このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

大きな地図を見る
 まず、スリバチつながりで千葉・地図ラーの会主催の「街歩き写真家展」。総武線浅草橋駅下車、落ち着いた問屋街です。会場は"馬喰町FACTORY"、平日午後ですが、賑わっていました。主催者等々みなさん面識があるのは、スリバチの間口の広さを物語っています。詰めていた千葉スリバチ学会の稲垣会長に、夜景撮影のコツを教えてもらいました。雑談後、総武快速の馬喰町駅から蘇我駅へ。
 向かったのは E-1 サッカー選手権、なでしこ vs 中国の行なわれるフクダ電子アリーナ。2014年、ホーチミン市でアジア選手権を観戦した Wさんと久しぶりの "なでしこ" です。
 元は川崎製鉄千葉製鉄所。航空写真を比べると、製鉄所の広さがとんでもないことがわかります。フクダ電子は命名権を買った東京の会社です。
 唯一の得点となった田中美南のゴール。知らない人が増えた"なでしこ"、3年前は澤さんも宮間さんもいました。
 決定的瞬間が撮れたと思いましたが、ファインセーブのボールが隠れ残念な結果に。
 コツを教えてもらった夜景撮影、効果あったようです。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 快晴。午前は多摩御陵と京王御陵線を歩き、午後はスリバチ学会のフィールドワークに合流しました。
 高尾駅から多摩御陵へ。広い駐車場に車は2台、深閑としていました。
 昭和22年発行の1/50000 では高尾駅は浅川駅。京王御陵線が参道口まで伸びていました。御陵線の休止は1945年1月、正式な廃止は1964年。
 大正天皇多摩陵、貞明皇后多摩東陵、昭和天皇武蔵野陵、香淳皇后武蔵野東陵。
 昭和天皇武蔵野陵と香淳皇后武蔵野東陵。
 次いで京王御陵線。黄色い建屋(医院)が御陵前駅があったところ。建屋の南北に道があり、どちらが廃線跡なのか旧版地図からは特定できませんでしたが、土地の人に伺ったところ、道に挟まれた住宅が路線跡に建っているとのことです。
 住宅が途切れたところ。この先、路線は右にカーブして南浅川の低地へ続いていました。
 長房団地の比高地が途切れるところ。この先は高架になっていました。
 住宅の間に忽然と現れる高架橋の橋脚。ブロック塀の位置から見ると、分譲された私有地のようです。
 昼食を済ませ、現在の京王高尾線と京王御陵線が分岐するあたり。廃止された御陵線の北野駅から山田駅めじろ台駅の中間地点までを高尾線に流用したので、実際に分岐していたわけではありません。
 山田の山を越えて、スリバチ午後の部の出発地点の西八王子駅へ。
 13:30 スリバチ午後の部スタート。
 谷戸を詰めた湧水地点にある御所水辨財天。
 山田川上流部、台湾の街角を思わせる姫龍神、緑町公園。
 鮮やか。
 湧水の六本杉公園、豹変した山田川下流部、子安神社を経て八王子駅で一旦解散。
 花街黒塀を抜け、夜の八王子。多摩武蔵野スリバチ学会長の真貝さんのブラタモリ出演「東京・吉祥寺」(2017/12/23放送)と皆川さん真貝さんの共著『東京スリバチ地形散歩 多摩武蔵野編』(2017/12/16発行)のお祝いも。
歩き 18.1km

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 11/15は紅葉前だった九品仏、デジイチを持って再訪。平日のお寺に来ると、若手クラスタに入りそうです。
 ただし、デジイチ=爺様の傾向あり。
 田園調布の銀杏。デジイチを出すに至らず。
 多摩川浅間神社。亀甲山(かめのこやま)古墳のある舌状台地の先端部にあります。
 社務所の屋上は、タバ作戦の指揮所。帝都を守るための防衛ラインでしたが、苦もなく蹴散らされました。
 沼部からは六郷用水沿い。このあたり、難工事だった所です。
 池上本門寺。門前はよく走りますが、境内まで上がったのは初めてです。大きなお寺、都内という感じがしません。
 池上本門寺には、力道山の墓があります。「力道山之碑」は児玉誉士夫によるもの。
 本門寺の山の先端にある堤方神社から多摩川左岸を走り帰宅。40kmあまりで九品仏、池上本門寺と周れるのは意外でした。
 42.26km、3:16

大田黒公園ライトアップ

2017年11月26日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 東京野良スリバチ学会の暗渠歩きの後、杉並区立大田黒公園へ寄り道。
 音楽評論家の大田黒元雄の屋敷跡を整備した回遊式日本庭園で、この時期ライトアップを行っています。

 帰路は環八からR246。夜間走行、迫力ありました。
 60.39km、4:05

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 東京野良スリバチ学会の「淀橋台暗渠スペシャル」に参加しました。集合場所の東中野駅へは、駒沢通りから戦前のオリンピック道路を経て山手通り。延々工事している記憶があった山手通りは、走りやすい道になっていました。新宿方面への定番になりそうです。
 総勢50名弱、まず神田川支流桃園川の支流谷戸川の暗渠から。
 1906年(明治39年)に開業した柏木駅。1917年(大正6年)東中野駅に改称されました。神田川と並行している谷戸川ですが、神田川とは逆の南へ流れています。(地図の外)桃園川と合流した後、神田川にそそいでいます。明治終わりの1/10000地形図では、神田上水を短絡して水車と建屋が描かれています。水力の製粉工場でしょうか。
 参道が残る氷川神社。旧中野村の鎮守社です。片側2車線の山手通りの脇に建っています。
 境内には銀杏の葉が舞っています。タイムスリップする場所。
 次いで、宝仙寺。平安時代後期の創建といわれる古刹で、中野町役場(地図記号の ○ )は、ここにありました。
 三重塔は1992年再建。塔の手前は臼塚。そばの一大消費地江戸・東京に接し、かつての中野は、そば挽きが盛んでした。臼塚は機械化により打ち捨てられた石臼を供養したもの。
 江戸名所で、旧地名 "塔ノ山" の基となった宝仙寺三重塔は、中野第十中学校の敷地中央にありました。形状が礎石を連想させますが、校舎の裏に移設されているので、戦災で焼失した塔の礎石ではなさそうです。なお、塔ノ山の現在の住居表示は、中野区中央(T_T)。
 神田川に架かる淀橋。角筈村と柏木村が合併した際の淀橋町。東京35区時代の淀橋区の基。地図にある淀橋姿、淀橋はともに"よどばし" と読む。なぜ、淀橋となったかは諸説あり。
 淀橋、神田上水助水堀、成願寺(じょうがんじ)から中野区、新宿区、渋谷区のトリプルジャンクション。
 次いで、暗渠の聖地 "はごろも児童公園"。神田川支流の和泉川跡です。「はじめての暗渠散歩」(ちくま文庫)のカバーに使われています。
 江戸の景勝地、十二社(じゅうにそう)。十二社池は、1968年(昭和43年)に埋め立てられました。
 池端には料亭、茶屋が立ち並んでいました。
 最後は、熊野神社から淀橋浄水場跡を経て都庁で解散。皆さんは反省会へ、私は都営大江戸線で、自転車を停めた東中野駅へ。
 10km(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com