このブログを検索

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 

国土交通省の「重ねるハザードマップ」を見る
 多摩武蔵野スリバチ学会の後、渋谷経由、五反田の宴席へ。渋谷は時間調整で、ヒカリエの「スカイロビー」。 初めてと思って来ましたが2回目でした。11F でスカイロビーを名乗るのはいかがなものか(^_^) ただし、当分渋谷の変化は続きます。
 工事中の銀座線渋谷駅。ホームは最終的に130m 足元(ヒカリエ側)に移動し、アーチ状の屋根直上にスカイデッキを配置するとのこと。
 スカイロビーにある 1/500ジオラマ。再開発が続く渋谷の最終型。
 五反田で散会後は、大井町線下神明駅まで散歩。水はけの悪い地域。
 山手線の下をくぐり、湘南新宿ラインを陸橋で越え、横須賀線と東海道新幹線をくぐり、再度湘南新宿ラインをくぐり、大井町線下神明駅到着。
 下神明駅のホームの上は東海道新幹線、下は(見えないが)横須賀線。
 <1/10000東京時層地図>
 明治末             大正末
 昭和戦前期           高度成長前夜
 歩き 1.9km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 雨天決行があたりまえだのスリバチ学会。雪のちらつく中、参加者は40名あまり。副題は "住宅街に隠れた地形の「何か」を確認しに行く" 。今年2回目の多摩武蔵野スリバチ学会です。
 今回は、若い頃6年住んだ用賀がスタート。当時住んでいたワンルームマンション、健在でした。
 大山道追分。近年、まちおこしの一環で標石を設置しています。共に大山道ですが、左(北)は世田谷城を経由する古い道、右(南)は旧246となった三軒茶屋を経由する道。何気に専門家が一緒に歩いているのがスリバチ学会。今日は荻窪圭さん(ITライター兼古道研究家)がご一緒です。
 昭和初めに整備された用賀、上用賀。地理院の「明治期の低湿地」を重ねて見ると、台地の尾根を流れる品川用水、台地下には天神溜池。
 台地は陸上自衛隊用賀駐屯地(陸軍衛生材料廠の跡地)、平地は碁盤の目に整地されています。
 整地された道路の多くには水路(暗渠)が流れています。染工場(廃業)もありました。
 用賀本村稲荷神社にはオオカミの護符。武蔵御嶽講グループです。
 用賀中学校の近くには橋の欄干が残っています。矢沢川湧水池跡から着せ替え地蔵(!?)を経て、千歳船橋で昼食。
 午後の部は一旦環八へ。1991年の竣工の M2ビル。近年は木材を多様し、新国立競技場を担う隈研吾の(たぶん)過去恥部です。高知県檮原町の「ゆすはら座」以降、作風が変わりました。
 笠森公園と荒玉水道道路。笠森公園の地下には谷戸川が南流していますので、水の流れは地下で立体交差しています。荒玉水道道路は砧浄水場から野方配水塔までの直線道路、2011/6/4 に自転車で全線走っています。
 右が荒玉水道道路。周りは無視しての直線道路です。
 密蔵院前の水車堀。大正期の1/10000地形図には水車記号。
 NTTの電信柱には「牧場支」の番札。昭和37年に閉鎖された三井牧場の名残です。三井合名が大正7年に作った三井家向けの乳牛牧場で、1958年発行の 1/10000地形図「経堂」には、昭和40年図式でなくなった地図記号「牧場」が使われています。
(参考) 溝の口上空から千歳烏山方面。地理院色別標高図+明治期の低湿地+川だけ地形地図。多摩川の広い氾濫域。
 歩き 15.5km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 埼玉スリバチ学会は2回目の参加。東川口駅に10時集合とのことですが、まったく土地勘がない地域。永田町乗り換え、東京メトロ南北線(相互乗り入れ)経由、埼玉高速鉄道線で向かうことにします。赤羽岩淵駅までは南北線、埼玉高速鉄道線は8駅、14.6 kmで、東川口駅の次が終点の浦和美園駅。東川口駅は「ガチャの聖地」を目指しているとのことですが、その所以は不明。
 総勢40名弱。「崖と谷と切通しの用水」を巡るフィールドワーク開始です。
 東は綾瀬川、西は芝川(見沼中悪水)に挟まれた台地。重ねるハザードマップにルートを描くと、台地の縁をたどったことがわかります。
 台地の高さは概ね15m、低地は4~5m。標高差は10mあまりですが境目は明確。ここの標高差はもっとありそう。
 1/50000「大宮」(昭和5年発行),「野田」(昭和6年発行)。歩いたのは主に埼玉県北足立郡戸塚(とづか)村。1956年に大門村、野田村と合併し美園村。1962年に旧戸塚村と旧大門村の差間・行衛が川口市に編入されています。南北に延びるのは日光御成道(岩槻街道)。台地を穿つのは見沼代用水東縁(ひがしべり)から取水した赤堀用水。
 西光院から台地の縁(へり)を無理くり南下。
 谷戸のあと。緩やかな窪みになっています。
 植木の産地として栄えた安行(あんぎょう)界隈。埼玉高速鉄道の戸塚安行駅も開設され、宅地化が進んでいます。
