢(みずさわ)川をつめて大多喜へ。緩やかな上り坂だが、追い風で快適。大多喜では、津知屋の最中十万石を食べる。まんじゅう+最中による胸焼けのため、久留里で自噴井戸の水を大量に補給した。
 78Kmくらい。
 国土交通省の大規模自転車道サイト(凝っています)

三川三滝

2007年7月8日日曜日

 暑いので、小糸川、小櫃川、養老川の滝を巡った。ルート的に車でのデポが有効でないので、自宅から出発。100Kmを超える行程となった。

 小糸川に沿って三島湖までは標準ルート、国民宿舎からは素掘りのトンネルが連続する林道を香木原へ行き、少し下って小櫃川水系笹川の濃溝(のうみぞ)の滝へ。この滝は、川廻しの滝で、今は荒地や清水渓流公園となっている旧河床を農地とするためにトンネルを掘り、川をショートカットした部分で、川を700m位短絡した分の落差が滝(と言っても5m)となっている。
 次いで、東大演習林ゲートの手前にある黒滝へ。ここは、4月に清澄山からアプローチを進入禁止で阻まれた場所で、下流側からのリトライでようやく目にすることができた。なめ滝だが河原に下りられない。

 次は養老川。黄和田畑から石尊山の尾根をトンネルで抜けて一旦夕木川へ下りた後、登り直して養老川へ。ここは大多喜町。小田代(こただい)から面白(おもじろ)を経て、粟又の滝へ。ここもなめ滝で河原では子供たちが遊んでいた。
 小糸川の滝がないのは、「開墾場の滝」を発見できなかったため。そのうち、リトライを。
 帰りは、(たぶん)最短コースで君津市街へ。日が長いので助かった。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com