このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 朝の最低気温は3度、冬の寒さです。新宿駅西口イベント広場へ向かいます。朝の二子玉川。
 青空に銀杏の映える駒沢公園。
 環七を抜け世田谷区と目黒区の境界を北上。スリバチ系フィールド・ワークで歩いた葦毛塚、蛇崩交差点を越え目黒川を渡って進むと鴻巣橋。走ってきた道は、昭和15年に開催予定であった東京オリンピックに備えて、競技場建設予定地であった現駒沢公園方面へ通じる道として作られたオリンピック道路。
 神泉から代々木八幡、参宮橋を越え新宿駅。運良く京王百貨店前の時間貸し駐輪場が空いていました。地下に下り「東京 橋と土木展」
 新宿駅の変遷。
 水戸市水道低区配水塔も紹介されていました。
 次いで国会図書館へ。新宿御苑横を走り四谷を突っ切り、半蔵門から桜田濠に沿って南下。
 国会図書館地図室で北海道虻田周辺の旧版地図を複写。
 街中を走る水陸両用バス、麺屋薫風。地下化された目黒線跡、目黒本町を走り駒沢通りで帰宅。
 52.20km、3:31

呑川下流と羽田空港View Point

2017年11月19日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 駒沢通りを走る度に気になっていた呑川。日本女子体育大学の向いから暗渠となった緑道を下っていきます。
 大正9年発行の1/25000地形図では、川沿いに狭い田圃が続いています。
 暗渠の地面が周りより高いのは何故だろう。桜を植えるためか?
 大岡山で東工大を抜けると開渠に。
 この水は、新宿区の落合水再生センターからの高度処理水。案内板には「清流復活事業を実施し・・、都民が水辺に親しむ・・」とありましたが、3面コンクリートから推測するに、神田川増水時のバイパス機能がメインでは。
 中原街道に架かっていた石橋の供養塔。これ、外国人には説明しづらい。
 蒲田からは付け替えられた旧河道を河口まで。これで、ゴジラ第2形態の上陸ルートを回避。
 旧河道の緑道は、昭和50年につくられたので、時代を感じさせます。
 ここからは、羽田空港View Pointめぐり。京浜島つばさ公園、城南島海浜公園、浮島町公園の順にチェック。風向予報で順番を変えたが裏目に出ました。
 京浜島つばさ公園。
 城南島海浜公園。B滑走路への東からの着陸なら至近距離で見られるが、今回は南風でNG。
 川崎側へ渡り、浮島町公園。
 帰る直前、風向きが変わりA滑走路から南東へ離陸するようになりました。
 帰路の浮島工場群。飛行機よりも工場萌えか。寒さ対策をして、夜の川崎浮島へ行くことになるのは間違いない。
 75.62km、4:58

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 世田谷代官屋敷に併設されている世田谷区郷土資料館の「地図でみる世田谷」展へ。都心へ向かう定番の駒沢通りを深沢不動で左折し、世田谷区世田谷へ。
 地図に特化した展示。DVD付きの図録が、とても充実しています。
 次いで、ル・コルビュジエの弟子、日本近代建築の巨匠、前川國男設計の世田谷区庁舎。1960年建造の第一庁舎。
 1969年建造の第二庁舎。
 1959年建造の区民会館。建替か保存かで論争が続いていましたが、区民会館のみ歴史的建造物として保存することに決まりました。
 昭和の区民会館で、昭和なナポリタン。食券は硬券でした。
 地図を見ずに適当に南下。気になった建物は、向井潤吉アトリエ館、駒沢小学校、駒澤大学国際センター、東深沢中学校。
 森を目指すと浄真寺。知らない寺・・、九品仏でした。
 来てない訳は無いと思いますが、記憶ありません。紅葉を待ってまた来ましょう。
 次に見えた森は、多摩川左岸の亀甲山(かめのこやま)古墳。全長107mの前方後円墳。見た目は森。
 古墳のとなりは、1967年まで使われていた調布浄水場跡。ろ過池跡の庭には、地下貯水池からの脱気塔が残っています。
 丸子橋を渡り、中原図書館へ寄って帰宅。思いの外、充実したポタリングでした。
 36.45km、2:47

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 境界協会の境界歩き、今日は東京都稲城市が神奈川県川崎市に食い込むあたり。
 明治期の地形図だと、谷戸田をつめた雑木林の尾根に都県境が引かれています。
 現在の航空写真で見ると、傾斜の緩やかな東京都側が団地群、神奈川県側は戸建て住宅となっています。
 微妙な高低差がわかる赤色立体地図だと、都県境の稜線が壁のように立ちはだかっています。ブラタモリでおなじみ、赤色立体地図発明者の千葉さんによると「万里の長城」とのこと。今日は、千葉さんも来ているので、赤色立体地図の表現力を一緒に確認することにします(笑)
 小田急線新百合ヶ丘駅までは自走。立体駐輪場に自転車を停めて、集合場所へ。参加者は40名ほど。
 都県境の尾根を進みます。手付かずのDMZには、自然が残っています。
 江戸初期の1688年、馬の飼料を取る秣場(まぐさば)の境界争いが起こりました。幕府裁定の基準となった十三塚の説明板。
 国境線から見た川崎連邦共和国。
 国境線に立つ稲城国の案内板。イミグレーションは300m先。
 狭い非武装地帯を進む。
 密入国の痕跡。けっこう大胆です。
 小田急線栗原駅の開設後、長い住民運動の結果開かれたイミグレ。
 稲城国側から見た国境。まさに万里の長城。赤色立体地図の表現力は伊達ではありません。
 京王線若葉台駅で地図展2017へ向かう皆さんと分かれ、小田急線黒川駅から自転車を止めた新百合ヶ丘駅まで戻り日没前に帰宅。

 自転車 15.34km、歩き 7.3km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com