このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

根岸競馬場跡

2012年11月13日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 KHS仲間の Johnson と根岸方面へ。カナダから来て日吉の博士課程の彼ですが、旧版地図や風景再現も専門際なので、自転車以外の会話も楽しみです。
 先ずは、Johnson の先導で旧綱島街道を横浜方面へ。

 東神奈川からは、私の先導で旧東海道・・、のはずが全く違う第一京浜へ(汗) 旧東海道は、次の機会にしましょう。昼の伊勢佐木町を抜け、目的地の根岸森林公園へ。
 根岸競馬場は、幕末の1866年、横浜の外国人居留地における娯楽施設として建設された古い施設で、明治期の迅速測図にも記載されています。
 現存の観客スタンドは、1930年に建設されたものです。
 Johnson はブルホーンの F20-R 。ドルフィンの前を走ったので飯を食おうと誘いましたが、当然、無反応。育った国だけでなく世代も違う。"山手のドルフィン" に反応するのは、おっさん、おばさんだけですわ。

 Google Earth を使って地形図(1906年)に走ったルートを重ねてみました。周回道路の内側の、狭い駐車場などが続くエリアが走路跡のようです。

 61.85km 、走行時間 3:52

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com