このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

庄野潤三、河上徹太郎

2018年6月19日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 芥川賞作家で「第三の新人」の一人であった庄野潤三(1921-2009)の「山の上に憩いあり」(1984年)には、庄野が住んだ戦後の生田や、交流のあった文芸・音楽評論家、河上徹太郎邸の情景が描かれています。
 一方、河上徹太郎(1902-1980)も「エピキュールの丘」(1956年)などで、戦後間もなく片平に居を構えたころの高等遊民的狩猟生活に触れています。
 近場なので、様変わりした都筑郡、橘樹郡をサイクリングしてきました。
 旧河上邸あたり。「武蔵府中」1/25000(昭和28年12発行)
 川崎市最奥部、川沿いの県道137号からの見上げる南向き斜面。この上に河上邸があった。
 「焼け出された河上さんは南多摩郡鶴川村の白洲次郎邸に二年間、同居してから、やがて柿生片平のいまの場所に移り、二度と東京へ帰らなかった」(庄野)
 「私の氏神はすぐ半町程上の丘にの上にあるが、数百年たった松屋杉に囲まれ、その名を白鳥神社といふ」(河上)
 旧河上邸あたりからの旧都筑郡片平村方面。
 旧庄野邸あたり。「溝口」1/25000(昭和28年12発行)
 旧庄野邸近くからの生田方面。右下は長沢浄水場。
 28.99km、2h29m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com