このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

小櫃川をボートで下る

2007年5月20日日曜日

 訳ありで自転車に乗れないので、小櫃川をインフレタブル・カヤックで下ることとした。田植えの季節だが、小櫃川の水量は豊かである。このボートは縦乗り2人用で溝の口のNさんと同乗する。
 出だしは好調。5月の陽射しは柔らかく、気持ちよい。流れは歩きより少し早い程度で、時速4~5キロか。自転車ならタンデムだが、技量,体力を鑑み交代で漕ぐ。堤防との比高は-5mくらい、川原が無く着岸が難しい。清流とは言い難いため「沈」は絶対避けたい。
 googleマップの航空写真では、数ヶ所、堰があり白波が立っている場所があり、如何に越えるかが問題である。一つ目の堰はコンクリートブロックで、底をすりながらも無事クリア。途中、右岸に小さな川原がありボートを引き上げ小休止する。。ここまでは、順調であった。このあたりの小櫃川は両岸に竹やぶや深い草地があり、全く人影を見ない。
 二つ目の堰に近づくと鋼矢板がむき身で刺さっている。あれよあれよと言う間に、船腹が横向きになり、そのまま転覆、深くて足が着かず、泳いで岸にボートを引く。もう終わりにしたいところだが、ここでは土手の上までボートが上げられず、気持ちを落ち着かせ再出発する。
 三つ目の堰もやはり鋼矢板。またもや沈没。もう、どーでも良くなってくる。もう一がんばりし、スタート地点と同じ左岸にやっと着岸地を見つけようやくフィニッシュ。4時間、2.9Km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com