このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

満濃池、丸亀城、琴平の建造物

2016年6月20日月曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 吉野川をつるぎ町貞光まで上り阿讃国境を三頭トンネルで抜けるルート。天候は曇り、このトンネルでは最近も死亡事故が起きており最大の難関か。
 三頭トンネル全長2648m。1997年供用開始。
 歩道の幅は80cmくらいでしょうか。トンネル内が静かな時は車道、車が走ってる時は歩道を走りました。路面はウェットです。歩道の「緊急電話」の突起に肩が当たりそうで、怖い思いをしました。
 トンネルから4km下り「谷川米穀店」へ。米屋でなく、うどん屋です。冷たい大、温かい小+卵をいただきました。締めて480円。うどんの名店は、ロケーションと営業時間が関門になる場合が多く、ここも営業時間は11時~13時の2時間。
 讃岐平野に入り満濃池へ。湖畔の自転車道で半周。
 "ゆる抜き" と呼ばれる放水が6/15から始まりました。
 田植えの時期の風物詩。
 「谷川米穀店」の営業時間にあわせたため、目的地の琴平に早く着きすぎたので、予定外の丸亀城へ。小ぶりですが、現存12天守のひとつ。厳密には櫓(やぐら)かも。
 総高66mの石垣は高度感抜群。
 10km戻り琴平の橋本屋旅館へ。設備は完全に昭和ですが、女将のホスピタリティが抜群、不満ありません。写真は朝食。
<琴平の建造物(その1)>
琴電琴平駅
高灯籠(たかとうろう)1865年完成。瀬戸内海から見えたらしい。
JR琴平駅。駅舎にしめ縄、駅前に狛犬がいます。
鞘橋(さやばし)1869年完成、
 117.31km、7h13m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com