このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

鋸山に登る

2008年3月16日日曜日

 鹿野山で遭遇した無線系の「ONよりOFF」さんに教えてもらったルートで鋸山に登ることにした。林道で稜線まで登り、最後は歩きで山頂の一等三角点を目指す。
 富津金谷ICの手前から金谷元名林道に入る。取り付きは急登だが、舗装が終わったあたりからは傾斜はゆるくなる。稜線をうねうね進み、程なく竹岡林道とのT字路に到着。
 ここを右折して、次は登山道入り口を目指す。見落とさないように注意深く走っていると、けっこう大きな案内図が現れ、登山道との分岐が「林道口」と言う地名(場所名)だと判る。金谷元名林道の途中に「←金谷/林道口→」という案内標があり、意味が判らず返って不安になっていたのだ。(機種依存文字は、左矢印と右矢印です。)
 登山道に入ってすぐにMTBをデポし、あとは気持ちのいい稜線を歩く。山頂に祠が無いせいか(低山だと普通は無いな)、一等三角点が、代役を務めているようだ。
 山頂からの眺望は北面のみだが、少し西の電波塔から南面を望めたので満足して引き返す。
 帰路は竹岡林道をR127まで下る。この道は荒れている。林道の最後には、房総名物素掘りトンネルがあるが、ここまで狭いのは初めてだ。軽4限定ですね。

 楽しみにしていた「梅之家」は、行列が半端でなく断念。結局、君津の「四馬路」で大四馬路ラーメンを食べる。

<MTBのタイヤ>
 MARIN PINE MOUNTAINのタイヤは3代目のMICHELIN Country rock 26X1.75 で、実は街ち乗り車です。初代はたぶんIRC、2代目は松下のTimbukⅡ 26X2.00で、共にオフ専用だったが、房総丘陵へ引っ越してからは通勤兼用となったため舗装路重視になってしまった。今日のような荒れた林道では、何もできない。


 71Km。歩きは 2.8Km。


1 Responses to 鋸山に登る

  1. 匿名 Says:
  2. 今日は、PCをUPして頂いて有難うございました。このブログは、とても楽しいブロク゛ですね。私は清和県民の森から千倉方向にかけて時々ドライブしています。多分時々見かけていると思います。今後も時々、このブログをたずねます。またね。

    http://www.geocities.jp/e72_26benissimo_2001jp/index.htm

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com