このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

2回目の参加となる、たま-ゆめ崖線ネットワークの観察会。京王よみうりランド駅に集合し4名で出発。
まずは、穴澤天神社へ崖線を削った道。水が染み出る層があり、サワガニがいることもあるらしい。
谷を完全に埋めている。壁の上は、車道のよみうりVロード。
穴澤天神社。式内社、里神楽や獅子舞も現役で、今でも旧矢野口村の郷社として活発に活動している。
本殿裏の崖線。
崖線下部。神仏習合時代は、仏像が安置されていた。
改修された三沢川と旧河道の分岐。初夏には、銀色のシートを膨らませて、水位を上げポンプアップする。
農業用水として利用されている旧河道。
旧河道に架かる指月橋の袂。河川改修前は、浸水多発地帯だったとのこと。
菅の薬師堂。ここも獅子舞が現役。
さて、鳥は・・。教えてもらいましたが、名前は忘れました。
5km

国立市谷保の谷保天満宮。読みは YABO。駅名を YAHO としたため、地名まで YAHO になってしまいました。野暮天の語源説もあり、気持ちは分からないでもない。
是政橋で多摩川を渡り旧甲州街道へ。
旧甲州街道に面した鳥居。参道を進むと社殿へ "下る" 階段。
参道と社殿の位置が妙なのは、甲州街道が立川段丘の下を通っていた17世紀に建てられたから。
後になって知りましたが。谷保天満宮は東日本最古の天満宮で、木造獅子狛犬、木造扁額(共に国の重文)があります。時節柄、入学祈願が鈴なり。鶏の放し飼いは、京大の吉田寮で見て以来。
座牛。菅原道真の喪車を引く牛が、その悲しみに動かなくなったとか。
三億円事件のころ。
明治初め。
帰路は多摩川土手左岸。二ヶ領上河原堰堤。
ザ・団地。多摩川住宅。東京都住宅供給公社が手掛けた初の大規模団地として1966年から入居開始。
50km

生田あたり

2021年3月1日月曜日

川崎市多摩区の生田あたり。昨日は寒くて引きこもりましたが、微妙な体感気温差で今日はオッケー。
ご近所ですが、地図を見ずに適当に走ってるとこうなる。
寺尾台の傾斜マンション。上部への道があったので、今度じっくり見ることにしましょう。
多摩丘陵の周縁部。中央の五反田川沿いに小田急線。
南武線稲田堤駅の観光道踏切。南武鉄道時代に、多摩川(稲田堤)までの道に桜を植えて集客を図ったらしい。
中野島駅。南武線とは思えない時計台のあるかわいい駅。
中野島は、中野島。
このあたり、昔からの御嶽信仰が続く。
王禅寺道を断ち切っていた切通しに、昨秋人道橋ができました。「ふるさとみなみだいら橋」
王禅寺道は大山道から分岐し、川崎市麻生区の古刹、最古の甘柿と言われる "禅寺丸" が発見された王禅寺道へ向かう尾根道。
宮前区歴史ガイドまち歩き「王禅寺道」の ⑦ の部分が、繋がりました。
22km

河村新城跡と山北つぶらの公園

2021年2月21日日曜日

御殿場線谷峨駅INで、発掘中の河村新城跡~山北つぶらの公園。
小田急線新松田駅で御殿場線に乗換え。松田町の旧道からの富士山。快晴です。
城山中腹から大野山。新東名の橋梁工事が進んでいます。
新東名の工事に関連し河村新城跡では大がかりな発掘調査が行われています。新発見も多く、平成14年の案内板は内容が大きく書き換えられることでしょう。フェンス脇には「畝堀」らしきワッフル。
TEPCO 峰発電所への導水路の出口。この先から一本の水圧鉄管で一気に落として発電。
峰発電所は、明治43年3月に富士紡績の電力供給用として建設。現況の発電施設は昭和12年竣工。
山北つぶらの公園は2017年、東名の都夫良野トンネルの上に開設。初めて来ます。富士は霞んで肉眼でかろうじて見える程度。
さくら山展望広場(429m)からの大野山(722m)
日没が近づくと、徐々に輪郭が浮かび上がってくる。(つつじ山 展望広場)
日没後は稜線が鮮明に(さくら山 展望広場)
松田町のチェックメイトCC脇からの夜景。
公園の駐車場は17時までなので、数十人いた家族連れもいなくなり、タイムラプス撮影。そこに、ひょっこり現れた早大生。雑談に付き合ってくれた上、夜景スポット経由、新松田駅まで送ってもらいました。谷峨駅までの夜の歩き、本数の少ない谷峨駅~松田駅間の電車待ちが回避できました。(0:43)
 
歩き 9km

JR相模線の駅舎巡り

2021年2月16日火曜日

先日訪れた相模線入谷駅は、首都圏とは思えない "駅舎がない駅" でしたが、忘れられたような単線の相模線には、小さな駅舎がいくつも残っています。
往路はR246主体。さがみ野駅から旧道をたどると、海老名市と綾瀬市の境界稜線に建つ五社神社。
尾根道を相模川方面に下ると、今日最初の目的地、社家駅(しゃけえき)1926年に相模鉄道の駅として開業。
南下し、門沢橋駅。1931年開業。相模鉄道は、茅ヶ崎~橋本間(現JR相模線)を1926年に開業、その後1943年に神中鉄道を合併。1944年に茅ヶ崎~橋本間が国有化され、相模鉄道の保有路線は旧神中鉄道(横浜~海老名)となった。
倉見駅。1926年開業。
開業当時の駅舎を、手を加えずに使っているとのこと。
宮山駅から圏央道寒川北IC方面。
宮山駅。1931年開業。寒川神社の最寄り駅。
相模国一宮 寒川神社
神奈中の連節バス「ツインライナー」 これ、へたに抜きにかかると危険。
75.06km、5h21m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com