このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 君津のWさんと、スノーキャンプ。標高2150mの野天風呂"本沢(ほんざわ)温泉" へ行きました。
 小海の稲子湯に車を止め 9:12 登山開始。標高1500mあたりは、雨氷による倒木が至る所に見られました。
 雨氷は、過冷却状態の雨が樹木の枝などに触れた衝撃で瞬時に氷結するもので、自重の数倍の重さとなり白樺の倒木被害が出ています。
 見るには美しい。
 2時間40分でしらびそ小屋到着。ここのキャンプ場にテントを張ります。
 テント設営のタイムラプス動画(18秒)
 みどり池正面の天狗岳。今日は無風快晴です。
 本沢温泉はここから1時間、タオルを持って向いますが履いているのは登山靴。先行するWさんはアイゼン装着です。
 日本最高所野天風呂「雲上の湯」pH2.3 硫化水素泉、日帰り入浴 600円。ここには山小屋とテント場があります。
 画像中央、トレースの先が「雲上の湯」です。
 湯船のフタを開けて雪上に置き脱衣場とします。麓から4時間近くかけて登ってきたのでなければ、脱ぐ気にはなりません。40度くらいでしょうか、硫黄系のいい湯です。Wさんは小道具を担いで来ています。
 人気の秘湯ですが、二人で独占。一時間ちかく浸かったところで、冬山装備の登山者が近づいてきます。ひと風呂浴びに来たようです。
 長湯したので、かろうじて服を着るまでの時間は持ちました。
 我々の宿は、しらびそ小屋のテント場なので、ここから1時間かけて戻ります。最後はヘッドランプを装着しました。
 無風快晴。気温は高く、夜でも-10度くらいでした。
 8.1km(歩き)

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 今日の話ですか?
    低気圧通過で、荒れ模様かと思いますが・・・。

     
  3. taka Says:
  4. あっ、日付間違えていました。2/12に無事下山しています。当初は週末に計画していましたが、予報を見て変更しました。2/13に山中なら身動きできなかったと思います。
    今回のルートは樹林帯だったので、雲上の湯への降下以外、ビビる箇所はありませんでした。や まさんも、間違いなく余裕で行けます。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com