このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 野良スリバチ発祥の地の再訪。私は初参加です。
 牛込台地、驚きの連続。見知っている街も、ビルに隠れた裏道に入ると別の顔を持っていました。
 復興局土木部編「東京市高低図」1925年(大正14年)にルート全体を重ねたもの。土地本来の高低差が明瞭です。
 市ヶ谷駅 12:50 集合。今日の先達、長身痩躯のDさんの下、総勢40名あまりでスタートします。
 地図は明治初めにつくられた、五千分一東京図測量原図。
 先ずは、市谷亀岡八幡宮への石段を上ります。ここには、内務省地理寮が明治8年ごろに置いた几号水準点があります。何故か神社の水鉢が上に置かれていますが、新宿区教育委員会の案内板には「設置当初の場所に位置する希少な几号水準点で、保存状態も良好である」と書かれています。
 本殿の裏に抜け道が。接しているのは防衛省の敷地。「陸軍用地」「陸軍省所轄」の境界石、+たぶん石に戻った旧墓石。
 路地を抜けると視界が開け、長延寺があった崖下には都営長延寺アパート。まさか、ここに崖があるとは。
 明治初めまでは谷戸田だった市谷鷹匠町から市谷砂土原1丁目。この谷は、大日本印刷のショバ。再開発中です。
 納戸町の工事現場。何か出てきちゃったみたいです。
 <浄瑠璃坂から袖摺坂>
 浄瑠璃坂を下り、鰻坂を上った先には、国の重文、旧馬場家牛込邸。最高裁判所長官公邸を経て現在は補修中です。逢坂を下ると坂倉準三設計のアンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)。
2018/9に、ここで開かれた 坂倉準三展はこちら。
 一旦外堀に出た後、庾嶺坂(ゆれいざか)を上り神楽坂若宮八幡神社。
カーブを描く新坂は古い地図にありません。崖を斜めに開削した勾配の緩やかな車両用の坂です。都電の走っていた大久保通りは狭い谷で、地下には都営大江戸線牛込神楽坂駅。すぐに袖摺坂を上り横寺町。
 <袖摺坂から瓢箪坂>
 木造住居が残る新宿区横寺町、路地の奥には尾崎紅葉旧居跡。矢来町から早稲田通りを渡ると赤城下町。銭湯のある昭和の町。
 赤城下町の狭い路地を入ると傾斜を利用した "あかぎ児童遊園" 。こういう場所を逃さないのがスリバチ流。
 赤城神社への坂を上り赤城元町。明治初めに拝殿のあった場所は、神社経営の "あかぎカフェ" の入るパークコート神楽坂に?。赤城小学跡地には都の教育庁舎と生涯学習館。役所は土地を手放しません。
 <瓢箪坂から軽子坂>
 瓢箪坂を下り、御殿坂を上ると筑土八幡神社。境内には神楽坂の料亭の寄進名が並んでいます。
 神楽坂核心部。初めて歩きました。8月に台湾からAndorewが来た時のリクエストが神楽坂。表通りだけ案内しましたが、ガイド失格だったようです。
 最後は、軽子坂を下り、舟運時代の牛込揚場、飯田橋駅で解散。
 歩き 7.4km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com