このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 標高グラフ付きの大きな地図を見る

 ベトナムツーリングの最後は、LangSon経由、陸路中越国境を越え、広西チワン族自治区の凭祥(ビンシャン,PingXiang)で一泊するコースです。
 片道200Km弱に、出入国手続きが加わりますので、ある程度のスピードも要求されます。スピードのない私としては、ハノイ自転車友の会トレインに乗っけてもらうしかありません。参加するのは、TamDaoでご一緒したSTさんと、MHさん、HRさんです。
 夜明け前の6:00にオペラハウス前に集合、国道1号線の新道をひたすら北東に走ります。

 朝もやが徐々に薄れていく田園風景をのんびり眺めていたいですが、そんな余裕はありません。
 途中、先頭を引いていたHRさんが膝痛で離脱、3両編成(内1両は貨車)となります。
 8日間でベトナム縦断したHRさんですが、前日の「牛若丸」クリスマスパーティで遅くまで飲んでいたのかも知れません。

 60Km地点のBacGiangで朝食、100Km過ぎのChiLangあたりから、うねうねとした登りが始まります。
 14時前にLangSonで、豪華な昼食を取り大休止します。北部の中核都市
 LangSonは、1979年の中越戦争では中国軍に占領されましたが、今では美しい交易の街です。

 「・・2月26日にラオカイを、3月5日にはベトナム北部の要所ランソンを大損害のなか占領。ベトナム軍主力は包囲されることなくランソンから後退した。その日の夜、中国中央軍事委員会は翌日の3月6日からの撤退を命じ、3月16日にはベトナム領から撤退した。・・」(Wikipediaより、抄)


 さて、ゴールはまだ先です。国境のHuuNghiQuan(友誼関)には15:28分着、通関待ちのトラックの間を抜け、検問所の遮断機を少し上げてもらい、自転車を押してイミグレーションの建物に入ります。
 ノイバイ国際空港が市役所なら、ここは村役場と言ったところでしょうか。
 パスポートと出国カードを提出します。出国スタンプを押してもらい建物から出ると、そこには国道1号線 0キロポストが!!
 50mほど歩き、中国へ入国します。中国のイミグレーションは、過度に巨大な気がします。威容を誇っているのでしょうか。稜線には迷彩を施された監視所があります。
 16:20に入国完了。
 丘陵地帯を17km走って17:12(現地時間18:12)に宿泊地の凭祥北駅に到着しました。
 ハノイから194.6km
 実走行時間7h47m
 平均速度24.9km

 中国から見ると、最南部にあたる広西チワン族自治区の凭祥です。ホテルでシャワーを浴びて繰り出した夜の街は、まさに桃源郷?でした。



 中華料理をたらふく食って熟睡。翌朝は 6:30(現地時間 7:30)に出発。出入国の後、ハノイを目指しますが・・。
 LangSonを過ぎたあたりで、冷たい豪雨に見舞われ自走は断念です。
 農家の軒先で震えていると、見かねてライスワインを振舞ってくれました。
 街のあるLangSonまで15Km戻り、ベトナム語完璧のSTさんの交渉力でハノイまでの車をチャーターします。150Kmあまりの長距離ですが、一人当たり 400,000ドンでした。

12/26 194.6Km HaNoi -> LangSon -> (中越国境) -> 凭祥
12/27  69.5Km 凭祥  -> (中越国境) -> LangSon(引返の30Kmを含む)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com