このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 多摩武蔵野スリバチ学会の「調布から狛江へ府中崖線を辿る」に参加しました。京王多摩川駅集合、小田急狛江駅解散なので、小田急の和泉多摩川駅に自転車をデポして、多摩川沿いに集合地点へ歩くことにします。
 多摩川土手から二ヶ領上河原堰。二ヶ領用水の取入口は対岸。
 今日は多摩武蔵野スリバチ学会設立4周年。参加者は40名余り。相変わらずの動員力です。先ずは京王閣へ。
 調布駅から分岐するのは、砂利輸送のために建設した京王電軌多摩川支線で、1927年(昭和12年)に沿線行楽地として「京王閣」を開設。1949年からは京王閣競輪場。京王相模原線として多摩川を越えたのは 1971年(昭和46年)
 1/25000 溝口(昭和28年資料修正、発行)
 次いで調布市郷土博物館。新選組押し。ジオラマは近藤勇の生家(調布市野水にあった宮川家)。豪農と言ってよさそう。
 府中崖線下の角川大映スタジオから崖線上の古天神公園、下布田(しもふだ)遺跡。
 コンビニ休憩の後、今日の秀眉の崖線直登。
 上ったら下る。崖線下は染地せせらぎ遊歩道。かつては、ワサビ田があったそうです。布田、染地と由緒のありそうな地名が続きます。
 調布市と狛江市にまたがる東京都住宅供給公社の多摩川住宅。
 街区はイロハ・・ですが、ヘは欠番です。多摩川住宅案内図 by 仙川地図研究所。
 崖線下の水田、おそらく多摩川の氾濫域でもあった多摩川住宅エリア。
 左側が多摩川住宅。根川の河床が低いのは旧水田地帯の水抜きでしょうか。
 六郷用水取入口があったあたりから用水跡を兜塚古墳へ。
 ここの六郷用水が埋め立てられたのは1975年。兜塚古墳には三等三角点「和泉」、設置は1902年。
 松原通り(都道114号)が延長されるまで陸の難所だった田中橋から亀塚古墳、最後は泉龍寺に寄り狛江駅前で解散。反省会へ行くつもりでしたが、歩き疲れたのでパス。飲むと疲れが回復する人が羨ましい。
 歩き 15km、自転車 15km。

自転車のある風景 (7)

2018年9月22日土曜日

◆鳴門市瀬戸町北泊 <2015/6/25>
 小鳴門海峡の播磨灘への出入口にある漁師町。京都の伊根のように住居と一体化はしていませんが、海峡に沿う小道を隔てて自家用の舟着場を持っています。前方に見えるのは1971年に開通した小鳴門新橋。
◆イタリア、スイス国境 グラン・サン・ベルナール峠 <2015/7/16>
 ローマ道に面したアオスタの宿を出て38km、2000m上り国境越え。峠の下からは稜線が見えず、二段構えの厳しい上りでした。同宿の、アジア人を訝ってたとさえ思えた老夫婦が、グラン・サン・ベルナール峠へ向かう自転車乗りとわかると愛想が一転、色々話しかけてきたことなど思い出します。
◆暗峠(くらがりとうげ) <2014/10/14>
 大阪側から御厨(みくりや)、水走(みずはい)と由緒ある地名をたどり、河内国一宮の枚岡(ひらおか)神社。神社からは噂の急坂。押さずに上ろうという気は、すぐなくなりました。石畳の国道はここだけだそうです。
◆ベトナム メコンデルタ <2014/5/20>
 メコンデルタの真っ只中、チャビン省とベンチェ省の境界を流れるメコン川が分岐したコーチェン川(sông cổ chiên)。堤防がないので、TL(地方道)902号線は川から少し離れています。小路を分け入り河岸に出ると、待っていたのは笑顔でした。
◆三重県 関 <2015/10/29>
 鈴鹿峠から東海道を下り、平成の大合併で亀山市の一部となった関町。街道には切妻家屋が平側を道に向けて続いています。一つ一つは珍しいものではなく、軒高が揃っているわけでもありませんが、2km以上続く長さには本物の説得力があります。

川崎市の河原町団地

2018年9月19日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 気になっていた川崎駅近くの河原町団地を探索。未来都市風ですが築50年。神奈川県営住宅の開脚H型棟は耐震補強が不要な強靭な建屋でした。丹下健三門下、大谷幸夫の設計。
 パビリオンでなく、県営住宅です。
 団地は東京製綱川崎工場の跡地。南面の公園は南武線支線の廃線跡。
 開脚部内側の通路は相当歩きにくい。今は住民の高齢化が進んでいるので、これは厳しい。
 この視点は、平衡感覚が混乱します。ただし、この斜め部分の住戸は外側にテラスがあります。
 立方体の川崎市営住宅棟には耐震補強。
 住宅供給公社の分譲棟にも耐震補強。
 最上階(14F)にも自転車置場あり。各階に展望用?の謎階段あり。住みたい。
 35.25km、2h22m

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 アンスティテュ・フランセ東京(Institut francais du Japon - Tokyo 旧:日仏学院)で行われている坂倉準三展へ。
 日本のモダン・アーキテクチャーの先駆者であった坂倉準三(1901-1969)による東京日仏学院は、第一期棟が1951年に竣工。日本におけるモダン・ムーブメントを代表する建築のひとつである。(展示パネルより)
 東急をコアにした渋谷のかつてのデザインは、坂倉によるものです。
 東京市政調査会にいたK先生と一緒だったので、解説付き。
 塔(外部階段)は、会津さざえ堂と同じように2重螺旋になっています。外回り階段は屋外へ、内回り階段は建物内部へ。解説板は、さざえ堂でなくフランスのシャンボール城と関連づけるものです。
 待ち合わせ時間調整を兼ね、九段下から北の丸経由で歩きました。

 歩き 6.4km

ベトナム映画祭2018

2018年9月8日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 横浜日本大通りでの ベトナムフェスタ2018 in 神奈川 へ。ベトナム映画祭も共催されています。
 神奈川県庁の駐輪場で財布を忘れたことがわかり呆然。暑さと向い風でボトルの水は既に無くなっています。
 映画祭のイベントには、7月のベトナム交響楽団日本公演でご一緒した小松みゆきさんが登壇。撮影の裏話など。目的は果たしましたが、財布がないのでフォーも食べずに帰ります。
 象の鼻波止場の形状は健在。
 神奈川砲台、石垣は現存。
 瀧の川の川跡の公園に、昔ながらの水場があったので、なんとか体は持ちそうです。
 小机駅の北、鶴見川氾濫域の湿田は日産スタジアムに。ただし、このあたりは現在も多目的遊水地です。
 44.36km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com