このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

鳴門金時フィールド

2016年9月23日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 鳴門での所要を済ませ阿波おどり空港へ。時間があるので、歩いて行くことにします。
 昼食は、商店街を探しましたが、見つかったのは一軒のみ。板東俘虜収容所(鳴門市大麻町)での第九日本初演 -> ベートーベン -> ドイツ つながりの、ドイツ料理店。
 歩きはじめてすぐ目にとまったのは鳴門市役所庁舎。1960年代の先鋭的モダニズム建築では。帰宅後調べると、京大教授だった増田友也の設計で1961年竣工。丹下健三の香川県庁舎(1958年)ほど有名でありませんが、鳴門市民会館(1963年)と合わせ、評価が高いようです。
 市街を抜けると、水路とレンコン畑。
 撫養川を水門で渡るとサツマイモ畑。特産品の「なると金時」です。
 元は塩田だった低地なので、水との戦いが続きます。
 金時フィールドの道は難しく、予定より大きく遅れて空港着。
 離陸直後。屈曲する今切川河口部に沿うように360度ターン。この20秒後には雲の中に入り視界がなくなりました。(46秒)
 10.1km(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com