このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

伊豆 Day2 修善寺、黄金崎、松崎

2020年11月11日水曜日

狩野川支流の菅引川沿いの原保集落へ下る計画でしたが、通行止め。宿の送迎バスを急遽お願いして、修善寺駅まで送ってもらいました。これも輪行か? 出発直前に富士が顔を出しました。
狩野川を遡上。途中で西岸に渡り、R136 を土肥(とい)方面へ。
最高地点は船原(ふなばら)トンネルの472m、長さは1114m。
土肥までは直線で4.5km、山腹をループ状にたどる線形。標高以上に豪快な道です。
土肥港からは駿河湾を横断する清水港へのフェリーが出ています。この日は、洋上からの富士が望めたでしょう。
伊豆西海岸を南下。黄金崎の案内所「こがねすと」には先週納品されたばっかりの赤色立体地図。ジオパークでは定番の赤色立体地図ですが、最大級のもの。
松崎の町を抜け、宿のある岩地へ。最後の登坂が予想外に厳しく、夕日にギリギリ。
若いご夫婦がオーナーのコート・ロシューズ。もちろん完食です。
57.7km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com