このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

 三島湖のそばの怒田沢(ぬたざわ)から法ノ木までの高宕林道は、3.9Kmの間にトンネルが9つある。素掘りトンネルにも驚かなくなったが、これだけ集中している場所も珍しいので行ってみることにした。今季、初のTシャツ、短パンである。
 集落の規模から不釣合いなほど大きな三島神社を経て怒田沢へ入る。峠を抜けると高宕山のサル生息地だが、いきなり民家のそばに親子らしき数匹がたむろしている。稜線の向こう側の豊岡には自然動物園があり、昭和風の施設で野生ザルの餌付けをしているが、近年は増えすぎて猿害も多いようだ。
 集落を抜け林道に入るが、舗装路でありクロスバイクで問題ない。2つ目のトンネル入り口の案内では、途中に崩落個所があるとのこと。歩きだと越せそうなのでそのまま走る。
 6つ目のトンネルが峠にあたり下りになった後、高宕大滝との分岐部分の崩落地点は担ぎで越える。結構、派手に崩れています。その後は荒れたダートになり、パンクを恐れて半分は押しで進む。路面が良くなり乗り始めたとたん、またもや崩落個所である。車もモーターサイクルも全く会わないわけだ。
 2個所とも大きな崩落なので、当分開通はなさそう。この間は、人と自転車以外は乗り入れ不能なのでサンクチュアリ状態である。最後の高宕1号隧道は、コンクリート製。ここから舗装路となり粟倉方面へ気持ちよく走る。一番いい季節のサイクリングだが、トンネルより崩壊がポイントの日だった。MTB向けでした。

 君津からの往復で 50Km。
 

2 コメント

  1. 匿名 Says:
  2. ご無沙汰です^^今回も凄い場所走行されてますね、この崩落なら確かにバイクは諦めですが自転車は担ぎで抜けられるのですね、「なるほど」と思いました。
    私もちょっと重いMTBあるのですが真似したくなりました^^

     
  3. taka Says:
  4. どうも天候がぱっとしませんね。ときどきブログ見ています。
     それにしても、「休日は、電波の届かないところでのんびり」でなく、「電波の良く届くところを目指す」んだもんなー。
     明日は、ナチュラムで買ったバーナーの初使用です。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com