このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

羽田~徳島~羽田

2016年12月29日木曜日

 蛇行する復路のルート
 羽田空港からの富士山(2016/12/23)
 箱根上空からの富士山。
 駿河湾上空からの富士山(2016/12/29)
 伊豆大島。
 房総沖でようやくレフトターン。
 暮れのラッシュの為か、帰路の航路は蛇行していました。
 前日の航路はこれ。
 往路(タイムラプス 15倍速)、復路(徳島空港離陸)動画(1:59)

大坂峠から麺喰屋 "澤"

2016年12月28日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 気温が急に下がりましたが、天候は晴れ。定番の大坂峠へ。
 ルートは、こちらも定番となった北灘町櫛木へ抜ける県道228号。櫛木の妙見神社。
 拝殿正面の意匠は鶴の彫り。
 瀬戸内海は強い北西の季節風。向かい風です。
 県道1号線を大坂峠へ。引田を望む。
 板野へ下り、丸池うどんへ行くも定休日。うどん脳をラーメン脳に切り替え、東に10km走り麺喰屋 "澤"。濃厚な白湯は初めて。手の込んだスープと平打ち麺、美味い。
 前夜は、徳島自転車乗り忘年会 with スライドショー。今年も寝落ち続出でした。
 72km

戸越~大崎~五反田

2016年12月18日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 インフォーマルなクラス会が大崎で行われるので、早めに出て戸越銀座経由で行くことにします。
 先週(12/11)リニューアルされた東急池上線戸越銀座駅。多摩の材木を使用した「木になるリニューアル」とのこと。
 屋号のようなシンボルマークは新設。
 東京でいちばん長い商店街として知られる戸越銀座。○○銀座の嚆矢ですが歴史は新しく、明治末の地形図に商店街はありません。
 2016/4 に無電柱化が完了しました。商店街から路地を抜け坂を上ると八幡神社。
 文庫の森に残る「旧三井文庫第二書庫」は、日本最古の壁式鉄筋コンクリート造。戸越公園と合わせ財閥の三井家から寄付されたものです。
 戸越銀座の場所は台地に刻まれた谷戸で、水捌けを良くする為に、関東大震災で廃棄された銀座の煉瓦を舗装に転用しました。
 久しぶりの大崎はイメージ一新。裏通りに町工場跡は残っていますが、駅周辺は今風に激変していました。クラス会はフレンチの昼コース。白ワインに使うブドウは、大きく分けて2種類あり・・、とか前に座ったご婦人に説明してもらいましたが、全部忘れました。
 駅につながる大崎ニューシティのコミュニティ広場。日野学園吹奏楽部のクリスマスコンサートが催されていました。品川区立日野学園、小中一貫教育を行う公立校。知らなかった。
 二軒目を出ると、ちょうどイリュミネーションが点灯。最後は、目黒川を五反田まで歩き解散。

