このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

宮古島3 池間島

2020年1月11日土曜日

3日目(橙線)の地図を見る
 最終日、2泊した東急宮古島リゾートをチェックアウトし 9:10 に出発。今日も晴れ。この時期に晴天が続くのは珍しいそうです。
 初日に横を抜けたカママ嶺公園から平良港へ。至るところで見かけた木々に掛けているバケツは「ウリミバエ不妊虫放飼」 1987年に根絶が確認された農作物害虫の再侵入防止対策とのこと。
 平良港近くの漲水御嶽(はりみずうたき) 鳥居があるのに驚きました。丘の上にはヤマト系の宮古神社。
 ぶばかり石(人頭税石)。柳田國男の「海南小記」で有名ですが、身長で人頭税を課す記録はないようです。
 北上し、観光ガイドブックに載る砂山ビーチ。ここは民有地。
 海岸への地道があったので行ってみると、白砂の静かなビーチ。
 案内板はありません。間那津海岸と言うらしい。ここ以外にも、案内のない美しい白浜がたくさんありました。
 西平安名岬(にしへんなざき)、沖に見えるのは池間島。
 西平安名岬からの池間大橋(1992年開通、全長1425m)
 牛しかいない宮古馬放牧場? まで戻り、世渡崎から池間大橋へ。
 池間大橋南端の世渡崎。
 池間漁港の池間食堂でオオヒメの刺し身。甘みがある味、美味い。漁場は尖閣とのこと。地元の人も来るのと聞いたら、「来るのは観光客だけ。池間の人は、魚は家で食べる」と身も蓋もない話(笑)
 部外者立入禁止の大主神社。分村先にはここから分祀。平良市(現:宮古島市)のマンホールは、トライアスロン。池間島灯台を経て島を一周。
 帰路は島尻のマングローブ林から大野山林脇を経て宮古空港へ。途中のJAで緩衝材に使うダンボールを入手しました。宮古 19:50発、羽田 22:15着、羽田からはバスでたまプラーザへ。
 65km

宮古島2 来間島、東平安名崎

2020年1月10日金曜日

2日目(紫線)の地図を見る
 朝食バイキングのあと 8:25 に出発。来間(くりま)大橋(1995年開通、全長1690m、農道)を渡り来間島へ。
 来間島は一周しても9kmあまり、人口は150人。サトウキビ畑の小さな島です。
 宮古島へ戻り海岸線を東へ。ゴルフ場やドイツ村をスルーしイムギャー。イムギャー・・地名だと思いますが不詳。
 内陸に入り福里地下ダムの一部を見える化したもの。地下ダムは、水を透しやすく多数の穴があいている琉球石灰岩の隙間に水をためる仕組み(底は島尻層泥岩)で、福里地下ダムの堤高は27m、総貯水容量は1050万トン。
(参考) 香川の豊稔池ダムの堤高は30.4m、総貯水容量は1643万トン
 川のない宮古島の、農業の決め手です。
 最東端の東平安名崎(ひがしへんなざき)の東海岸。
 台地になっている長さ2kmの半島を走り、塔高24.5mの平安名埼灯台へ。右下中央の浅瀬はパナリ干瀬(びし)。
 半島の付け根方向。右手は保良(ぼら)漁港。
 東平安名崎見晴台からの灯台方向。
 島の中央部を戻ります。サトウキビ畑には地下ダムの水をまくスプリンクラー。サンゴ由来の琉球石灰岩。コンバインは3000万円くらいするとのこと。刈取って、30cmにカットし、袋詰めまで行う。
 島の中央部、大嶽城跡(うぷたきじょうせき)からのサトウキビ畑。
 大嶽城跡の隣には自衛隊宮古島分屯基地。
 夕食は、コンビニで調達したローカル産品。
 今日の日没。
 70km

