このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

鹿野山縦断

2008年3月22日土曜日

 2月に東西に横断した鹿野山塊を、今度は南北に縦断することにした。馬登(まのぼり)の集落を抜け、本格的な登りに入るが、例によって位置が怪しくなってくる。途中にある、逆崩(さかさくずれ)と言う地名(地形)を確認したかったが、君津市、富津市境の案内で現在位置が判明した時には、すでに通り過ぎた後だった。
 地理院の測地観測所横で県道93号に出た後、国民宿舎跡から鳥居岬への山道に入る。緩い下りで乗車率は80%くらい。

 鳥居岬は江戸期の景勝地で初代歌川広重の浮世絵に描かれている。現地へたどり着いたが、景勝地だったころの痕跡は見つけられなかった。



「不二三十六景 上総鹿埜山鳥居崎」
 初代 歌川広重

 その後、放棄された別荘地らしき中に迷い込み、また位置がわからなくなった。散々迷ったあげく264.7mピークへの山道を見つけるも、途中で道が無くなる。進むには、ノコギリとナタが必要だ。
 予定の下降道を降りられないので林道鹿野山線に変更するが、この道は非常に気持ちよく走れる。高度を徐々に下げるので、稼いだ位置エネルギーを無駄なく使えるのだ。九十九谷をかすめるように走り、最後は毎度のR465で帰路につく。

上総博物館 鹿野山の浮世絵

 46Kmくらい。
 

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com