このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 標高グラフ付きの大きな地図を見る

 本格的な走りの初日は、ハノイ自転車友の会 の定番コースを走ります。TamDaoの標高は960mで、ハノイのヤビツ峠です。今日は、ハノイのレマン湖と言われるDaiLai湖を経由します。
 朝7:00 にスタート地点CPTRA(シープチャ)に集合したのは、友の会のSTさん、IKさんと謎の国連職員のTDさんの総勢4名です。
 わたしがお借りした自転車はJAMISのクロスでディスクブレーキです。タイヤは700 X 23C なので快適に走れそうです。
 道を知っているIKさんを先頭にホン川(紅河)を渡り NoiBai空港へ向けての高速道を走ります。
 ベトナムの高速(有料自動車道)は、バイクは無料です。自転車は禁止かも知れませんが、普通に走れます。
 空港手前で国道2号線に転じ、その後、田舎道をDaiLai湖へ向います。湖畔にはリゾートっぽいホテルが並びますが、赤土舞う湖畔はレマン湖とはかけ離れた、とんだくわせものです。
 湖からパンクに怯えながらオフロードを数キロ走り、TamDao登坂の起点となる、通称"スタート茶屋"で水分補給します。
 謎の国連職員TDさんのcannondal (インド製?)は、前後輪から異音を放つ上に、フロントがインナーに落ちないため、ここでインナー固定に調整します。
 ここからは、5%から10%の坂が続き、12Kmで960mまで登ります。晴れた日には風光明媚とのことですが、この日は曇りで眺望はありません。それぞれ課題を秘めて登坂開始・・・。
 避暑地風の山頂では、野豚鍋(推測)をいただきました。

101.6Km (ホテルのある旧市街-CPTRA、山頂-VinhYenを含む)

6 コメント

  1. カズ Says:
  2. 君津カズです。
    ユーチューブでお元気そうな姿を拝見しました。ネオンで飾られたすごいセンスの町並みですね!

     
  3. ta Says:
  4.  ちょっとご無沙汰です。ベトナムでは、石炭を運ぶ列車を見ました。君津へ運ばれるのかも知れません。
     ユーチューブの動画「ネオンの街」は、最終日前日なので(その4)でリンクを張ろうと思っていましたので、「既に見た」とのコメントに驚いています。どうやってたどり着いたのでしょうか? 知りたいです。

     
  5. 北部ベトナムサイクリングお疲れ様でした。
    いやいやtaさんは元気ですね!脱帽です!(^^ゞ

    Dailai湖はベトナムのレマン湖の積りで紹介したかったのですが、、、あの砂埃まき散らすトラック群は最悪でしたね!数年後には
    お洒落なリゾート地がオープンするみたいです。その節は今回のリベンジで是非また出かけませんか?(笑)

     
  6. 無事に日本にご帰国になられたようで安心しました。
    最終日には100km地点でお会いすることが出来ず、残念でした。またハノイにいらしてください。

     
  7. ta Says:
  8.  イセGさんの、ふるいに掛けるような引きを味わえなかったのは心残りです。
     次回までに巡航速度を上げておきまっせ。

     
  9. カズ Says:
  10. 君津カズです。
    ハノイ自転車友の会のHPに有るのYou Tubeというタグをクリックしたら偶然出てきました。
    イヤイヤお元気そうで何よりです。
    当方21年は4000Kmくらいの走行距離でした。では良いお年を!!

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com