このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

三島~蒲原と日本平夢テラス

2019年7月30日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 DAHON K3 での初輪行。旧東海道の未走部分と2018/11に開設された日本平夢テラスに行ってきます。
 武蔵溝ノ口駅まで自走し、5:03の川崎行きに乗車。青春18きっぷです。座席に無理なく座れるのが 14inch の強み。
 好天を見計らっての輪行ですが、三島は小雨。富士山は終日見られませんでした。宝池寺一里塚(一対で残っています)から柿田川湧水群。柿田川は何度か来ていますが、30年くらい前の、全く整備されていなかったころが最も印象的です。
 明治後期の1/50000。豊富な湧水を感じさせる柿田川。
 原駅に寄り道。1900年開設。現在の駅舎は、1948年築の二代目。
 富士川橋。1924年(大正13年)完成の6連トラス橋。橋長399m。旧東海道の渡しは、この少し上流側にありました。
 明治後期の1/50000。鍵型に曲がる南角に蒲原宿の西木戸がありました。
 蒲原宿があるのは新蒲原駅(1968年開設)、蒲原駅(1890年開設)は旧堰沢村。駅間距離や誘致合戦で綱引きがあったようです。
 蒲原駅から東静岡駅(1998年開設)までプチ輪行。東静岡は静岡貨物駅縮小による再開発地区。1994年、駅前で律令期の東海道(古代東海道)が発掘されました。
 現在は、埋め直し(地下1.5m)て保存されています。両側の側溝の間は12-13m。古代の高速道路です。
 明治後期の1/50000。中央集権国家の衰退後は打ち捨てられ、水田になっています。紫色網掛け部分。
 日本平夢テラスへ向けて、日本平パークウェイを登坂・・のはずが、まさかの自転車禁止。2004年に無料化された後も、静岡側は自動車専用道です。衰退する昭和の観光地の起爆剤として夢テラスをつくったのに、インフラはモータリゼーション万々歳の時代です。
 清水側まで山麓をまわり、日本平さくら通りから山頂へ。途中に山岡鉄舟が復興した鉄舟寺がありました。熊野十二社が同居。日本平さくら通りの登坂は 4.8%、3速のK3 では限界。フラットベダルなので、すぐに押しが入ります。
 隈研吾建築都市設計事務所による日本平夢テラス。太平洋からのガスが湧き、高山の趣きが (泣)。 富士山は全く見えません。
 日本平パークウェイ清水側は自転車も走れるので、一気に下り清水駅から輪行。戸塚で横須賀線(東京上野ライン)に乗り換え、武蔵小杉から自走。
 87.3km。内訳は、
鷺沼~武蔵溝ノ口駅 6.4Km
三島駅~(旧東海道)~蒲原駅 40.9km
東静岡駅~(日本平)~三島駅 29.5km
武蔵小杉駅~鷺沼 10.5km

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 北沢川文化遺産保存の会の研究会に行きました。場所は梅丘パークホール。三軒茶屋から茶沢通りを北上。旧烏山上水(烏山緑道)。
 旧北沢用水(北沢川緑道)。昭和元年に引かれた高圧線。この61号鉄塔の下に萩原朔太郎が住んだ。
 丘の上から宮前橋方面。41.1の三角点は不見当。
 この先にあった大原商店街は、環状七号線の建設で霧消しました。
 環七に切り取られた残りの旧道。
 小田急線は高架になり、北沢川は暗渠になりました。
 「世田谷代田の歴史と文化を語る」三土代会 柳下さん。分家になって、まだ七代目。本村は滝坂道を青山、代田は甲州街道を淀橋へ野菜を売りにいった。
 ダイダラボッチの足跡。きむらけんさん。
 玉川上水から代田村への分水が、一時あった。きむらたかしさん。
 世田谷区玉川総合支所街づくり課長谷亀さん:二子玉川のマネジメント。世田谷代田駅前の再生を、ぜひ民間主導で。
 羽根木公園、通称根津山。代田の齋田さん(大齋田)が、昭和初めに東武の根津さんに売ったらしい。
 帰路は、駒沢大学駅へ。蛇崩川支流の源流近く。生々しい川跡。
 歩き 8.5km。

寺家(じげ)の谷戸

2019年7月25日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 DAHON K3 2回目+久しぶりのTELLO(ともに made in China)で、横浜市青葉区寺家(じげ)町の谷戸へ。
 ピンク線が都県境。この辺、だいたい稜線が県境ですが、この谷戸田は支流の谷が町田領。
 DAHON K3、スタンド無しです。
 ドローン動画。30秒。
 TELLO の高度リミットは10m。けっこう上がっている感じですが、谷戸の撮影としては高度が足りません。
 近所の人。けっこうハイカラだったらしく、変速機付き自転車に乗っていた。自転車は長津田で買った。  →当時の商圏は今とは全く違うようです。
 鶴見川の改修前は、水が出ると寺家の田圃は海のようになった。谷戸の奥は、寺家でなく向こうっかわの人の田圃。 →後で調べると谷戸の途中に都県境。
 熊野神社から。鶴見川の氾濫域だったあたり。
 20.8km

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 +三菱資料館をハシゴ。まずは、都立旧岩崎庭園裏の無縁坂を上り、三菱資料館。井ノ口の岩崎さんの三代記と財閥解体関連の展示が多かったです。新入社員っぽいグループに、英語で説明していました。
 ついで、入館証をもらって湯島地方合同庁舎へ。国立近現代建築資料館はこの中にあり、平日は無料で入れます。休日は、都立旧岩崎庭園(400円)経由になります。
 安藤忠雄初期建築原図展 ---- 個の自立と対話
 芦屋の小篠邸。
 設計図面も手にとって捲れます。
 窓からは修復工事中の旧岩崎邸洋館。
 お茶の水橋から神田川上流側。
 明大博物館 「立体錯視の最前線」 展。ここも入場無料。
 網膜に映るのは2次元データで、それを奥行きのある3次元に脳内で補正しているらしい。その、脳内補正を間違わせるのが錯視とのこと。
 目ではなく脳が作り出している。
 常設展も充実しています。明治大学3代目記念館(1925 - 1996)
 6.1km(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com