大きな地図を見る
<11/10> Noi Bai
 大きく拡張されたノイバイ空港着は 20:15、空港至近の Dragon Airport Hotel を送迎付きで予約しているので、ワゴン車でお出迎え。広いお部屋だったので、自転車は部屋で開梱しました。
 Booking.com で予約した宿は 2550円(510000 Don)、夕食のフォーは 150円(30000 Don)
 輪行用ダンボールを預かってもらうことにして帰国前日を予約しました。直接予約だと安くなると思いましたが、ホテル側は Booking.com への手数料は払っていないとのこと。少し狭い部屋にして 460000 Don で交渉成立。
<11/11> Ha Noi
 ハノイB駅近くの市場の中にある HANOI VIEW2 HOTEL 。ここも、Booking.com で予約しました。エレベーターのある6F、自転車は部屋。今回、唯一のバスタブ付き、1850円。オペラハウスがはねた後の Binh Minh Jazz Clib の夕食はご馳走になったので不明。
<11/12> 夜行列車
 22:00 Ha Noi発、4:36 Bao Ha着。ソフトシートで 750円。外国人はみなさん寝台車かと思いましたが、1割くらいは欧米人でした。正確には欧米人でなく、ヨーロッパ人でしょう。コンセントありました。
<11/13> Bac Quang
 QL2 から一本裏に入った公園横ので、今回の初 nha nghi。備品がひと通り壊れてます(ドアノブ、シャワーノブ、トイレ水タンクのフタ)が、洗濯機を無料で使わせてもらえたので文句なし。900円。夕飯は 200円。
<11/14> Tam Son
 泥道に苦しんだ日。日没後なので、高級ホテル一択で選びましたが、高級なのは外観だけでした。電熱器があったので、用途外に使用しました。これは助かりました。1000円。
 夕食は、炒飯+牛バラ炒め+目玉焼きに、キュウリと豆が付いて200円。ビール、レッドブル(タイ産)、レッドブルのコピー(タイ産)はいずれも50円。翌日買ったレッドブルのコピー(ベトナム産)は、Brown Sheep。力が抜けていきます。これも50円。
<11/15> Yen Minh
 3軒目で決めた宿ですが、わりと平凡。この日は、初めて床屋でひげ剃り。ベトナムのホテルは、ひげ剃り置いていません。Comを頼んで出てきたの夕食は、昨日とほぼ同じ。中越国境付近は米の質が悪いのでしょうか、デフォルトが炒飯でした。
 宿 1000円、ひげ剃り 100円、夕食 200円。
<11/16> Dong Van
 ハザン観光の拠点で外国人観光客が多く、宿も食事も高い。そんな中、(物干し場からの)眺望を念入りにチェックした結果、シャワー、トイレ無しの Nha Nghi 。今回最安値の 750円。夕食は 250円。
<11/17> Bao Lac
 高級ホテルを探し、一番広くてリバービューのお部屋、2000円。英語が通じました。夕食は、紹介してもらったローカルレストランで 200円。
<11/18> Thong Nong
 この日も最後は夜間走行。宿が奥まった通りにあったので見つからず、露天のオバちゃんに教えてもらいました。Nha Nghi(宿屋)より気持ち格上の Khach Sam で 1250円。夕食のComは、珍しく鶏のから揚げ。から揚げも地鶏、150円。
<11/19> Cao Bang
 カオバン省の省都。リバービューのお部屋、洗濯機が使えて 1000円。
 昼前に付いたので、昼食のCom 150円、CafeSua コンデンスミルク・ダブルで 125円、栗 500g 100円、夕食はピザ 250円と豆乳 25円。
<11/20> Bac Kan
 最長の114km走り、ハノイも近付いてきました。ベランダがあるので選んだのに使えず残念、1000円。昼飯を食べ過ぎたので、夜は mi xao(ミーサーオ)200円。
<11/21> Thai Nguyen
 高級ホテルに泊まりたいので、当日の朝に Booking.com で予約。ダブルルーム、ガーデンビュー。18ドルとお安いのは怪しそうですが、スペックに齟齬は一応ありませんでした。
 洗濯機は使えませんでしたが、わざわざタライと洗剤を届けてくれ感激。2000円。道端でういろう風のもち、25円。おこわ、100円。夕食はフォーと揚げ物で 150円。床屋でひげ剃り 50円。
<11/22> Noi Bai
 初日に泊まったホテルへ。約束どうりダンボールは保管。自転車の洗浄もホテルの兄ちゃんがやってくれました。翌朝の空港送迎込みで 2300円。途中、ベトナムで初めて見つけた現代的スーパーマーケットでベトナムコーヒー購入 500g x 2 で820円、夕食は外国人しか頼んでなかった鶏が高く 650円。これは幾分ボラレたのかも。
 4万円両替して 824万ドン。275万ドン残りました。航空券は込々で 35150円だったので、トータルでも安い。全ての部屋で Wifi が使えました。ドンが余り過ぎたので、また行かないといけません。

浦和

2016年12月10日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 渋谷から湘南新宿ラインで29分。駅から出ても風景に記憶がない。駒場スタジアムへは北浦和から行くので、本物の浦和はどうも初めてらしい。地元のSさんと待ち合わせ市内を散策。
 調神社(つきじんじゃ) 。本殿が見当たらないと思ったら、社殿は本殿と拝殿が一体となった権現造。狛犬ではなく狛ウサギ。
 浦和区民の憩いの場所、別所沼。玉蔵院。埼玉県庁、旧制浦和高校、高等女学校、女子師範学校など、古い建築物がありそうですが、まったく残ってないようです。
 名物はうなぎ。天皇家三代にわたって召し上がって頂いておりますと言う山崎屋で特上うな重。期待していなかった喫茶店のアールグレイもいい香り。酒井甚四郎商店の奈良漬もいけます。ソフト面は充実していました。
 S画伯の絵をもらって退散。「レマン湖畔の女」と命名しました(^_^)
 8.4km(歩き)

 ハザン核心部、Yen Minh - LUNG NOI face。この部分で 160kmくらいです。ここは、もう一度行きたい。
 ロードバイク向きの道ではありませんが、最後の "ルングノイの壁" 以外は概ね舗装路です。25-28辺りの太めのタイヤなら問題なく走れると思います。 (3:51)

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 11/10 ハノイ入り、11/12 の夜行列車でバオハ(Bao Ha)まで輪行し、中越国境ハザン省、カオバン省へ。復路は空港のあるノイバイ(Noi Bai)まで走り、11/23 に帰国しました。
 こちらに、日付昇順で並べています -->

11/11 Noi Bai - Ha Noi  70.52km
11/12 Ha Noi City  17.90km
11/13 Bao Ha - Bac Quang  88.25km
11/14 Bac Quang - Tam Son  107.58km
11/15 Tam Son - Yen Minh  72.61km
11/16 Yen Minh - Dong Van  46.23km
11/17 Dong Van - Bao Lac  100.99km
11/18 Bao Lac - Thong Nong  69.30km
11/19 Thong Nong - Cao Bang  44.96km
11/20 Cao Bang - Bac Kan  113.79km
11/21 Bac Kan - Thai Nguyen  85.90km
11/22 Thai Nguyen - Noi Bai  76.37km

TOTAL 894.4km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com