このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 神奈川スリバチ学会「大雄山線に乗ってスリバチ探し」に参加しました。大雄山線小田原駅 12:00 集合。早めに行って、小田原駅周辺を散策。ラグビーワールドカップのオーストラリア代表は、小田原で事前キャンプを張りました。自転車集団は横国のサイクリングクラブ。学生数の少ない大学で、これだけのメンバーが集まっている。小田原城二の丸跡を抜け、集合場所へ。
 明治初めの「迅速測図」(第一軍管区地方1/20000迅速測図原図)
 天気予報は小雨。総勢18名、西武系の伊豆箱根鉄道大雄山線の1日乗車券を購入。大雄山線は最乗寺への参詣鉄道として1925年開業。1933年に箱根土地(国土計画~プリンスホテル)傘下に。
 井細田(いさいだ)駅で下車。専売公社引込線跡。
 1983/11/19 撮影の航空写真。4両編成の貨車が小田急足柄駅構内に停まっています。引込線は1984年に廃止、煙草工場も2011年に操業を終えています。
 久野諏訪ノ原丘陵から五百羅漢。西からの尾根筋には100基を越える久野古墳群。18世紀に35年かけ兄弟で彫った羅漢は526体。顔の表情に加え多種多様な衣装は、制作過程の想像がつきません。鑑賞無料、撮影不可。
 大雄山線は3両編成。参詣鉄道として生まれましたが、今では市街地が広がり12分間隔で運行される優良路線です。
 マンション併設の五百羅漢駅から終点の大雄山駅へ。山間の大雄山最乗寺まではバス10分。3.2km、270mの上りです。我々は、1.1km、70mの仁王門まで。
 1/50000 「小田原」1936年発行。南東から北西(足柄峠方面)に延びるのは矢倉沢往還。セルロイド工場(大日本セルロイド)は現:富士フィルム事業所。
 清左衛門地獄池は箱根外輪山からの湧水で、中の島には厳島神社。池の畔には弁財天。この湧水が工場進出の決め手になりました。
 地獄池の東には極楽寺。鐘楼の柱の彫り物が素晴らしい。熊野神社、足型社(頼朝の愛馬の足跡)、七ツ石(曽我兄弟の投げた石)を経て、和田河原駅から小田原駅へ戻り解散。
 小雨の中、10kmくらい。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 台風19号による記録的豪雨。昨夜多摩川が二子玉川で氾濫(堤防決壊ではない)した箇所がご近所なので、様子見に行ってきました。
 いつも走るのは二子橋ですが、自転車禁止の新二子橋の歩道から、下流側。
 二子橋と兵庫島(0:15)
 上流側。
 次いで、横浜国際競技場へ。昨日は、氾濫危険水位が長く続いた鶴見川。今は平穏です。
 横浜国際競技場は、鶴見川の氾濫域につくられたため、スタジアムの周りと1Fは遊水地となる基本設計です。
 遊水地。洪水ではありません。
 開催が危ぶまれたラグビー・ワールドカップ 日本 vs スコットランド。試合当日の今日、開催が決定しました。
 39.6km

世田谷区たまがわ花火大会

2019年10月5日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 2018年から秋開催になった世田谷区たまがわ花火大会。同時刻に川崎市側の多摩川花火大会も行われます。混雜の少なそうな崎市高津区久地(世田谷区打ち上げ場所の正面)から見ました。
 動画(1:09)
15km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 新宿歴史博物館で行われている「近代測量150年 測量×地図展」へ。小さな博物館。写真撮影可能なのは良いが、だいたい知っていることでした。
 夢の21世紀が、実現した事例。
 常設展。
 荒木町のスリバチ地形を復習したあと、新宿区若葉町(旧:鮫河橋谷町)を南下。台地の寺院群に挟まれた谷筋の住宅密集地だったところ。右は明治43年(1910年)発行の1/10000。
 「君の名は。」の聖地、須賀神社の階段下の通りです。
 総武線のガードをくぐり、権田原から神宮外苑へ。竣工間近の国立競技場。
 威圧感はありません。おとなし過ぎ。ザハさんのを見たかった。
 実際は、フェンス越しの撮影です。
 向かいには、JOC本部のあるオリンピック・スクエア。
 明治神宮 一の鳥居。大勢いるのは、ラグビーWC参加国の旅客か。
 宇田川跡を下り、最後はNHK BSプレミアムで放送された "TOKYOディープ" のTプロデューサーと地図談義。
 10.8km、歩き。

