このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

フランス、泊まったところ

2014年8月10日日曜日

6/13 Evian
 レマン湖南岸で国境を越え、フランス初日はミネラルウォーターで有名なエビアン泊。湖畔の細長い街をきょろきょろ走り、最初に入った2つ星に決めました。ホテル名はベタな Hotel de France、79.65EUR、11219円。
6/14 Annecy
 コバルト色のアヌシー湖に臨む観光都市。夏の観光シーズンが始まった週末なので、2軒が満室。2軒目で紹介してもらった2つ星の Nouvel Hotel、75.85EUR、10683円。
6/15 La Lechere
 雨宿りと偶然出くわした自転車レース 「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2014 第8ステージ」 で予定が大きく変わった日。 イゼール川沿いの小さな村で見つけたホテル。1軒目は、休業中? で人がおらず、不安をつのらせながら見つけた2つ星。La Cabriere、44EUR+Tax0.84、夕食、朝食を付けて 67.30EUR、9464円。
6/16 St. Pierre
 マドレーヌ峠を越え、自転車での町おこしをしている、サン・ジャン・ド・モリエンヌで宿探しを始めましたが 7~8軒当たるもすべて満室。Lowland からの団体が来ているとのこと。しかたなく次の街へ向かう途中、看板が出ていた モーテル風の Lancheton 泊、60EUR。泊り客は、自動車、モーターバイク、自転車で、自転車客が一番多かったです。
6/17 Le Monetier les Bains
 この日は、ガリビエ峠で助けてもらったフレッドのコテージに泊めてもらいました。スキーリゾートで、温泉も有名なようなので、水着を購入しフレッドとスパへ行きました。プールと5種類の浴槽がありましたが、だれも入ってない最も熱い浴槽以外、日本人にはヌル過ぎです。
 今年のツール・ド・フランス第14ステージは、このコテージの前を通りました。
6/18 Bourg d'Oisans
 ラルプ・デュエズの麓、ブル・ドアザン泊。ここ、自転車乗りの街です。ホテルは、初日のジュネーブと同じ名前の Hotel des Alps、60.65EUR。シャワー受けがバスタブ風、かろうじて浸かることができました。
 大きなスーパー "Casino" があったので、夕食、朝食はそこで調達、11.47EUR。
6/19 Vizille
 高規格道路が嫌になり田舎道を走っていたら、小さな村にインフォメーション・センターの案内があったので、そこでホテルを教えてもらい、お城の前の Le Relais du Cha 泊。55EUR、7766円。
 英語が通じず、この日のW杯日本ギリシャ戦のテレビ放映有無を尋ねるのに、iPhoneでフランス語に翻訳。結果は Non.
6/20 Virieu
 この日はバッド・デイであまり走れず。うねった丘陵の村で、通りがかりのおばちゃんにホテルのある街を尋ね、ヴィリューでやっとホテルを見つけました。今回最安値の35EUR。ここも、英語が通じませんでした。
 トイレ、シャワーが共用なのにビデは部屋にあるという、非常に古い様式の宿です。ただし、Wifi付き。
 広い庭と、やたら遊びたがる老犬がいて、長逗留したい宿でした。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com