このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

台湾ツーリング 宿泊編

2011年3月26日土曜日

<第1日:圓山大飯店>
 HISのネットで事前予約しました。2009年にも泊っているので定宿か?(笑) かつては、台北No1のグレードを誇り国賓も泊っていましたが、現在は外資系の後塵を拝しています。わたしが泊ったのは、最も安い窓なし部屋ですが今ツアーの最高値です。とはいえ、東横インの1.5倍くらいなので、国内旅行と比べれば圧倒的な割安感があります。日本語OKです。
 パブリックスペースでのマナーに難ありといわれる大陸からの団体客が多くいましたが、マナーよかったです。これって、ホテルの風格のなせる技かも知れません。
<第2日:戀館民宿>
 ここも2009年に続いて2回目ですが、今回も予約なしの飛び込みです。建物の右端部分が民宿です。
 前回は台湾初の民宿で戸惑いましたが今回は余裕。stay や breakfast も通じませんが、織り込み済みです。
 ここの、おばちゃんは、ひどくつっけんどんですが、妙に愛嬌があるのは、一昨年と変わりません。今回も、ついて来いという仕草ですたすた歩いて行くので、訳も分からず着いて行くと、隣の雑貨屋のおじいさんが日本語が話せ謎が解けました。円換算2000円以下で、今回の最安値です。
 客はわたしだけで、夕食は本来おばちゃんの分だったのかも知れません。わかめスープとちりめんじゃこがうまい。180円くらい。
<第3日:玉露茶驛棧>
 お茶の名産地である玉露の旅館。ほんの少し英語が通じました。シーズンオフの平日なので、ここも客はわたしだけでした。二食込みで4000円くらい。茶葉を使った料理がことのほかうまく、夕食、朝食とも申し分ありません。客が一人なのに、手抜きすることなく丁寧に料理を作ってくてました。
<第4日:北横之星>
 この日は省道7号線のアップダウンでバテバテ。15時ごろから宿探しモードに入り、最初に見つけたこの宿に転がり込みました。夕食は、下の町で食べてねと言うのを、頼み込んで作ってもらいました。宿のお姉さんが、「じゃ、あたしが作るのでいい?」とのことだったので期待していませんでしたが、これがまたうまい。二食込みで4000円くらい。山の中なのに、英語が通じました。
<第5日:石門客棧>
 いちご園や温泉が多いので安心して走っていると、宿が見当たらなくなってきました。17時を過ぎ、ピンチです。看板を頼りに省道1号線からそれ、500m走った高台でようやく確保できました。レストランに併設した、眺めの良いコテージです。大きな施設ですが、お母さんと4人兄弟で切り盛りしてます。子供たちがテキパキと働くので、好感が持てます。
 妹が英語がほんの少し、お兄さんが日本語独学中で、少しできます。夕食は、本格的な東坡肉(トンポーロー)でした。 二食込みで4000円くらい。
<第6~8日:中科大飯店>
 TOPEAKのAndrewに押さえてもらった、高級ビジネスホテル。
 スタンダードツインのはずが満室で、前室付きのスイートです。5日ぶりにネットが使えました。朝食バイキング(50品目以上)付きで、6000円くらい。日本語OKです。
 スイートの客と思われた(?)ためか、おもてなしも上級でした。

<第9日:雅荘商務旅館>
 台湾都市部に多いラブホ風商人宿。ちょっと高い気がしましたが、この日は2軒断られたので、まー良し。素泊まりで、5000円くらい。少し英語通じました。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com