このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

上野原~(鶴峠)~青梅

2020年9月18日金曜日

上野原駅IN、青梅駅OUT で、9年ぶり鶴峠越え。前回(2011年)は、"YAMAHONで行こう" のオフ会でした。
上野原市街は相模川の河岸段丘上(2段目)にあり、上野原駅(1段目)との高低差は60m。
甲州街道沿いの牛倉神社。狛犬の爪が研がれて(彩色されて)います。
台地を抜け山間いに。鏡渡橋からの鶴川。
今日の目的地は西原(さいはら)の丸山。南西向き緩斜面に旧西原村(1955年上野原町と合併)の集落が望めます。
1/50000「五日市」昭和7年発行。郵便局の古い地図記号(大正6年に改定されてるはずだが)が残っています。
小さな祠が立つ丸山から。
集落側からの丸山。
養蚕をやってたので一見豪邸ぞろい。どの家も今では1-2人しか住んでいないとのこと。
兜造りの屋根。妻側の屋根を切り上げた形式で、東日本に多い。
羽置の里 びりゅう館で「さいはら膳」990円。そば打ち体験ができる大きな施設。ここに限らず、過疎地の食堂は半官半民でないとやっていけないようです。コミュニティバスと同じ。
西原の一宮神社。巨木の杜。ここの狛犬も爪が研がれていました。
小菅村に入り御鷹神社。
長作(ながさく)観音堂。国の重文。
鶴峠。874m。相当な距離押し上がりました。輪行が楽なので DAHON K3 が続いていますが、全行程だと、何倍も苦労している気がします。
多摩川支流の小菅川。
材木切出し用索道。ワイヤーを複雑に滑車で結び動力装置とつないでいる。道のない尾根から谷を越えて丸太を搬出。
昭和時代のままの怖いトンネル(狭い、暗い、路面ウェット)をいくつも抜けて小河内ダム。奥多摩からは新しいトンネルができていたので、青梅駅まで自走。青梅は昭和レトロ押し。
78km。後半の目的地、三頭山口廃駅は別途アップします。

旧東海道コンプリート

2020年9月15日火曜日

2020.9.5 の豊橋~熱田で、旧東海道サイクリングは10年かけてコンプリート。精緻に旧街道をたどった訳ではありませんが、道が残っているところは9割程度走れたと思います。自転車が写っている画像をかき集めてみました。日本橋~藤沢は、ばらばらの走りを認定トライ。
日本橋 都内の基準点を巡ったポタおじポタのゴール 2017/5/5
高輪大木戸近く 2017/9/13
保土ヶ谷権太坂 2014/1/3
小田原~藤沢 Gusの木製自転車で(藤沢) 2011.12.07 80km
小田原~藤沢 Gusの木製自転車で(小田原)
三島~小田原 山中城へ立ち寄った日 2018.09.06 44km
三島~蒲原 富士川渡河 2019.07.30 40km
蒲原~金谷 薩埵峠(さったとうげ) 2010.04.03 74km
丸子(まりこ)の明治トンネル
金谷~豊橋 金谷坂 2010.04.10 89km
豊橋~熱田 七里の渡し(熱田) 2020.09.05 70km
関~名古屋 七里の渡し(桑名) 2015.10.29 75km
関の街並み
草津~関 鈴鹿峠 2015.10.28 98km
草津の道標(東海道、中山道分岐)
京都~草津 逢坂山 2013.05.03 102km
京都市内 ゴールは土佐藩邸(三条大橋の画像は見つからず) 2014.12.01
公式距離 487.8km