宮古島1 伊良部島、下地島

2020年1月9日木曜日

1日目(青線)の地図を見る
 初の先島諸島は宮古島。羽田 6:40、宮古 10:10 のJAL(JTA)便に乗るため、たまプラーザ 5:00 の空港バスで。DAHON K3 での初航空機輪行です。輪行袋は IKEAの収納袋(布団袋)とダンボール2枚の簡易収納で臨みます。
 高度を下げ雲を抜けると伊良部島と下地島が眼下に。狭い水路で分断されています。
 Uターンして来間(くりま)島上空から宮古空港へアプローチ。
 上空からの来間大橋と与那覇前浜ビーチ。
 定刻に到着。宮古島警察署には、お土産菓子のパッケージになっている "まもる君"と "まるこちゃん"。
 2005年、平良市・城辺町・下地町・上野村・伊良部町の合併により全島一市となった宮古島市役所。人口52000人。
 市街を抜け伊良部大橋。2015年供用開始。通行無料の橋最長の 3540m。雲の多かった行きと晴れた帰り。海の色が、まったく違います。
 正面の巨岩がヤマトブー大岩。最初に伊良部に人が住み着いた下牧の海岸への出入り口の目印だったらしい。名前の由来は不明。
 サイパン、ソロモンなどの南方カツオ漁で栄えた佐良浜。漁協併設の "おーばんまい食堂" で海鮮丼。住所は宮古島市伊良部池間添47番地。対岸の池間島がルーツで、農業地域なら池間島が本村で、こちらが池間新田とかになるのでしょう。
 大主神社(おおぬしじんじゃ) 元々は大主御嶽という御嶽(ウタキ)で、池間島にあった大主御嶽の分けたもの。本殿の屋根のは鰹魚木。
 佐良浜集落の水場、サバウツガー。海岸の深い井戸で、1966年まで、ここで飲み水(多少の塩分を含むが)を得ていた。水汲みは女の仕事、重労働だった。
 伊良部島の中央部を抜け、浅い水路で別れている下地島へ。
 航空写真で見ると伊良部島と下地島は1つの珊瑚礁。日が差すと海の色が変わってきます。下地島空港を一周し通り池。鍾乳洞の天井が部分的に崩落してできました。
 伊良部大橋を戻り、バルチック艦隊発見の知らせを宮古島から電信のある石垣島に伝えた5人の漁師「久松五勇士」、池田矼(いけだばし)は石灰岩アーチ橋。沖縄製糖宮古工場の隣なので、甘い香りが漂っていました。宿は、オフシーズンの東急宮古島リゾート。宮古島トライアスロンの起点となるホテル。
 広いバルコニーからの夕日。
 60km

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 青春18きっぷ、最終の 5回目は、空港第2ビル駅IN、大網駅OUT。2回目と同じ成田空港スタートなのは、千葉県営軽便鉄道(成田鉄道)多古線跡に行きそこねたため。
 「成田」1/50000、昭和12年発行。多古から八日市場へ伸長する前の多古駅は役場の近くにありました。
 右が車道になっている芝山からの千葉県営軽便鉄道廃線跡。凍結箇所が多く、かなり押すことになりました。
 バス停になっている住母家(すもげ)、五辻(いつじ)、飯笹(いいささ)。多古駅があった町役場ちかく。
 旧多古郵便局。千葉県最初の郵便局とのこと。二代目の建屋は昭和17年建造。正面には、テ(逓信省)をあしらった特性の陶板。
 総武本線横芝から九十九里浜の海岸へ。地形分類では砂州・砂丘や沼、旧水部。水田も湿田。微高地に住居、砂地はネギ畑。
 「成田山上陸地」は、字面は??ですが、平将門の乱を鎮めるため京都から船で運ばれた不動明王(成田山新勝寺の本尊)上陸した地。
 九十九里浜を南下。千葉県立蓮沼海浜公園の展望台。無料、エレ無し。
 展望台から北東方面。
 外房線と東金線の結合する大網駅周辺。大網駅と土気駅の間の谷戸田を横切る外房線。谷頭の稜線ルートから付け替えられた橋梁です。
 稜線に残る路盤跡。ここが廃棄された理由は如何に。
 現地では川廻しと思いましたが、土気城(とけじょう)跡の切通し。
 スイッチバック、短絡線改廃などで駅位置の変わった大網駅。1/50000「茂原」明治39年発行、平成20年発行、現在。
 75km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com