このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

大きな地図を見る
 青春18きっぷ、4回目。新型コロナでベトナムへの帰国ができない雨ダス佐藤さんと、山梨フルーツラインを登坂。山梨市駅 11:26 到着。佐藤さんはブリヂストンのDURA-ACE のホイールを履いたロードで、今日は DAHON K3 と交換して走ります。
 山梨県ベトナム観光大使の佐藤さんの案内で、昼食は旬菜庭宴 和ごころ。
 古民家を改修した和食レストラン。オーナーの祖父母の時代の建屋とのこと。
 盆地を巻く山肌を登坂。八嶽山神社のしだれ桜。
 ももの花。山梨市の名産。桃は手のかかる果物で、この日も花粉付け作業を見かけました。
 佐藤さん速い。機材が違うので、いい勝負かと思っていましたが、付いて行くのが精いっぱい。
 甲府盆地から富士は見えませんが、標高500mを越すと姿を現してきます。
 兄川が山に入る水口集落。首地蔵から奥は、山の民が住む領域です・・。
 甲斐武田氏の菩提寺、恵林寺(えりんじ)
 恵林寺三門。織田信忠による焼き討ちの際、住職(武田家の政務顧問)快川紹喜の発した「心頭を滅却すれば火も自ら涼し」で有名ですが、これは後世の脚色のよう。
 ソメイヨシノは散りはじめ。花筏。
 ゴールは塩山駅。翌日(4/7)には、緊急事態宣言。これからしばらくは輪行もお預けです。生き残ったら、ハノイで再会しましょう。
 32km。

1/50000「八日市場」(1944年)
 青春18きっぷ、3回目。武蔵小杉駅まで自走し 5:51 の成田空港行きを千葉駅で乗り換え、総武本線八日市場駅 9:43 からスタート。
 椿海は、江戸初期(1670年ごろ)から新田開発が始まり、1695年の検地では「干潟8万石」18ヶ村の規模になりました。ただし、水が溜まり易い地域。干拓地に浮かぶ椿大明神。
 西側から縁に沿って周っていきます。道を尋ねた地元の人に大原幽学記念館を勧められましたが、時間の関係でパス。椿海干拓に特化した動画もあるようなので、次回に。
 椿海中央の微高地だったあたり。干潟大神。
 北岸の関戸大神。拝殿を柵で囲んでいる特異な様式が多い。
 関戸大神。明治39年の奉納図。当時に描かれたものだとすると、非常に保存状態がよい。羽織に蝙蝠、豊かな村。
 干拓地の先端部(入り江の奥)には、多数の溜池があります。兼田貯水池。
 椿海を後に、利根川を目指します。1/50000 「八日市場」「銚子」1947年発行。
 大きな鳥居に惹かれ、猿田神社へ。猿田は地名。
 集落の規模からは想像できない壮麗な猿田神社。猿田彦じゃないよ。
 参道をくぐる総武本線。
 利根川に出て、利根かもめ大橋。茨城側までは行かず。
 成田線椎柴(しいしば)駅から輪行。優美な駅名ですが。列車は1時間に一本。ほとんどJR四国。
 60km + 武蔵小杉側往復 20km。

宮古島 動画 2020.1

2020年4月1日水曜日

(1:41)
 メインPC のWindows10 への移行により、MSムービーメーカーが使用できなくなるので、Adobe Elements のバンドル版を購入しました。 Premiere での練習動画「宮古島」 機能は同等ですが、操作の習熟が待たれます。BGMが行先と異なるのはご愛敬。

