このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 雨。気温が下がったのはありがたいですが、しっかり降ってます。先ずは新宮城跡へ。紀勢本線は、城跡をトンネルで抜けています。
 熊野川。対岸は三重県。
 新宮城の「水の手」跡。熊野川に面した船着き場です。
 熊野速玉大社。半数以上が欧米人。アメリカ(カップル)、フィンランド(6人グループ)とお話しましたが、みなさん、よく知ってる。
 神倉神社。熊野速玉大社の摂社ですが熊野三山では最も古い聖地で、御神体はゴトビキ岩。熊野速玉大社が新宮と呼ばれるのは、神倉神社に対する新宮社という位置づけです。
 自然石の石段は滑りやすく、帰路下れるのを確認しながら上りました。
 春日から緑ヶ丘。今は平坦地ですが土地の成り立ちが「山地」のエリアは、中上健次が描いたあたり。 「大逆事件と新宮の文学散歩」などの街歩きコースも設定されています。
 1/50000「新宮」大正10年発行。
 1/50000「新宮」昭和22年発行、「阿田和」昭和22年発行。
 鉄道路線だったと思われる道。
 廃線探索は、雨でわらわら。不完全に終わりました。
 大阪方面のJRは運休。熊野市まで走り、花窟神社に立ち寄る計画でしたが、予定より早い特急「南紀」で名古屋経由帰宅しました。
 12km。

十津川~新宮

2019年9月12日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 前日、暑さで見送った熊野古道小辺路(こへち)の、果無(はてなし)集落へ登坂。
 無人だったので、自転車を担いで記念撮影。
 稜線をたどる熊野参詣道。現代の考えでは修験道の厳しい山道ですが、明治始めまでは川沿いに道がなく、集落も山上の平坦地にありました。参詣道は山村のメインストリートです。
 R168 に戻り山腹からの二津野ダム。1962年竣工、堤高 76m。導水路トンネル開削工事では、23名が死亡する爆発事故が起きました。
 国道の改修は桟道型式で。
 和歌山県に入ると、山中と思えないほど河原が広くなります。竹やぶが無いので、川と山のコントラストが鮮明です。
 中洲にあったころの熊野本宮の場所に再興した大鳥居。
 熊野坐(くまのにます)神社旧社、「大斎原」(おおゆのはら)の絵図。1889年(明治22年)の大水害までは中洲にありました。
 熊野本宮大社。八咫烏のサッカー守りの初穂料は1000円。
 熊野ブルー。
 ハノイのロンビエン橋を思わすトラス橋。
 名勝地と思えるんだが案内なし。熊野ではありふれた風景なのだろうか。
 河口まで5kmあまり。新宮市街の直前で最後の蛇行。
 旧道のトンネルを抜け新宮市街へ。宿は駅前のホテル美郷。この日も暑い一日でしたが、夜はにわかに強い雨。
 64km。

十津川村「歴史民俗資料館」

2019年9月11日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 武蔵から木馬道だった車道を下り「歴史民俗資料館」へ。村役場の向かい、十津川屈曲部の台地に建っています。解説もしてくれました。
 この手の資料館は広告代理店の雛形に沿ったものが多いですが、十津川はその枠に収まりません。壬申の乱、南朝、幕末の天誅組、明治の大水害、熊野古道等々。神話時代を含めれば神武東征も八咫烏に導かれ、この辺を通った由。
 資料館のお隣にある十津川護国神社。幕末動乱期の戦没者数が、日清日露の合算の2.5倍。満州開拓団でも大勢亡くなっています。明治大水害後の北海道移住も屯田兵的な考えも強かったようです。
 陸軍皇道派の荒木貞夫大将(陸軍大臣、文部大臣)は、A級戦犯釈放後の1967年、講演で訪れた際に十津川荘で亡くなっています。
 昭和20年代まで村役場のあった小森集落は、正面の稜線あたり。
 今日の行程は、近場の十津川温泉(大字平谷)。玉置神社の裾を巻くルートですが、比高850mの上りは、計画時にあきらめました。
 宿は二食付きの十津川山水。広い露天風呂がありました。夕食のメインは鮎。一人客を受け入れる日本旅館はもっと増えないと、今後増々厳しくなるのでは。
 21km。

