このブログを検索




BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

久方ぶりの終日晴れ。あと3度気温が低ければ快適サイクリング。
正午からの歩行者天国直前に銀座を走り、日本橋髙島屋へ。「建築家・坂倉準三と高島屋の戦後復興」展。
新宿西口、渋谷東急会館が坂倉の代表作だが、戦後の始まりは「高島屋和歌山支店」(1948)とか。
日本橋から大手町側へ抜けて東京駅。
将門塚。改修後、初めて来ました。隣接するOtemachi One(大手町ワン)の竣工(2020/2)後、移転に着手。ちょうどそのころ、ダイヤモンドプリンセスが横浜入港。
HOSEIミュージアムは、今年オープン。小ぶり。館長は田中優子前総長。法政大学江戸東京研究センター特別展は周辺の法政村4会場で開催。
木挽町芝居町。ベネチアやグラドの雰囲気。
江戸城内にあった能舞台。
浮世絵に描かれた地形。
根津、藍染大通りの長屋。
第3会場 Site C (ボアソナードタワー26F)は、眺望がすばらしい。
60km

笹子隧道~塩山の上条集落

2021年9月10日金曜日

青春18きっぷ、5枚目は笹子駅IN、山梨市駅OUT。笹子隧道は10年ぶりに逆コースでの登坂です。
笹子駅まで輪行。DAHON K3 でお手軽になりました。
R20の優美な旧橋梁。
旧道を上り、矢立の杉。周辺の整備が進み、杉良太郎の歌碑などもありました。
笹子隧道(東口)1936年開通、全長 239m。
自転車専用道並みですが、R20 だった時代もあります。
笹子隧道(西口)、1952年から新笹子トンネル(1958年有料道として開通、2953m)が無料開放される1971年までR20。
笹子峠前後の旧R20は、いわゆる大正国道の設計(=徳島の大坂峠)だと思います。3-4%の坂なので DAHON K3 でも登れました。
江戸期の甲州街道。廃道状態だったのを、1987年に整備したらしい。
中央道の下。江戸期の甲州街道から。
勝沼に入ると甲府盆地の遠望が開けます。
ちょうど、ぶどう収穫の最盛期。袋をかぶせてないのはまれ。
塩山の上条集落。重要伝統的建造物群保存地区の選定は2015年。1975年の発足時の選定と比べるとB級感が強い。
上条の古民家。養蚕家屋の一種で「突き上げ屋根」と聞いていましたが、文化庁(重要伝統的建造物群保存地区)の説明文では言及していません。違うっぽい。
上条の古民家群。
甲府盆地の北東端。中央が「塩山(えんざん)」の由来となった、塩ノ山(しおのやま)。ただし、塩ノ山の由来は所説あり不明。
三塩軌道跡。塩山~三富を結ぶ全長18.5km。石材・木材の搬出に使われました。
八坂大神社前の軌道跡。
1965年(昭和40年)まで運行されていました。
帰路は、扇状地の頂きから快適な下降。草笛川を望む山神宮。
49.6km

馬事公苑 2020

2021年9月7日火曜日

東京オリンピックで馬事競技が無観客で行われた馬事公苑が、2日間だけ公開されました。新二子橋 IN、多摩水道橋 OUT で世田谷入り。
足元の増設スタンドは、使わないまま撤去。
28km

青春18きっぷ4回目は、後閑駅IN、敷島駅OUT で、沼田の河岸段丘と赤城山麓の田切地形を体感。
始発で出て、上越線後閑駅 9:12。
同じ列車で来たマウンテンバイカー。最新機材は昔とは大違い。前輪フォークは片持ち。フロントシングル、リアはビッグギア。いい林道があるらしい。
沼田まで下り、利根川地蔵橋から。沼田駅は下の段丘、市役所は上の段丘。駅の標高は333m、市役所は415m。
駅前から東へ走るとすぐ滝坂。車道はトラバースぎみ。輪行オリエンテッドの DAHON K3 なので、迂回路といえども途中から押し。
人道は屋根付き階段。公道かどうかは不明。
滝坂の途中から。けっこうな市街ですが、官公庁のあるメイン市街は背中の段丘上。
沼田城址。真田信幸時代の石垣。五重の天守もあったらしい。
沼田小学校講堂記念体育館。現役の市営体育館。柔道場・卓球場・重量挙場。1時間 520円。
段丘を下り、片品川を渡ると昭和村。
日陰を見つけて携帯食でお昼。清雲寺楼門。楼門の不可解な位置からすると、かつては大伽藍だったのかも。
赤城山麓の台地へ上り、戦後の食料増産、復員引揚者対策で開墾された昭和村の畑作地帯へ。保水力のない大地、大雨での畑の流亡に苦労が絶えなかったらしい。右(山側)のような照葉樹林を開墾したのでしょう。左はこんにゃく芋。
明治末の地形図だと、台地下部が桑畑、上部は樹林帯。
鋭い田切地形。左上に少し見えるのが畑地。いきなり切れ落ちる。
谷底。湿っぽい。
田切地形の3D。
谷底を利根川方向へ。関越道が台地面。
綾戸ダム。ダム本体でなく取水口。ここで水流を弱め土砂を沈殿させる。
群馬県道255線(下久屋渋川線)高岩隧道手前から。上越線第四利根川橋梁。下り線は上路式トラス、上り線は下路式トラス。
棚下の上越線第三利根川橋梁。
赤城村立棚下小学校。明治28年(1895年)開校、1998年閉校。ご成婚記念とある門柱は昭和天皇の成婚(1924年)。地形どおりの地名。
利根川屈曲部。対岸は渋川市。
敷島駅から輪行帰宅。小さな駅なので、パッキングからホームまで15m。
35km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com