このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

筑波線廃線跡と岩瀬駅~小山駅

2016年9月10日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 青春18きっぷ最終日、土浦まで輪行し "つくばりんりんロード" と命名されている自転車道を走ります。1918年(大正7年)に開通、1987年に廃線となった筑波鉄道筑波線(40.1km)、土浦から北西方向に延びています。
昭和19年部分修正の1/50000「土浦」。
 土浦駅から分かれ西にカーブ。鉄橋の跡らしき遺構がありました。
 真鍋駅跡から陸前浜街道にそれると国の重文「旧茨城県立土浦中学校本館」、修復工事中(2018/3まで)。
 今日は落車 (8/25) のリハビリ走なので、フラットペダルの F20-T2 です。
 "つくばりんりんロード"、小田城跡は迂回しています。
 この春(2016年4月)整備が終わり公開されました。北畠親房の『神皇正統記』は、ここで書かれたらしい。
 往時の筑波線は、無慈悲に突っ切っていました。
 北条駅跡を過ぎると北にカーブし、筑波山が正面に。
 昭和15年部分修正の1/50000「真壁」。大字古城には、江戸初期まで真壁城がありました。
 真壁駅はホーム3面の大きな駅。
 旧真壁郵便局。第五十国立銀行(常陽銀行)真壁支店として昭和2年建造。
 真壁は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。歴史的建造物は多く残っていますが、いずれも単体で街並みとしては弱い。「点でなく面」に目を向けた "建造物群保存地区" の趣旨には合いません。
 奉安殿。天皇皇后の御真影と教育勅語を納めていた建物で、全国の学校にあった。戦後、多くが解体撤去されるなか、真壁小学校正門脇から移設されたもの。昭和の歴史を今に伝える、貴重な戦争遺跡です、とあります。(民間管理)
 JR水戸線岩瀬駅到着。つくばりんりんロード、40km がほぼ全線自転車道となっているのは珍しいと思います。元の踏切(一時停止)が多くありますが、トイレ、水場も充実しています。
 名前がちょっとあれですが、真壁の街中で小学生に「りんりんロードって、どっち?」と聞くと、即答してくれたので許します。
 岩瀬駅から西へ。旧道がうまく見つけられず、面白みの無いルートとなりました。
 常陸国新治(にいはり)郡、郡衙跡。鬼怒川。小山駅の2階自由通路は自転車も押せば通れたので、改札前で折り畳みました。小山からは湘南新宿ラインで武蔵小杉へ。
 93.45km AV15.8km/h,5:53:37

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com