このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

KHS F20-T3

2012年2月19日日曜日

 今回購入したのが、日本未発売の KHS F20-T3 。クロモリ、11.8Kg。
ドライブトレインは、
フロント:PowerTools 3速 52/42/30
リア:Shimano 105
カセット:SRAM PG-950 11-26t (9速) 
シフター:MicroShift
 従来の F20-T2 の唯一の不満は リアカセット 11-30T の4速(17枚)と5速(20枚)の段差なので、これは解消。
 サドルとペダルは、変えています。
 ハンドルポストにボトルケージが付けられるのは非常に有効です。ハンドルポストは長すぎ、無理くり下げてますので、そのうちカットしましょう。
 折りたたみ時のギミックとして車輪の固定にマグネットが標準でついていました。これも、意外と有効で面ファスナーでの結合は不要です。今、ベルクロ (Velcro社)もマジックテープ (クラレ)も商標と知りました(笑)
 F20-T2 との大きな違いは、ハンドルが折りたたみから抜き差しに変わっている点です。強度的には強そうですが面倒です。ただし、DAHONと異なり、KHSはハンドルを外側に折りたたむので、抜き差し式の方がずいぶんコンパクトに収納できます。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com