このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 「ブラツバキVol.10 旧東海道を歩く 品川から大森・羽田~京急と共に」 に参加しました。集合は 10時に京急の北品川駅。大井町線の大井町駅から歩いて合流しました。総勢30名あまり。主催の椿さんの持札、旧三業地がメインです。
 台風15号の強風の跡が残る東海道線沿いに歩くと、碑文谷ガード。品川から碑文谷への道があったらしい。目黒川を渡り、日本地理学会で毎年発表している品川女子学院の脇を抜けると北品川駅。
 椿さんプロみたい。映画 『幕末太陽傳』 の舞台はこのあたり。色街テーマだと女子が多いのは気のせいか。
 鯨塚から、御殿山下台場跡、正和稲荷大明神。
 電柱の番札に残る三業地の痕跡。芸妓屋(置屋)+料理屋の営業許可地区は二業地、+待合で三業地。
 荏原神社。社殿は弘化元年(1844年)建造。氏子区域は、東品川、南品川など。
 目黒川右岸にあった荏原神社は、川の付替えで左岸に変わりましたが氏子は右岸。
 京急に乗り新馬場駅から立会川駅へ移動。東京湾に面した風光明媚な大井三業地。料亭はマンションに変わりました。地図下部、東西に延びるのは大森駅からの大森支線。品川駅までの延伸前は京急の東海道線への連絡線。1937年(昭和12年)廃止。
 昼食はいすゞ自動車の工場だった大森ベルポート。ベルは "鈴" から。取り壊された料亭の奥に姿を表した古い家屋。磐井神社の摂社、海豊稲荷神社の玉垣? には多くの料亭が。
 再度京急に乗り穴守稲荷駅。鈴木新田の潮除守護神として江戸期に勧請。1945年、GHQによる羽田空港拡張のため強制退去。
 多摩川左岸、昔の羽田猟師町。五十間鼻無縁仏堂、玉川弁財天、水神社。漁師町は、祀られる神様が多い。レンガ造りの堤防。弱々しいですが、埋まっている根っこ部分は広がっているようです。大師橋の親柱が残る羽田の渡しで、反省会へ向かうみなさんから離脱。
 日没間際に西の空が晴れる。川崎駅までの土手道は殊のほか長かった。
 歩き 16.9km (ブラツバキ前後を含む)

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 雨。気温が下がったのはありがたいですが、しっかり降ってます。先ずは新宮城跡へ。紀勢本線は、城跡をトンネルで抜けています。
 熊野川。対岸は三重県。
 新宮城の「水の手」跡。熊野川に面した船着き場です。
 熊野速玉大社。半数以上が欧米人。アメリカ(カップル)、フィンランド(6人グループ)とお話しましたが、みなさん、よく知ってる。
 神倉神社。熊野速玉大社の摂社ですが熊野三山では最も古い聖地で、御神体はゴトビキ岩。熊野速玉大社が新宮と呼ばれるのは、神倉神社に対する新宮社という位置づけです。
 自然石の石段は滑りやすく、帰路下れるのを確認しながら上りました。
 春日から緑ヶ丘。今は平坦地ですが土地の成り立ちが「山地」のエリアは、中上健次が描いたあたり。 「大逆事件と新宮の文学散歩」などの街歩きコースも設定されています。
 1/50000「新宮」大正10年発行。
 1/50000「新宮」昭和22年発行、「阿田和」昭和22年発行。
 鉄道路線だったと思われる道。
 廃線探索は、雨でわらわら。不完全に終わりました。
 大阪方面のJRは運休。熊野市まで走り、花窟神社に立ち寄る計画でしたが、予定より早い特急「南紀」で名古屋経由帰宅しました。
 12km。

十津川~新宮

2019年9月12日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 前日、暑さで見送った熊野古道小辺路(こへち)の、果無(はてなし)集落へ登坂。
 無人だったので、自転車を担いで記念撮影。
 稜線をたどる熊野参詣道。現代の考えでは厳しい山道ですが、明治始めまでは川沿いに道がなく、集落も山上の平坦地にありました。参詣道は山村のメインストリートです。
 R168 に戻り山腹からの二津野ダム。1962年竣工、堤高 76m。導水路トンネル開削工事では、23名が死亡する爆発事故が起きました。
 国道の改修は桟道型式で。
 和歌山県に入ると、山中と思えないほど河原が広くなります。竹やぶが無いので、川と山のコントラストが鮮明です。
 中洲にあったころの熊野本宮の場所に再興した大鳥居。
 熊野坐(くまのにます)神社旧社、「大斎原」(おおゆのはら)の絵図。1889年(明治22年)の大水害までは中洲にありました。
 熊野本宮大社。八咫烏のサッカー守りの初穂料は1000円。
 熊野ブルー。
 ハノイのロンビエン橋を思わすトラス橋。
 名勝地と思えるんだが案内なし。熊野ではありふれた風景なのだろうか。
 河口まで5kmあまり。新宮市街の直前で最後の蛇行。
 旧道のトンネルを抜け新宮市街へ。宿は駅前のホテル美郷。この日も暑い一日でしたが、夜はにわかに強い雨。
 64km。

十津川村「歴史民俗資料館」

2019年9月11日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 武蔵から木馬道だった車道を下り「歴史民俗資料館」へ。村役場の向かい、十津川屈曲部の台地に建っています。解説もしてくれました。
 この手の資料館は広告代理店の雛形に沿ったものが多いですが、十津川はその枠に収まりません。壬申の乱、南朝、幕末の天誅組、明治の大水害、熊野古道等々。神話時代を含めれば神武東征も八咫烏に導かれ、この辺を通った由。
 資料館のお隣にある十津川護国神社。幕末動乱期の戦没者数が、日清日露の合算の2.5倍。満州開拓団でも大勢亡くなっています。明治大水害後の北海道移住も屯田兵的な考えも強かったようです。
 陸軍皇道派の荒木貞夫大将(陸軍大臣、文部大臣)は、A級戦犯釈放後の1967年、講演で訪れた際に十津川荘で亡くなっています。
 昭和20年代まで村役場のあった小森集落は、正面の稜線あたり。
 今日の行程は、近場の十津川温泉(大字平谷)。玉置神社の裾を巻くルートですが、比高850mの上りは、計画時にあきらめました。
 宿は二食付きの十津川山水。広い露天風呂がありました。夕食のメインは鮎。一人客を受け入れる日本旅館はもっと増えないと、今後増々厳しくなるのでは。
 21km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com