赤色立体地図

2019年9月29日日曜日

赤色立体地図サイトへ
 日本地図学会アウトリーチ専門部会の「地図塾」第13回 「立体地形を見るには赤色に限る」 に参加しました。場所は地図の聖地、日本橋武揚堂。ゲストスピーカーは、赤色立体地図の発明者、アジア航測の千葉さん。前日も、多摩武蔵野スリバチ学会でお会いしています。
 地理院地図にも標準整備されている赤色立体地図。日本全国、見ることができます。
 透過性を自由に調整し、地理院地図と重ね合わすことも可能。
・航空レーザ計測で、地表の高さを正確に測れるようになった。葉っぱの隙間から地表を測定。お茶畑、クマザサは苦手。+-15cmの誤差。
・明るさ(稜線では足下からも、谷では狭まる自然光)を算定して尾根、谷を描写する。
・縮尺、見る向きにかかわらず、傾斜を表現できる。
・赤色の濃淡色別は人類が得意とする。(肉やマグロの鮮度判断は、生死につながる?) 印刷も簡便。
・等高線では、劇的に精度を増した計測値を表現できない。
・微地形の可視化も可能に。放牧地の川跡。
・中世の山城もいくつか発見されました。
 国際的にも注視されている赤色立体地図ですが、なんと言っても千葉先生は話が面白い。2時間があっという間でした。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 スリバチ学会系のフィールドワークに初めて参加したのは、2015/12/12 多摩武蔵野スリバチ学会(TMS)の「多摩丘陵の谷戸と古道」です。facebookでのつながりをベースとした緩やかな集まりとの認識でしたが、既に常連さんが多く戸惑った記憶があります。名所旧跡を巡る街歩きとは一線を画す、地形オリエンテッドなルート設定に、すっかりハマってしまいました。真貝会長、和田副会長のぶれないスタイルには、東京スリバチ学会(皆川会長)などと共に、ひとつのジャンルを確立させた力を感じます。
 仙川まで自走し会場の「スタジオゆるり」へ。参加者は50名あまり。5周年記念の今回は、フィールドワーク+講演の2本立てです。
 甲州街道をまたぐ谷戸田と水路。現在の地形図だと、住宅地散歩。
 1909年(明治42年)の地形図だと、三鷹村、神代村の入り組んだ谷戸田。高低差を突っ切る甲州街道滝坂道。通年通水箇所には水車。地図からは読み取れませんが、水利権の絡む用水と自然河川が輻輳しています。
 台地の間は田んぼ。
 たぶん、左の土手上が用水、歩くのは暗渠となった河川。
 絡み合う水路と境界。把握できない、復習の要あり。
 第2部は、千葉さん、本田さんの講演。先ずは、赤色立体地図の千葉さん。なにげに、その道の第一人者が参加しているスリバチ学会。千葉さんは、赤色を封じ手に 2014/6/24 の調布・三鷹の降雹災害のお話。赤色立体地図は、日本平夢テラス(2019/7)、洞爺湖有珠山ジオパーク(2017/6)で撮影したもの。赤色立体地図のお話は明日の日本地図学会で伺うことにしましょう。
 次いで、暗渠の第一人者本田創さん。アメリカ音楽にも造詣が深い本田さんですが、フィールドワークに合わせた川のお話。千葉さん、本田さんともTMSのフィールドワークにも参加されているので、和気あいあいの講演です。
 第3部。5周年おめでとう。日本代表も華を添えてくれました。
 22km + 歩き 6.9km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com