このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

ホーチミン市の廃線跡

2013年2月18日月曜日

 1962年のサイゴン 1/12500 地形図を見ると、サイゴン駅からベンタイン市場へ鉄路が伸びていたことがわかります。地形図の裏面にある「建物ガイド」によると、現サイゴン駅は "Freight Station"(貨物駅)で、ベンタイン市場前にあったのが "Railway Station" となっていますので、旅客駅は市中心部の市場前にあったことが読み取れます。
 iPhoneアプリの DIY GPS へ取り込んで、廃線跡を探索してみることにします。
 ベンタイン市場前のロータリー。手作業で合わせた緯度経度は、概ね正確なようです。

 ロータリーを回ると、前方に細長い公園が見えてきます。駅の遺構は見つかりませんでしたが、ここが昔のサイゴン駅です。

 "いかにも" な道が分岐しているので、現在地を確かめるとドンピシャです。鉄路は道路と並走していたので、細長く続く平屋の商店が廃線跡と考えて間違いないでしょう。

 商店の奥行きも、複線の鉄路跡を物語っています。

 7叉路のロータリーを突っ切っります。このあたりは道路と並走していないので、前方の路地が廃線跡です。
 余談ですが、モーターバイクの洪水の中を走るのは全くもって安全です。ロータリーでの交錯を 1:N(自分とバイク群) と考えると難しそうですが、実際は全て 1:1 の関係です。
 前を横切るのか/後ろを横切るのか、を疎通(以心伝心?)すれば問題ありません。

 ほどなくサイゴン駅 "GA SAIGON" に到着。何となく、貨物駅っぽい気がしてきます。

 他の市内散策と合わせ 31.0km (2013/1/10)

1 Responses to ホーチミン市の廃線跡

  1. nana_nana Says:
  2. お疲れ様でした!
    楽しく読ませてもらいました。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com