このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 「かんぽの宿鴨川」のサイクルツーリズム・モニターに当選したので、梅雨の晴れ間を突いて外房へ。浮島BTまで自走の後、アクアライン区間はバス輪行、袖ヶ浦BTから鴨川を目指します。
 寄り道は富津の内裏塚古墳群。あまり知られていませんが、墳丘長144m の前方後円墳「内裏塚古墳」、122m の「三条塚古墳」など、16基の古墳が現存しています。
 創建時の盛土状態に戻せば壮観だと思います。前方後円墳の形状もよくわかるでしょう。
 標識を二度見した「道の駅 保田小学校」廃校となった元小学校で、教室は飲食店、体育館は農畜産物の直売所になっています。宿泊もできます。
 保田からは長狭(ちょうさ)街道。低い峠を越える自転車向きの道です。
 長狭街道から南に入り大山千枚田。
 小ぶりで高低差も少ないですが、首都圏から最も近い棚田です。
 このタイプの六地蔵は初めて見ました。
 「かんぽの宿鴨川」到着。2階の客室をサイクリスト向けにしており、室内にはスタンドも用意されています。フランスやスイスだと、あたりまえに室内かガレージで自転車を保管できますが、日本では駐車場の片隅に停めることがあたりまえ。これ、高級車ならずとも盗難が心配です。
 一泊二食付きで通常は 11000円。リーズナブルだと思いますが、ペア宿泊が原則。ソロツーリストは泊まれません。ヨーロッパの夕食なしルームチャージ制を期待したいところです。
 鳥瞰動画 (1:23)
 神奈川 24.6km、アクアライン(バス輪行)19.5km、千葉 99.0km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com