「大森の郷」

2019年9月10日火曜日

 十津川村の1泊目は、村役場のある湯泉地(とうせんじ)温泉から急坂を200m上った武蔵集落。アレックス・カーの手掛けた古民家再生の宿です。
 昭和22年発行 1/50000「十津川」で見ると武蔵は大きな集落。川沿いには道路も集落もなく、村役場も山上の小森。昭和20年代に警察、役場、郵便局が山を降りてきました。
 元は隣接する武蔵小学校の教員宿舎。アレックス・カーが手掛けた再生古民家は、祖谷の"ちいおり" が有名ですが、なかなか高額。ここは、ツインルームがありリーズナブルに泊まれました。
 素泊まりで自炊する型式。自転車乗りにはうれしい洗濯機付き。
 向かいにある旧武蔵小学校は、明治8年開校、昭和45年閉校。今は十津川村教育資料館。
 天日干しの武蔵米。予約時に1合100円で買えます。初めて使う炊飯器でしたが、極めて美味い。
 武蔵集落の夕暮れ。
 部屋から制御するライトアップ。施主はマイナスにとらえていた迫る石垣ですが、アレックス・カーはプラス評価だったらしい。
 朝の武蔵集落。散歩でお話した方は、やはり十津川郷士。その節は吉村がご迷惑をかけましたとお詫びしておきました(^_^)
 川沿いからの急坂は、木材搬出用の木馬道(きんまみち;木材を下ろすソリ道で丸太を敷き詰めていた) だったことを教えてもらいました。
 楠正勝(正成の孫)の墓、皇大神社など。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日の前半は五新線に付かず離れず南下します。吉野川を渡ると、コンクリート製なのに古色蒼然とした鉄橋。五新線のルートは、この橋の南からバス専用路となっていました。
 バス路線も一般道路に移り、現在は市有地。市道ではありませんが、部分的に地元の人は道路として使っているようです。一度も鉄道が走ることはありませんでした。
 丹生川に架かる橋。
 トンネルは封鎖。欧州や台湾だと、ぱぱっと自転車道にすると思いますが、日本だと安全管理要求が異常に高いので計画段階。
 広域農道の賀名生大橋から。五新線は続きます。
 上が、農道の橋と言うのもすごいが。
 賀名生(あのう)の里 歴史民俗資料館。南朝の後醍醐天皇や後村上天皇が、一時滞在しました。「皇居」の扁額(これはレプリカ)は天誅組の吉村寅太郎によるもの。
 宗川橋梁。1996年に塗装した標記がありました。1976年竣工。
 五新線を離れ紀の川、熊野川の分水界を越える新天辻隧道へ。1959年竣工、1174m。R168の現役トンネルなので交通量あり。道幅も狭く危険ですが、蛍光ベストで運を天に任せます。中央部は暗いので、路面を照らす明るいライトが必須です。今回最高地点の647m。
 猿谷貯水池の標高438mまで下ったところにある五新線天辻トンネル南口。トンネル(全長5039m)の中間地点に阪大の大塔コスモ観測所があります。
 狭いトンネルは避けて走りたいところですが、地図に載っている迂回路が埋まっていることも。2011年紀伊半島大水害の被害も大きく、大塔町宇井では対岸(危険地域なので無住)が崩落し、長く人の住む手前の集落まで埋まりました。
 最大の村(琵琶湖より大きい)十津川村に入り、谷瀬の吊り橋。村道谷瀬線、正式な橋の名前は谷瀬大橋。元々は谷瀬の住人が私費で作り、オートバイも走っていたらしい。
 川面からの高さ54m、長さ297.7m。観光バスが来る場所。無料の村道ですが、スリル満点。
 新宮川水系十津川(=熊野川)の風屋(かぜや)ダム。1960年竣工。左岸から合流するのは支流の滝川。
 宿は、村役場のある大字小原から200m上り大字武蔵の「大森の郷」(追報)
 合併していない十津川村。五條で聞いた話では、金持ち村なので合併しないとのこと。橿原イオンモールの、地主は十津川村だから。・・どうも、村の貯木場だったらしい。ダムの固定資産税も多そう。
 76km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com