このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

消えた小字(こあざ)

2008年5月17日土曜日

 手元に、1976年(昭和51年)の地形図がある。現在の物と比較すると、消滅した小字があるので見に行くことにした。君津ICのそばにあった外平(げへい)と能網である。
 木更津市と君津市の境界線は非常に入り組んでいるが、ここも分水嶺に境界はなく、畑沢川の最上流部は君津市になる。大字は大鷲新田なので、小糸川沿いの大鷲集落の人達が開拓したのだろう。
 まず、外平へ向かう。練木から直接向かう道は見つからず、一旦ため池まで行き折り返す。道はダートだが、小型四駆なら走れる幅がある。①地点の外平は竹林の中、2軒の住居跡が見つかった。大八車の木製の車輪が残されていた。たけのこシーズンには、人が来ているようだ。
 一等三角点を確認した後、②地点の能網へ向かう。こちらも、道の一部は現役で使用されてるようだが、住居跡は見つからなかった。
 帰路、山道から忽然と八幡台の住宅地が現れるのは不思議な風景だった。
 君津から 15Km。
 

T秘境 高画質画像集

2008年5月5日月曜日

 こけおどしと思っていたT秘境だが、なかなか素晴らしい場所である。デジタル一眼を担いで、撮影に行って来た。


 君津から XXX Km。

 

 三島湖のそばの怒田沢(ぬたざわ)から法ノ木までの高宕林道は、3.9Kmの間にトンネルが9つある。素掘りトンネルにも驚かなくなったが、これだけ集中している場所も珍しいので行ってみることにした。今季、初のTシャツ、短パンである。
 集落の規模から不釣合いなほど大きな三島神社を経て怒田沢へ入る。峠を抜けると高宕山のサル生息地だが、いきなり民家のそばに親子らしき数匹がたむろしている。稜線の向こう側の豊岡には自然動物園があり、昭和風の施設で野生ザルの餌付けをしているが、近年は増えすぎて猿害も多いようだ。
 集落を抜け林道に入るが、舗装路でありクロスバイクで問題ない。2つ目のトンネル入り口の案内では、途中に崩落個所があるとのこと。歩きだと越せそうなのでそのまま走る。
 6つ目のトンネルが峠にあたり下りになった後、高宕大滝との分岐部分の崩落地点は担ぎで越える。結構、派手に崩れています。その後は荒れたダートになり、パンクを恐れて半分は押しで進む。路面が良くなり乗り始めたとたん、またもや崩落個所である。車もモーターサイクルも全く会わないわけだ。
 2個所とも大きな崩落なので、当分開通はなさそう。この間は、人と自転車以外は乗り入れ不能なのでサンクチュアリ状態である。最後の高宕1号隧道は、コンクリート製。ここから舗装路となり粟倉方面へ気持ちよく走る。一番いい季節のサイクリングだが、トンネルより崩壊がポイントの日だった。MTB向けでした。

 君津からの往復で 50Km。
 

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com