このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

宮前区歴史地図

2019年11月20日水曜日

大きな地図を見る
 川崎市宮前区の歴史地図が更新されました。今回から、スマホ版も加わったので、区境を中心に位置情報を確認してきました。
 使用するアプリは Avenza Maps、紙地図を制作した武揚堂が提携しているカナダの会社です。マップ名は「宮前区歴史ガイドマップ」 。アプリ、マップとも無料です。
 横浜市都筑区(旧都筑郡)、川崎市(旧橘樹郡)の境界の王禅寺道。
 横浜市なのに、宮前区の地名、鷺沼を名乗る。珍しい事例。
 崖下が横浜市域。
 旧野川村なのに、第三京浜を境に川崎市高津区に残った東野川。宮前区は1982年に高津区から分区しました。
 影向寺(ようごうじ)。国指定文化財(史跡)"橘樹官衙遺跡群" の一部。
 ここは高津区。郡衙(ぐんが)+正倉跡を郡家(ぐうけ)と呼び、郡寺跡の影向寺と合わせて橘樹官衙遺跡群。
 第三京浜をまたぐ影向寺台橋。ここが区境になっていたら、影向寺も高津区だった。
 多摩区との境界。多摩区側は向ヶ丘遊園跡地。
 麻生区との境界。正面で行われている工事は、リニア新幹線、大深度地下トンネルとなる都市部トンネルの立坑。開通後は非常口。駐輪場付きの駅になってくれれば助かるんだが。
 横浜市青葉区との境界。
 30kmくらい。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 新宿の土木コレクション2019 から、東京野良スリバチ学会r の「落合・目白崖線の凹凸を歩く」に参加しました。ドボコレは3年連続。
 今年は、オリンピック関連の TOYUO 1964として環状七号線の建設のようすが特集されていました。
 思い出横丁を抜け大久保から目白駅へ。「落合・目白崖線の凹凸を歩く」の参加者は40名弱。目白の台地を削る谷を上り下りし、水害地帯だった神田川、妙正寺川の合流点から高田馬場へのルートです。
 明治初めの迅速測図では、台地上には畑、薬王院下に集落、水田の中をくねくね流れる仙川用水(妙正寺川)と神田上水(神田川)。
 初見の箇所。新宿区立中村彝(つね)アトリエ記念館。
 落合四小下。斜度も曲がりも出色。
 氷川神社(下落合氷川神社)ここは、狛犬でなく狛獅子。獅子なので、「獅子の子落とし」
 薬王院横のつづら折り。名前がない坂。
 初見の箇所。新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館。地図は「下落合事情明細図」(大正15年)。
 この辺り、坂の密集地。
 石橋湛山旧邸。現住家屋のようです。
 見晴坂を下り、妙正寺川の河岸にある「染の里二葉苑」へ。神田川にかけて染物屋が多かった川辺りです。
 東京都下水道局の "せせらぎの里公苑" を抜け、妙正寺川と神田川(オーバーフロー分)の合流点。この辺り、かつては氾濫域(遊水地)でしょう。
 最後は宮田橋公園で解散。先達の方々、ありがとうございます。
 14.87km (含む新宿~目白)

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 知人のSさんが個展を開くので浦和へ。
 練馬の大泉からは外環道の側道。自動車道と違って、側道のアップダウンは厳しい。
 幸魂(さきたま)大橋。1992年供用開始、橋長1485m。地名を表さない残念な名前。
 新河岸川と荒川。新河岸川は下流の岩淵水門からは隅田川となります。
 彩湖(荒川第一調節池)。2019年の台風19号では、過去最高となる3500万トンの水を貯留しました。
 荒川放水路建設前の1/20000「浦和」(明治39年測図、42年製版)。旧流路が少し残っています。
 S画伯。新宿高校では坂本龍一と同級生。慶応パレットクラブ時代には現代美術家協会展「現展」入選。 久しぶりの F20-R451。
 この内、1点お買い上げ。お付き合いでなく、気に入って買いました。
 ギャラリー彩光舎の向かい、旧中仙道に面した調神社(つきじんじゃ)。式内社で、旧社格は県社。
 ここ、狛犬でなく狛兎です。
 帰路の彩湖は下流側。埼玉のモン・サン・ミッシェル。
 73.19km、4h51m

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 港区立郷土歴史館主催の講座+まち歩き。9月の多摩武蔵野スリバチ学会5周年記念でもお会いした本田創さんの、By Name の講座です。
 場所は内田祥三設計「内田ゴシック」と呼ばれる旧公衆衛生院。
 日墺修交150年展やってました。オーストリア=ハンガリー帝国と国交を結んで150年と言うことのようです。
 オーストリア共和国:人口880万人、主としてゲルマン、ドイツ語。
 ハンガリー:人口980万人、ハンガリー人(86%)、ハンガリー語。
 いつもどおり、緻密なお話。見知った方も数名。
 まち歩きスタート。八芳園の前を下り、玉名川流路跡から玉名池跡。トマソン(上部塗込階段)も有り。
 堰堤の断面部は来たことがありますが、流路跡を辿るのは初めて。三田用水普通水利組合が払い下げた用水跡地の住居と橋跡。
 水路跡。
 水路跡。
 これは、水路跡でなく都電えびす長者丸線の軌道跡。
 旧三田用水の渋谷川への狸橋合流口。
 広尾駅で解散後、渋谷へ向けて夜散歩。
 11/1 にオープンした渋谷スクランブル・スクエア。渋谷駅東口、渋谷警察署前の寂れていた歩道橋から。
 渋谷スクランブル・スクエア 12Fからの JR渋谷駅とスクランブル交差点。
 14.2km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com