豊橋~(旧東海道)~熱田

2020年9月5日土曜日

東海道の宿場で言うと、吉田宿から宮宿(七里の渡し)
最終日は晴れ。ただし、暑くなりそう。6時に出発。
豊川を渡り左折すると、すぐ道筋が残っています。川のそばですが、河川改修は免れたようです。
御油の松並木。
東海道旧道が国道1号線で上書きされている箇所。仕方なく、舗道を走ります。鉄道は東海道本線でなく名鉄名古屋本線。東海道本線建設当時の技術では「地勢狭隘且つ急勾配を付せざれば容易に線路敷設難相成」だったようです。
藤川宿。歌川広重の「東海道五拾三次 藤川 棒鼻ノ図」で描かれた場所。
岡崎入り。岡崎信用金庫資料館は。1917年に旧岡崎銀行本店として建てられたもの。岡崎公園で大休止。
矢作橋手前の岡崎市八帖町(はっちょうちょう)。地名もはっちょう、社名も八丁味噌。ただし、農水省の地理的表示ブランド(夕張メロンとか)で合資会社八丁味噌が八丁味噌を公式には名乗れなくなったと言うミソがついた。
長い町並みが残っていたのは有松。池鯉鮒宿と鳴海宿の間の「間の宿」
笠寺一里塚。道の両側に作られた一里塚ですが、残るのは片側だけ。
七里の渡し。これで、江戸期の東海道(日本橋~三条大橋)コンプリート。ただし、歩きよりはトレース精度は低いと思います。熱田駅から青春18きっぷで帰路に。
70km

東栄町は人口3000人、宿は元は高校の寮だということですが、2008年に閉校。1960年の人口は11000人ですので、過疎化の度合いが甚だしい。今回の旅まで全く知らない町でしたが、東栄と言うタクシー会社のような町名も地域も特性も感じさせない理由のひとつでしょう。
夜を徹して行われる花祭り(釈迦の誕生日とは関係ない霜月神楽)は700年以上にわたって継承されています。奥三河のナイアガラ、蔦の淵。日本のナイアガラどころか、三河のナイアガラとも言わないところが奥ゆかしい。
朝は晴れ間ものぞきましたが、設楽町(したらちょう)への峠から強い雨。 奥三河郷土館は2015年に閉館。2021年に清瀬地区に移設されるとのこと。国道の間違った案内板は5年目ということです。屋外に田口線の車両が残されていましたので良しとしましょう。
豊橋鉄道田口線は、1929年より順次開業、1932年には本長篠駅と三河田口駅(22.6km)の全線開業。林業の衰退と過疎化傾向の強まった 1968年廃線。木材輸送を主目的としていたため、駅は田口(設楽)の市街地からは100m下った寒狭川(かんさがわ)沿いに設けられました。1/50000 「本郷」1930年鉄道補入、1937年発行。
雨の中、旧三河田口駅まで下りましたが、ダム工事で通行止め。まったくの調査不足です。上り直してR257を清嶺まで下ります。この2度の下りでブレーキシューが一気に損耗。
初遭遇の廃線跡は田峯駅からの集材用森林鉄道トンネル。雨でスマホの地図が見られず、現地では本線と誤認していました。明らかに1067mmゲージの車両は無理。
田口線稲目隧道を広げた県道389号線の2車線トンネルを抜け、道路脇を担ぎ上げ滝上駅跡。路面はバラスト。
滝上駅跡から田口方面の海老隧道。
一旦県道に戻り鳳来海老郵便局向いから廃線跡へ。白い一枚岩を開削した双瀬(ならせ)隧道は山水画。雨は止んで欲しいですが。
厳しい登坂(体感)の鳳来寺は見落とし、下りに入った大草は1.5km行き過ぎ。ずぶ濡れで気持ちも折れそうでしたが。引き返すことに。・・正解でした。
富保、大草隧道の間の築堤。
大草隧道。トンネルの向うは三河大草駅。
大草隧道内部。
三河大草駅。
長篠城跡、豊川用水から豊橋駅へ、初APAは、Gotoキャンペーンで 2720円。フロントが4Fなので、輪行袋に収納してチェックイン。ブレーキシューを調整。明日も雨ならそのまま帰宅、晴れなら熱田へ。
80km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com