このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 まず、本郷にある東京都水道歴史館へ。入場無料なのに充実しているとの話を聞いたので、初めて入りました。
 1階は江戸期。音声ガイダンスを借りて、じっくり見学しました。
 2階は明治以降。
 神田上水が神田川を越える掛樋。江戸は世界有数の大都市だった。
 一方、ローマ帝国では、2000年前にこれ。日本、全然すごくないです。
 飯田橋の牛込橋からの「甲武鉄道旧牛込橋駅跡」 何か工事しています。
 早稲田通りを田安門方面へ歩き、靖国神社 "みらいとてらす" へ。高円寺と神楽坂の連が阿波踊りやってました。
 目当ては能楽堂での雅楽。
 遊就館前ではプロジェクト・マッピング。
 今日は、維新の英雄、大村益次郎も紫色になっています。
 歩き 12kmくらい。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨日(9/17)Yokota Air Base Japanese-American Friendship Festival 「横田基地日米友好祭」へ行く予定でしたが、台風で断念。台風一過の晴天なので、流れで横田基地へ。
 多摩川原橋を渡り左岸の土手道を上流へ。
 多摩川に8つある堰のひとつ、大丸(おおまる)用水堰。大丸は右岸の稲城市の地名。
 土手道を離れ、新奥多摩街道、R16で拝島へ。右から八高線、青梅線、五日市線。
 地図では西武拝島線に見えますが、横田基地へ続くのは八高線。
 ここが国境。週に数回、このゲートが開き、航空機燃料が搬入されるらしい。金網の向こうは Dethlefsen Rd、後ろは五日市街道。
 西武拝島線。橋台は複線用でした。
 八高線。こちらは単線。枕木は木のようです。
 明治42年(1909年)発行の1/20000 立川村、日野町あたり。
1889年(明治22年)新宿駅 - 立川駅間が開通、翌年、日野駅まで伸長。1894年(明治27年)立川 - 青梅間開業。中野側からほぼ直線で結ばれた立川駅は村はずれにあった。
 日野渡で多摩川を越えた日野は甲州街道 5番目の宿場町。
 昭和5年(1930年)発行の1/25000 の立川町、日野町あたり。
立川は飛行場のできた駅北側から発展した。西から延びてきた五日市線は、1930年(昭和5年)立川駅 - 拝島駅間 (8.1km) が延伸開業。
 日野渡は、大正15年(1926年)、日野橋の完成に伴い廃止。
 昭和22年(1947年)発行の1/25000 の立川市、日野町あたり。
立川駅南側の区画整備が進む。
 昭和42年(1967年)発行の1/25000 の立川市、日野市あたり。
立川の街区が大きく広がる。
 帰路の多摩川沿い。
 72.44km、4:16

金沢湊一周

2017年9月16日土曜日

 神奈川スリバチ学会主催の 「金沢湊一周」 に参加しました。一通り自転車で走っているルートです。曇りから小雨のなか、20名ほどで歩きました。
 野島掩体壕。野島山を貫通する長さ260mの大きな壕。海軍の小型機100機を格納する計画ですが、完成は1945年6月30日、使われることはなかった。
 野島公園展望台から護衛艦いずも。帝国海軍、虎の子の空母が無防備に停船している。(^_^)
 金沢文庫中世歴史博物館がある称名寺の隧道。称名寺が完成した1323年の「称名寺絵図」に描かれている。
 上行寺東遺跡のやぐら(=火葬骨を納めた墓)、鎌倉・室町期。
 11.3km

高輪橋架道橋をくぐる

2017年9月13日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 品川新駅の建設で、無くなるとの噂のある高輪橋架道橋へ。読みは "たかなわきょうかどうきょう" のようですが、橋架が指すもの、橋架道が指すものが判りません。(たぶん、)高輪橋架道を走ってきました。
 泉岳寺側、高輪大木戸の脇のカーブを下ると入り口。
 長さは230mくらいです。
 道路標識の制限高は 1.5m。実際の高さは 1.8mくらいでしょうか。首を曲げて歩いている人もいました。
 芝浦側の出口。ちょうちん殺し(ちょうちん型の個人タクシーの行灯は、若干高め)と言われるのもわかります。
 この道路、元は東京湾と車町河岸を結ぶ水路でした。左:大正期、右:昭和30年代。
 1964年でも、泉岳寺側に船溜まりがありました。
 微妙に水路も残っています。明治末だと、東海道線を抜けると海。
 帰路は、旧東海道を南下。目黒川の旧河道。
 お昼は、南大井の福来食堂。真っ当な定食屋。
 51.08km、3:23

