このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 法政大学が新設した江戸東京研究センターのシンポジウムを聴きに行きました。テーマは「東京の歴史を近世の江戸から説く従来の「江戸東京学」を乗り超え、江戸の城下町建設以前の古代・中世からすでに存在し、今の東京のユニークさの源泉となっているこの都市/地域の基層に光を当て、その構造を明らかにする」
 たしかに、小田原北条期の江戸(東京)って、知らない。
 場所は法政大学市ケ谷キャンパス 富士見ゲートと言う、外堀に面した新しい建物。
 プログラムは、
「水都府中の成立と東山道武蔵路」 神谷 博(法政大学兼任講師)
「家康以前の江戸 - 東京低地の古代・中世の様相 -」
 谷口 榮(葛飾区産業観光部)
「古代・中世の聖地を取り込む江戸の都市開発」
 高村 雅彦(法政大学デザイン工学部教授)
 コーディネーターは、陣内秀信(法政大学デザイン工学部教授)
 いちばん強い印象は田中優子総長のご挨拶。久しぶりに見た、凄みのあるトップリーダー。

井の頭池 "かいぼり" 中

2018年1月19日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 井の頭池の"かいぼり" 実施中なので、大泉学園からの帰りに寄り道しました。今回で3回目となる"かいぼり"、池の水を抜き、外来種を仕分けし駆除。さらに、池底を干すことにより地中の窒素を発散させ、富栄養化を抑制する効果があるそうです。
 初めて行った2014年は在来種が8割だったものが、今回は2割まで減っているとのこと。
 神田川の水源にあたる井の頭池。1960年代に湧水が減少し、ポンプで組み上げた地下水を補給しています。
 井の頭弁財天、モン・サン・ミッシェル状態。
 源泉のお茶の水石橋から、ドラマチックモード。
 49.90km、3h25m

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 千葉・地図ラーの会 のフィールドワークに初めて参加しました。会長、副会長とは "うなぎのねどこ(品川)"(2017/7/22)、「街歩き写真家展」浅草橋(2017/12/11)でお会いしており、参加者もスリバチ系と重なるので、面識のある方も大勢います。
 舞浜駅集合前に、乗り換えの新木場で夢の島公園を散策。東京五輪アーチェリー会場の工事が進んでいました。
 12:30 舞浜駅集合。総勢31名。副会長のYさんの手になる充実した解説マップ。裏面は行程のイラスト地図。実はプロのお仕事です。
 東京ディズニーリゾートに背を向けてスタート。埋め立て前、舞浜駅は遠浅の海の中、干潮時には陸になる干潟でした。都県境は旧江戸川の澪に沿って引かれています。
 舞浜小学校前の橋から。埋め立て前は、ここが海岸線でした。
 導水路を暗渠化した "しおかぜ緑道" を歩き、元の護岸壁が中央分離帯になっている箇所。埋立地側の方が高い。
 埋立地にも富士山が。浦安中央公園にある浦安富士は4等三角点、標高は 15.67m。
 境川を渡り浦安市郷土博物館へ。入場無料ですが、展示は充実していました。野外展示「浦安のまち」にあるのは、船宿、漁師の家、たばこ屋、豆腐屋、魚屋、三軒長屋、天ぷら屋、寿司屋、風呂屋。
 夕焼けのタイムラプスを撮りたい。
 歩いたルートを地形図に描くと。
 1905年(明治38年) 1/20000、現在の東野1丁目が一旦埋め立てられていたようです。1919年(大正9年)の地形図には養魚場の注記がありました。
 1967年(昭和42年)第一次埋め立ての終わったころ、1/25000。
 1978年(昭和53年)第二次埋め立ての終わったころ、1/25000。
 町役場が現在の位置に移転(市制施行は1981年)。鉄鋼通り(地名)にはいち早く工場が建ち並んでいます。
 現在。東京ディズニーランドの開設は1983年。京葉線新木場駅 - 南船橋駅間の開業は1988年。
 歩き 12.0km。

城南島と京浜島

2018年1月11日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨年(2017)11月に呑川とセットでロケハンした羽田空港 View Point。flightradar24 で、着陸している滑走路を確認して、城南島海浜公園へ。
 次いで京浜島つばさ公園
 タイムラプス、城南島海浜公園より(0:25)
 56.24km、3h56m

