このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 養老川中流から小櫃川中流へ山越えした後、上流部の林道を戻る。70Kmを越す河川の上流部を自転車で越えるという、穏やかな房総丘陵ならではのルート。林道を分け入っても、山が深くなる気配が感じられない。
 経路の小湊鉄道飯給(いたぶ)駅、JR久留里線上総松丘駅も風情がある。
(写真:上総亀山 大中 の川廻し地形)

三島ダム~久留里

2007年2月17日土曜日

 小糸川を遡り、築50年の三島ダム(君津市の近代化遺産)サイトで休憩。少し戻って、房総スカイラインの下をトンネルで抜け久留里へ。
 この街は古くからの小さな城下町で、自噴井戸がいたるところに設置されており、おいしい水が飲める。帰路は久留里大谷へ回り小櫃駅~かずさアカデミアから君津へ。

上総湊~保田~横根峠

2007年2月12日月曜日

 ダンプが多いのでできれば避けたいR127を保田まで南下。途中の佐貫からR465までは館山自動車道の側道を走る。R127に戻っての海岸沿いの道は、トンネルが狭くちょっと怖い。鋸山登山自動車道は自転車通行禁止。
 保田からの帰路は、長狭街道(県道34)を東へ向かい太平洋側への分水嶺である横根峠を越えたあと、県道182を志駒川に沿って下る。関尻でR465とぶつかり、少し迷った末、右へ折れ、清和経由で帰った。82Km。

 保田川沿いの市井原で見かけた小さな祠。日本的なアミニズムを感じさせる。伊勢神宮も最初は、こんなだったのかも。

小櫃川の田園地帯をポタリング

2007年2月11日日曜日




 小櫃川中・下流域の田園地帯を回る。帰路は矢那川ダム(このダムはロックフィルの遊水池で、通常は空っぽ。)を経て、空き地の目立つ請西の宅地造成地へ。途中、高倉観音へ寄り道、JR沿いでイベント列車のSL(D51)に遭遇。

 D51はUターンできないので、帰路のためにディーゼル機関車(たぶんDE10)を牽引している。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com