吾妻渓谷、八ッ場ダム

2017年9月9日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 青春18きっぷを使い切るため、吾妻線へ。2年前も、同じ理由で川原湯温泉駅へ行っています。今回は、一駅手前の岩島駅へ。
 付け替えられた吾妻線。線路、残っています。八ッ場ダム建設では、延長約10.4kmの線路付替工事が行なわれました。
 新しい吾妻線の第二吾妻川橋梁。国内最長の中央径間を持つPRC斜版橋。魚梁瀬森林鉄道の二股橋と違って、鉄筋入っています。
 吾妻渓谷右岸のハイキング道を小蓬莱(見晴台)まであるき、鹿飛橋へ戻って左岸をダム建設現場手前まで。その後、猿橋まで戻り、吾妻峡トンネルで川原湯温泉方面へ。
 八ッ場ダム正面の見晴台から。完成時の堤高は 116m なので、高さは倍にはなりそうです。木々がじゃま。落葉樹なので、冬に来るべきか。
 吾妻渓谷から八ッ場(川原湯温泉)へ抜ける山道は厳重に封鎖されていました。川原湯までの距離は 1360m。
 鹿飛橋からの吾妻渓谷。ここは、紅葉狩りに来るべき場所。
 猿橋まで引き返し、吾妻峡トンネルを抜けることにします。全長 1769m。歩いて24分。
 上流側からの八ッ場ダム工事現場。手前、吾妻線の鉄橋はたぶん生コンのパイプラインが通っています。
 完成時はこうなる。「なるほど!やんば資料館」のジオラマ。
 歩き 14.4km

 鳥瞰ルート動画。2日間に分けて走ったルートをつなげました。 (1:15)
 <安田川中流域 1/50000 「馬路」 昭和8年修正>
 K:釜ヶ谷桟道(昭和2年) 対岸への人道吊橋から。
 L:釜ヶ谷橋(大正15年) 橋脚の右半分が森林鉄道時代のもの。
 M:平瀬隧道(明治44年) 県道脇にあるが三角コーンは不要かと。
 平瀬隧道、内壁。
 N:五味隧道(明治44年)
 今回の走破ルート(国の重要文化財)で線路が残ってるのは、ここだけ。
 キャプションに "空トロ犬曳" とある。空荷の下り便は犬が曳くこともあったようだ。 四国森林管理局「思い出の森林鉄道」より
 <安田川上流域 1/50000 「馬路」 昭和8年修正>
 O:河口(こうぐち)隧道。
 P:犬吠橋(大正13年) 昨年(2016)9月22日に陥没が見つかり改修中。重要文化財ですが、現役の高知県道12号線です。
 上流側の砂防ダムの上に迂回路があるので、真横から見ることができます。
 <奈半利川上流域 1/50000 「馬路」 昭和8年修正>
 Q:二股橋(昭和15年) コンクリート2連アーチ橋。親柱四基付、南北擁壁附属。
 文化庁のサイトには 「無筋コンクリート造として、近代における最大級の径間を実現した構造物であり,コンクリート技術史上,高い価値がある」 とあります。
 路面はバラストを使用している。 RKC production 「魚梁瀬森林鉄道」(3:30)より
 R:堀ヶ生橋(昭和16年) 鉄筋コンクリート造の充複式単アーチ橋。
 古い写真で見ると、竣工時に退避所はなかったもよう。
 小島橋(昭和7年) 今回、奈半利川沿いは走っていませんが、2009/8/15 に甲浦から奈半利まで走った際、鉄道遺産とは知らずに撮った画像がありました。
 <魚梁瀬地区 1/50000 「馬路」 昭和8年修正>
 核心部の魚梁瀬ですが、ダムに水没しているので遺構はありません(泣)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com