大きな地図を見る
 青春18きっぷ、2回目。有効期限は4/10 までなので、もう追い込まれた感じです。7:27 沼津駅着で、まずは東海道線の建設資材運搬用として開設された貨物線、通称 沼津港線(蛇松線)跡。1974年に廃線となりました。
「NUMAZU」 1/12500 米陸軍 1945年。
 沼津通運倉庫の建屋を抜け、廃線跡の蛇松緑道を進むと狩野川。ここから鉄道資材を陸揚げしたようです。
 沼津市場で朝食。沼津港展望水門「びゅうお」は、オープン前で入れません。
 1969年(昭和44年)に沼津市に無償貸与された沼津御用邸、東附属邸。
 南下を続けると、1951年着工、1965年に完成した狩野川放水路の出口。狩野川台風(1958年、死者・行方不明:1269名)には間に合いませんでした。
 北条氏の水軍根拠地だった長浜城。1580年には、武田・北条の水軍による駿河湾海戦が勃発。
 北条水軍の安宅船の原寸。全長24.3m、全幅9.7m。
 津波タワー。通常、緊急時に蹴破って入る仕組みなので、初めて上りました。展望台と違って柵が高い。昼食は、特産の寿太郎温州(じゅたろううんしゅう)。大瀬崎(おおせざき)の神社入り口。
 砂嘴の先端に灯台、池、神社。
 大瀬崎 神池。何と淡水池。潮汐に連動して水位が変わるとか。舐めませんでしたが、鯉がたくさん泳いでいました。
 大瀬神社の御神木、樹齢1500年のビャクシン。
 延喜式内社の大瀬神社。
 彫りが尋常でありません。
 帰路は、内浦三津(みと)から山中に入り、旧三津坂隧道。明治29年竣工。通行止め。「しろばんば」(井上靖)「斜陽」(太宰治)に出てくるとのこと。
 伊豆半島中央部、狩野川放水路の取り入れ口。増水時だけ越流堤から水が流れます。
 最後は、韮山反射炉から北上し、蛭ヶ小島から三島駅へ。
 74km。

渡良瀬遊水地

2020年3月24日火曜日

 鳥瞰動画(1:08)
 足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた日本最大の遊水池である。現在では鉱毒は減少し、主に治水と利水のための地域になっている。ただし、減少したのは上流から新たに流れてくる鉱毒の量であって、遊水地の土壌には2010年現在でも銅などの鉱毒物質が多く含まれている。
 1906年、栃木県谷中村全域が強制買収、廃村。
 第1調整池は1970年、第2調整池は1972年、第3調整池は1997年完成。第1調整池内に1989年、第1貯水池である渡良瀬貯水池(谷中湖)が造成された。(Wikipedia より)
 1/50000「古河」明治42.12.28発行(1909年)
 1/50000「古河」昭和15.12.28発行(1940年)

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 年に一度のヨシ焼き。イベント的な催しは中止となりましたが、ヨシ焼き自体は環境保全上(多様な植物の芽生え支援、ヤナギなどの樹林化防止)行われます。
 往路は、南栗橋駅で東武日光線に乗り換え柳生駅(7:34)からスタート。まずは、三県境(埼玉県、群馬県、栃木県)
 遊水地の土手を走り、カメラマンが集まっている辺りで 8:30 の火入れを待ちます。
 昨秋の台風で水没したので、今年は燃え方が弱いとのこと。
 今日は、遊水地の内側は進入禁止なので、右回りに土手を走ることにします。
 至る所で火を入れるので、一周すると何度も見られます。
 カスリーン台風、決壊口の碑。
 延々と続く菜の花畑。
 渡良瀬川支流の思川、河川敷。水没の痕跡がずいぶん高い位置にあります。
 野木町ホフマン窯。国の重文です。
 1888年(明治21年)下野煉化製造会社創立。現存する東窯は1890年に完成投火。
 今日、4県目の茨城県。
 雀神社。旧古河町の総鎮守。1605年造営。拝殿から左右に屋根付き橋が伸びる珍しい造作。
 古河公方足利成氏から続き、江戸初期に城郭の完成した古河城。1910年(明治43年)に始まった渡良瀬川改修工事により河川敷になりました。
 渡良瀬川の三国橋、新三国橋。利根川との合流地点を経て東北本線利根川橋梁。R4(日光街道)の利根川橋を渡り、南栗橋駅から輪行。
 42km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com