このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

善福寺カワセミ・ピプレット

2020年2月11日火曜日

 好天の休日、杉並区善福寺の「カワセミピプレット」へ。中央線西荻駅までの直走ルートを覚えた(白百合女子大周辺は、路地をたどるので複雑)ので、手頃なポタリングです。
 西荻からは、武蔵野市と杉並区の境界の道を東京女子大方面へ。
 昨年(2019年)オープンのカフェ・カワセミピプレット。
 「地理の会」 のSさんと地図、地理談義。ストラスブールの1/4000 地図。味わいがありますが古地図でなく1970年版。
 西荻まち歩きマップ2019。中央線沿線だけあって、良質でしゃれた地図。
 杉並區詳細圖。1949年。お店は八幡橋の袂。同潤会はアパートだけでなく、木造の分譲住宅も手掛けていました。
 帰路に通った暗渠の仲川遊歩道。
 36km

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 川崎探検隊の「早春の祇園寺、深大寺、青渭神社を行く」 に参加しました。出発地点の調布駅まで自走。スライド式自転車格納機器は有効。ラグビーW杯では、東京スタジアム(調布市西町)で 8試合が行われました。
 調布市は、水木しげる50年近く住んだ街。妖怪のオブジェが並ぶ天神通り商店街。いきなりの昼食は、アンヌ隊員の娘さんが営むアジタイ食堂。娘さんが出産直後なので、ご本人が出てきてくれました。若々しい。
 布多天神社(ふだてんじんしゃ)。式内社。菅原道真公を祀る以前から天神社と呼ばれていた稀な神社。
 深大寺(じんだいじ)は伝奈良時代創建なので、東京都では浅草の浅草寺に次ぐ古刹。
 深大寺は国分寺崖線の南向きの傾斜地に建ち、門前は谷戸田でした。(1/20000「下布田」明治42年製版) 地形図には水車記号。台地上のそば栽培と谷の湧水から、深大寺そばが生まれたらしい。
 けやきで有名な青渭神社から帰路に。虎狛(こはく)神社本殿は1683年の建立。覆われて見えませんが。祇園寺は、提示された予定経路と逆ルートとなったため、混乱して行けませんでした。再訪することにします。
 歩き 11km、自転車 22km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 地下鉄で六本木駅へ。六本木のスリ墓地、長耀寺。表通りからは見えないところ。
 六本木5丁目の駐車場だった開発現場。何か出たのでしょうか。
 午前は、麻布区民センターで今和泉隆行さんの講演「地図から見た麻布の魅力」 得意分野からは、ちょっと離れてるのかも。空想地図の話を聴きたい。
 講演の後は、単独で街歩き。麻布区民センターのお隣は東洋英和女学院。ヴォーリズ建築と思いましたが、"旧校舎の面影を残しつつ、1996年に最新の建築様式で建てられたもの" とのこと。
 港区麻布台、植木坂の横の渋い坂道。
 昭和初めに建てられた木造集合住宅「和朗フラット」の四号館。全部で3棟残っていました。
 大規模開発の始まった我善坊。昭和を感じさせた三年坂の手間で封鎖。スリバチ地形は二度と見られません。
 桜田通りの歩道橋からの我善坊。通りに面した小さなビルも一掃しているので見通しがききます。
 最後は、日比谷公園の日比谷図書文化館で今村仁美さんの精密模型など。作品は撮影禁止でした。
 歩き 7km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 気になる場所があり都内を歩きで探索。先ずは神楽坂。以前、台湾の知人を案内した際は、表通りだけを歩いたので、本当の神楽坂をチェック。次の来日を待とう。
 次いで、新宿区横寺町の古い民家。行ってみると、文化庁の登録有形文化財(建造物)でした。鈴木家住宅主屋:神楽坂地区の小路に建つ木造平屋建。切妻造妻入桟瓦葺で、正面に深い下屋を設ける。
 一水寮:神楽坂の裏通りに建つ昭和前期の大工寮。鑿、手斧の大工技法が格子や意匠梁の随所に見られる。
 家屋だけでは魅力が弱い。路地とのセットで保存して欲しい。
 矢来町の秋葉神社。狛犬の奉納は水道街と小日向。氏子は文京区の水道、小日向地区かも。
 箱根山。山手線内で一番標高が高い山(築山)、標高は44.6m。(東京時層地図)
 大規模都営団地、戸山ハイツの広場。元は湿地です。(東京時層地図)
 戸山からは南下し代々木。昭和戦前期は代々木駅から鳩森八幡神社へ続く通りが、千駄ヶ谷大通りと呼ばれ、いちばん賑わっていたらしい。
 内苑外苑連絡道。首都高の場所はかつての馬道。
創建時の明治神宮内外苑連絡図。
 北参道から明治神宮宝物殿へ。1921年(大正10年)竣工。初期の鉄筋コンクリート建築。国の重文。戦後の再建時には、宝物殿前広場に社殿建設用のトロッコ軌道がありました。(東京時層地図)
 社殿。1958年(昭和33年)竣工。
 明治神宮の敷地は江戸期は彦根井伊家の下屋敷で、維新後は代々木御料地。創建前は、杜はなく、畑、原っぱ、池沼でした。今年(2020年)は、鎮座百年記念事業が行われています。
 最後は渋谷へ。宮下公園は大工事中。2019年竣工の渋谷スクランブルスクエア。渋谷も変わり、不案内になりました。
 歩き 15km。

1/50000 「東京東北部」昭和7年発行
 境界協会の 「荒川区vs北区+旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場見学+足立区」 に参加しました。集合は田端駅北口改札に 12:00、山手線の駅ですが初めて下りるかも。総勢40名あまりでスタート。
 東京都北区東田端2丁目19番地あたり。鉄路川の中洲です。民家もあり滝野川第四小学校もあります。
<東京時層地図> 右回りに、明治終わり、関東地震直前、昭和戦前期、高度成長前夜。昭和戦前期(1940/3発行)の鉄路がスカスカなのは戦時改描か。
 線路に挟まれた隘路を抜けると中里貝塚。知りませんでした。1996年に発掘調査された縄文時代の認識を改める大規模貝塚で 2-4mの層、加工処理を行うための木道も設置されていました。
 昭和風地下道を抜け尾久駅(おくえき)へ。駅名はOKU、地名はOGU ですが、駅があるのは北区昭和町。尾久の地名が残るのは荒川区東尾久、西尾久。元々は、武蔵国豊島郡小具郷と呼ばれた広域地名のようです。
 北区の舗道柵。
 凝った意匠。入り組む区境。1つの家屋に謎ドア、謎はしご、謎階段。
 都電荒川車庫の転車台? 前後無用なのでスライド式に入れ替える。すべて1両編成なので、大混乱はしないもよう。
 荒川車庫前駅から荒川二丁目駅まで乗車し三河島水再生センター(東京都下水道局)を見学。
 国の重文(建造物) 「旧三河島汚水処分場喞筒場施設」 1924年(大正13年)開設。
 喞筒(ポンプ)場内部。ポンプは後の荏原製作所製。現状のポンプは、1964-73年に置き換えられた2-4代目。
 施設の歴史のみならず、鉄材や煉瓦の由来も詳しく説明していただきました。
 隅田川を渡り、千住青物市場「やっちゃ場」を経て、旧日光街道で解散。
 打ち上げへは行かず、前日に引き続き、急遽開催された夜のブラツバキで夜の千住を徘徊。1929年(昭和4年)に建てられた旧千住郵便局電話事務室は、聖橋, 日本武道館などを設計した山田守の設計。
 16.3km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com