このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

撫養航路(徳島-鳴門)

2009年5月31日日曜日

 明治25(1892)年から、高徳本線の全線開通までの50年あまり、徳島-鳴門は、内航航路で結ばれていた。
 
 観光と利水事業のPRのため、毎日曜に往復4時間の航路を、無料(保険料100円)で乗船できる。

 予約は満杯状態なので、予約が取れた日に合わせた徳島行きとなった。

(左は、i-phone/GPSでロギングした iTrail のログ)

 出発は徳島市中心部の両国橋。10人乗りの小型船で、新町川を遡行します。街を抜け、新町樋門から吉野川本流に出ます。

 川幅1Kmの吉野川は迫力満点です。前方は昭和3(1928)年竣工の吉野川橋。右手に眉山を望み、R11の吉野川大橋の手前で対岸に近づきます。


 榎瀬川樋門から榎瀬江湖川に入ります。

 その後、今切川、旧吉野川、撫養川を経て、鳴門駅近くの文明橋を目指します。



 往復で3ヶ所の閘門(lock)があります。

 閘室(こうしつ)に入った後、後方の水門を閉めます。次いで、前方の水門を開け、水位を合わせた後、運航を再開します。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com