べんがらの街、吹屋

2018年1月2日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 青春18きっぷで岡山県山間部の吹屋へ。徳島駅 6:11、高松、岡山で乗り換えて、倉敷からは伯備線。西側から迫ってくるのは井原鉄道高梁川橋梁。車窓からでも迫力満点でした。
 備中川面駅 11:24。べんがらの街、吹屋までは上り基調の17km。高梁川に架かる田井橋は室戸台風の復興で掛けられた土木学会選奨土木遺産。きつい上りはありませんが、長々と坂を上って行きます。
 豪邸その1:元仲田邸。江戸中期の建築。酒造業も行っていた庄屋。ここ、泊まれます。
 豪邸その2:広兼邸。江戸後期。銅山経営との原料となるローハ(硫酸鉄)の製造で富を築いた庄屋。
 山あいに唐突に建つ豪邸。映画「八つ墓村」のロケ地にも使われました。石垣の半分は地中に埋まっている。
 笹畝鉱山(吹屋銅山笹畝坑)。江戸期は住友、大塚、明治から昭和初めは岩崎(三菱)の経営。
 ベンガラ館。ベンガラ(弁柄)は赤色の着色材で、陶器、漆器、建材の塗料として使用された。ベンガラ館は、1974年、最後に廃業した田村工場跡地。
 吹屋の街並み。
 屋根は石州瓦。石州瓦の赤は、ベンガラでなく出雲で採れる鉄土石「来待石」を釉薬に使用したもの。
 旧吹屋小学校は改修中。2020年完成予定。
 吹屋からの下り道で、吉岡鉱山跡の看板を見て、規格外の急坂を下っていきます。吉岡鉱山は、明治6年に三菱が最初に手掛けた鉱山。整備されていませんが、遺構が多数残っています。
 豪邸その3:西江邸。江戸中期。惣代庄屋と代官を兼ね、ベンガラの大量生産をした豪農商。現在も西江邸。
 西江邸のしめ縄。この形は初見です。お隣の辰口八幡宮にも同じしめ縄がありました。このあたり、豪邸が普通。今は新見市になった旧哲多町(てったちょう)、平成になったから建てられた国旗掲揚塔や出征兵士の碑、色々謎が多い地域です。帰路は石蟹駅(いしがえき)から輪行、吉岡鉱山で時間を使い、徳島帰着は終電になりました。
 吹屋の街並み、手持ち動画(0:56)
 43.3km。

木沢~徳島

2017年12月28日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 寒い。西向き斜面なので明るくなっても陽はさしません。しっかり朝食をとって、9:30に出発。
 帰路は山越えの林道で。ぐんぐん高度を増し、宿は眼下に。
 昭和初期の地形図では川沿いに道はありません。この道が昔のメインルート。
 那賀町木沢支所(元の木沢村役場)が見えてきます。
 国の天然記念物の露頭が「坂州不整合」と呼ばれ、旧木沢村に大字木頭があるのは、下記の理由。
 1889年、木頭村・坂洲村・当山村・出羽村・木頭名村・阿津江村の区域をもって坂州木頭村(さかしゅうきとうそん)が発足。坂州木頭村は、1943年に坂州村に改称。村役場は坂州。1955年、坂州村と沢谷村が合併して木沢村。一方、奥木頭村は1933年に木頭村へ改称。なので、旧木沢村に大字木頭がある。2005年、鷲敷町・相生町・上那賀町・木沢村・木頭村が合併して那賀町に。合成地名の木沢は無くなり旧木沢村木頭は那賀町木頭に、旧木頭村○○は那賀町木頭○○に。
 那賀川に沿ったR193,R195 を下っていきます。この辺の那賀川は蛇行がデフォルト。
 桜谷隧道(旧道)の長さは 79m ですが、この前後を川で下れば 6km以上あります。
 もみじ谷温泉で、鹿肉ダムカレーと迷った末、あめご天丼(1150円)を食べ徳島へ。氷結に備え、SPDペダルにトレッキングシューズだったので、妙な疲労感が残りました。
 84.3km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com