このブログを検索




BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

河口湖~旧上九一色村

2022年5月19日木曜日

宿を予約した後、天気予報は二転三転。最後はいい方へ振れました。
拡張版山梨県民割で県内有効クーポンをもらえたので、河口湖富士山パノラマロープウェイ。
河口湖からは、できるだけ旧道を南西方向へ。鳴沢・富士河口湖恩賜県有財産保護組合役場の隣にある由緒ありげな建屋。
鎌倉街道と駿河往還の分岐にある鳴沢番所跡ちかくの魔王天神社。
鳴沢溶岩樹型から氷穴を経て、青木ケ原樹海。GPSは有効でした。
精進湖近くから。
本栖湖の西岸、違和感のある身延町域から。
富士河口湖町側へ戻り、町営の本栖歴史館。見たいと申し出、明かりを点けてもらいました。
旧上九一色村のサティアンがあったあたり。
宿は富士クラシックホテル。コース料理で山梨県民割を使い切りました。
52.3km

大月~河口湖

2022年5月18日水曜日

山梨県民割が隣接県も対象になったので富士山麓へ。
実質的にGo To Travel 復活ですが、「疫病は遠方よりやってくる」と言う伝承は生きている感じです。「近県は、まだマシ」と言うことか。 大月駅 7:42 到着。快晴。
時間に余裕があるので、山梨県立リニア見学センターへ立ち寄りましたが、開店前なので展望広場へ。時間不明の試験走行を待つ気もなく、自転車に戻ったところで、大きな走行音。残念ですが、縁がなかったと。
富士急、谷村町駅(やむらまちえき)は昨年7月に来ていますが、今回も寄り道。
佐伯橋からの田原の滝。ここは初めて。『勢ひあり 氷消えては 瀧津魚』芭蕉。今日は瀧津魚でなく、3両編成の富士山ビュー特急。
富士吉田に入り、桜井うどん店で、吉田のうどん。冷たい麺と暖かいつけ汁(450円)
2015年開通の新倉河口湖トンネル(2476m)で河口湖畔へ。自己最長かと思いましたが、2016年に走った阿讃国境の三頭トンネルが全長2648mでした。
河口湖北岸。
西湖狭窄部。
河口湖南岸の冨士御室浅間神社。1973年に富士二合目から移築。国の重文です。
元の場所は冨士御室浅間神社奥宮。富士吉田市に囲まれた富士河口湖町の飛び地となっています。
富ノ湖ホテル、最上階のテラス付ツインからの撮影スタンバイ。
63.0km

狛犬探し隊「世田谷北沢オフ会」に参加しました。世田谷代田集合~三軒茶屋散。
三軒茶屋駅から歩きで集合場所の世田谷代田駅へ。午後は雨も上がり、総勢20名あまり。
何度も行ってる代田八幡宮ですが、知りませんでした。
次いで、森巖寺(しんがんじ)。江戸期から灸と針供養で有名だったとのこと。狛犬は屈強な八頭身。
北沢八幡宮。ここも何度も来ていますが、摂社のかわいいやつは知りませんでした。
三宿神社。正に、狛犬探し隊見参。
淡島通りの「のら狛犬」
若林稲荷神社。
太子堂八幡神社。ここも何度も来ていますが、拝殿置くの立入禁止区域に "かくれ狛犬"。
近づけない。Insta360 でもここまで。
干渉色標高図にルートを重ねると、訪ねた神社は5つとも台地縁の南向き斜面であることがわかります。
全10km、オフ会ルートは6km。

たまプラーザのクルドサック

2022年5月10日火曜日

ご近所散策。今日は、たまプラーザのクルドサック巡り。
クルドサックは住宅地の袋小路状の道路で、語源はフランス語の cul:尻、sac:袋。
東急が多摩田園都市として開発した横浜市青葉区の美しが丘は、日本の代表的なクルドサック密集地です。
横浜市、川崎市の市境の尾根を背にした南向き斜面。谷戸地形なので、アップダウンが多く、累積標高200mあまりとなりました。
20km。

川崎探検隊の「町田の古道・宿場・谷戸・切通しを味わいまくるFW」の事前調査に参加しました。小田急多摩線黒川駅IN、唐木田駅OUT。
下見にしては大勢。仮ルートを仲間内で確認する感じです。黒川駅 11:00集合。
黒川の谷戸入口の丘にある汁守神社。木の鳥居。貫を固定する楔が、楔としての機能を果たしています。
都県境の尾根道(よこやまの道)から、布田五宿(国領宿・下布田宿・上布田宿・下石原宿・上石原宿)と小野路を結んでいた布田道、関屋の切り通し。
小野路宿里山交流館で昼食。小野路は都心に近い里山として人気があります。低い峠でつながる多摩ニュータウンとは好対照。
小野神社前を抜け万松寺方面へ。六地蔵とありましたが1体増えています。
万松寺谷戸。
小野路城址から小町井戸。井戸と言うより湧水か。
小山田緑地を抜け、荘厳な雰囲気のある大泉寺。
大泉寺石像群(0:24)
ここ驚きました。古いものではありませんが、由来など説明見当たらず。
最後は、小田急の車両基地のある唐木田駅で解散
歩き15km、自転車 22km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com