このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

角島、萩、山口

2018年4月21日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 朝の角島大橋。土曜日ですが、まだすいていました。
 長門方面へ。油谷湾、水の透明度が高い。旧道沿いには、一風変わったしめ縄風の飾り物。
 長門から鉄道沿いを走るつもりがミスコース。結構な山越えになってしまいました。新トンネル横の「榎谷洞道」案内板には、"明治26年(1893)、県下で3番目のトンネル(榎谷洞道)を伴う仮定県道が萩・室頭間を結んだ。洞道は長さが113メートル、幅が3.6メートルで坑門の出入口は一部煉瓦張りで他は素掘りのままである。" とあります。
 萩城跡。
 萩はアンノン族に連なる、街並み保存の先駆的地域です。
 萩藩校明倫館跡地に建つ旧明倫小学校校舎。2014年まで現役の小学校でした。
 萩に泊まる予定でしたがいい宿が見つからず。萩往還(長門国の萩と周防国三田尻(防府市)とをほぼ直線に結ぶ全長約53kmの街道)に付かず離れず南下し山口を目指します。
 涙松は萩城下の見納めの地。安政の大獄で江戸に送られる吉田松陰が「かえらじと思いさだめし旅なれば、一入(ひとしお)ぬるる涙松かな」の一首を残しています。
 往還沿い、石州瓦が映える。
 軽くみていた中国山地ですが、足を削られるきつい上り。日没が迫るなか稜線を越えダウンヒル。新緑の荒谷ダムから、booking.com で当日予約した山口紅花舎。
 山口市郊外にある山口紅花舎。別棟でユースホステルを長く営んでいた宿。一泊二食付きで5400円ですが、手の込んだ夕食。あまり計算とかしてなさそう。泊り客は3組、全員ネット予約で1組はニュージーランドからのご一家でした。
 101.86km、6h53m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com