 一旦、綾瀬川の氾濫平野へ降り、赤堀用水に沿って上流へ。台地を開削し江戸中期に通水した赤堀用水、かつては竹林や照葉樹林の中を流れていました。
 両岸から宅地が迫る赤堀用水。
 見沼代用水東縁と赤堀用水取水口。用水の取り入れ口は "元圦(もといり)" と言うようです。
 天狗の鼻と呼ばれた台地の西肩には、東沼(とうしょう)神社。
 形のいい、富士塚(見沼富士)がありました。
 旧大門村の差間(さじま)、行衛(ぎょえ)は現:川口市、他は現:さいたま市。川口市の大字差間の読みは「さしま」。今日は境界協会ではありませんが、市境(舗装の違い)は見逃しません。
 最後は、東川口駅に戻り解散。帰路は、JR武蔵野線武蔵浦和駅経由、埼京線で帰りました。
 歩き 14.4km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 ブラツバキ花街系は2回目の参加。前回はカフェー建築の残る、吉原、玉の井、鳩の街(2018/2/12) 今回は、共に「遊園地」と称された "亀戸"天神裏と"洲崎"パラダイス を訪ねました。
 集合場所の錦糸町駅へ行く前に両国駅で下車。1970年ごろまでは、房総方面へのターミナル、貨物駅としての役割を持っていました。
 跡地は、今日千秋楽の両国国技館や江戸東京博物館。
 両国で降りた目的は、妹島和世設計の「すみだ北斎美術館」 外観だけ。思っていたより小ぶり。
 ブラツバキ Vol.6 の参加者は40名あまり。関東大震災の復興事業で整備された錦糸公園(元の兵器支厰倉庫)から天神裏の私娼街跡を抜け、天祖神社(亀戸)へ。
 関東大震災の翌月(1923.10)に発行された「最新模範東京市全図 大正12年9月1日 大震大火 (焼失) 地域図」では、東京市本所区と葛飾郡の境界がそのまま延焼境界。この時点で既に遊園地の表記がある天神裏。被災した浅草十二階から業社が移転し更に発展したようです。
 玉垣には、殷賑を極めた「遊園地」の文字がダブルで。今とは遊園地の意味合いが異なります。
 天祖神社の焼却炉は神明造り。
 天神裏の天神は学問の神様、亀戸天満宮。正式には亀戸天神社。
 亀戸香取神社には、亀戸三業組合や亀戸警察署の奉献碑。さすがに亀戸警察署は戦前の皇紀二千六百年記念ですが。
 後半は、都バスで亀戸駅から江東運転免許試験場前へ。以前、場所が特定できなくなっていると読んだ記憶のある洲崎球場、判明したようです。「量水塔」は、どんな機能があったのか不明。
 1887年(明治20年)の帝国大学校舎の新築に伴い、風紀上の観点から根津遊廓が移転した洲崎弁天町。学問の神様と違い、生身の人間は離さないといけないようです。
 現在は、東陽町1丁目。洲崎パラダイスのよすが(縁)は、供養碑と電柱番札くらいか。
 古い埋立地である洲崎と新しい埋立地。塀を上ると、ほぼ地面。洲崎の方が1m以上低いのは、パラダイスのよすが(因)か?
 最後は、波除碑と几号水準点のある洲崎神社。海老名香葉子と実家「竿忠」の玉垣がありました。
 歩き 10.4km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 境界協会の「千葉県市川vs浦安+都県境の妙見島」 に参加しました。参加者は45名あまり。東西線 南行徳駅からFW開始。先ずは、市川市と浦安市の市境。
 行徳村と浦安村だったころ。澪に続く小川が境界でした。住居表示が違うのは当たり前ですが、通りの名称も違います。道路は千葉県道5号線ですが、市川側は「新浜通り」浦安側は「大三角線」、不仲なのでしょうか。
 浦安側の広い通りも、市境で途切れています。
 1/25000「浦安」1999年発行では繋がっている道。浦安側が拡幅した際に、市川側が接続を拒否したのでしょうか?
 両市の仲を象徴するような荒んだ境界。
 川跡(おそらく暗渠)のようです。川沿いが畑です。
 不仲確実な市川市と浦安市。マンホールも入れ乱れてのバトルロイヤル。
 いよいよ妙見島。東西線から見た船首(下流側)、旧江戸川の中洲です。
 千葉県側から見た船尾(上流側)
 ゆっくり進んでいると言われる妙見島。明治の迅速測図より50mくらい下流へ。・・実際は、測量精度や測地系の違いかも。
 浦安橋で東京都に入り、途中で橋を降りて妙見島入り。東京23区唯一の自然島と言われています。工場だらけですが、千葉氏の守護神である妙見菩薩を祀る妙見神社があります。明治中期までは千葉県でした。
 再度浦安橋を渡り千葉県へ戻ります。
 境川西水門から浦安町役場跡を経て清瀧(せいりゅう)神社へ。
 境川西水門と境川。水門脇に明治始めのお抱え外国人、リンド(オランダ)の記念碑があります。
 本殿の意匠が際立つ清瀧神社。富士塚は大沢崩れあり。境内にリンドが設けた近代水準測量の出発点「堀江水準標石」があります。
 最後は、浦安駅まで歩き解散。7.5km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com