このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 青春18きっぷで遠征。DAHON K3 の持ち味を活かし、往復で15回乗り換える鉄道輪行です。
 JR武蔵溝ノ口駅発 5:03、宇都宮で乗り換え時間が1h21m 取れたので半ラーメン+餃子の朝定食。お味は平凡でした。
 福島駅で奥羽本線米沢行き(標準軌道の普通列車)に乗り換え板谷駅着は 13:15。スノーシェッドの中にある駅です。駅の標高は、福島駅 70m、板谷駅 549m、峠駅 621m、米沢駅 249m。
 スイッチバック時代の折り返し線。
 スイッチバック時代のプラットフォームと駅舎。
 旧米沢街道板谷峠の古い看板。福島~米沢、会津~米沢とも、米沢街道と呼ばれるようです。江戸時代は参勤交代に利用されましたが、明治始めに萬世大路(鬼県令 三島通庸の主導、現R13)が建設され、過去の道になりました。福島側(松川沿い)は、廃道となり鉄路のみ。
 尾根道の旧米沢街道から、峠駅へ下降。
 駅はスノーシェッドの中。
 峠の力餅で有名な「峠の茶屋」で雑煮餅。力餅は、普通列車に合わせホームで立売してます。
 スイッチバック時代に駅のあった辺り。
 旧米沢街道へ上り直し、太平洋(松川を経由する阿武隈川水系)と日本海(羽黒川を経由する最上川水系)の分水界。ここの標高は823m。なお、全然涼しくありません。
 大沢駅への下り。路面が悪く低速走行。ブレーキングが続きますが、リムがすぐに触れないほどに熱くなります。摩擦エネルギーの行き場が、小さな14インチのリムなので心配になります。DAHON K3 は、走れる機種なので、ホビー的な使い方が多い14インチ車とは違うスペックが求められるでしょう。水冷(^_^) かディスクブレーキが欲しい。
 街道沿いの民家。
 時間が押せ押せで、予定していた上杉伯爵邸へは行けず。17:44の福島行き在来線最終で帰路へ。
 29.0km + 鷺沼~武蔵溝ノ口駅 6.4Km

大きな地図を見る
 最近知りましたが、東京都公文書館が、2020/3に西国分寺へ正式移転する繋ぎで、旧玉川高校校舎に仮移転しています。
 「資料が語る世田谷」展へ行ってきました。
 東京市編入前町村の大字とその飛地。
 矢倉沢道二子渡など。
「江戸傍近図」(部分)と東京五輪の世田谷協力会ポスター。ユニホームがNIPPONなので、ママさんバレーでなく、東洋の魔女だと思う。そもそも、ママさんバレーは東洋の魔女以後の現象かも。
 昭和30年代始めの用賀、桜新町のスライドショー。
 台風第10号の影響で気持ちよくずぶ濡れ。
 20km。

 昨年(2018)、地理院地図の機能に加わった「自分で作る色別標高図」
 対象地域の標高に合わせ、細かく色を塗り分けるのが、期待される使用法ですが。
 アンナプルナ内院、、ではなく、無酸素では厳しそうな丹沢。
 月面。
 アポロ11号が着陸した静かの海。実は、グンマーだった。
 火星。よく見ると、道の駅がある。

大井町駅から大森海岸駅

2019年8月11日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 京急大森海岸駅で待ち合わせ。その前に目黒台の突端部を散策しました。大井町の昭和路地。この先に、盛りで有名な洋食屋ブルドック。
 仙台坂の小路。
 海岸線にあった旧東海道まで下り、目黒台の先端部の傾斜地に建つ海晏寺(かいあんじ)。岩倉具視の墓所ですが、非公開のようです。
 仙台坂新道のトンネルを上り、見晴らし通りを南へ。この通り名は見晴らしがきかなくなってからの命名だと思います。
 かつては、足下に水田と東海道。
 目黒台を下り、立会川を渡って、「ミシュランガイド東京 2019」 ビブグルマン掲載店の "じんぺい" へ。ごちそうさまでした。
 土地の成り立ちがわかる国交省ハザードマップ。海岸線には浜川砲台がありました。馬込の窪地が気になる。
 歩き 6.1km。

地図ラー夏フェス 2019 第2日目

2019年8月10日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 石神井公園から八丁通りを南下。荻窪駅前駐輪場にT-20を停めて、地図ラー夏フェス会場のRooster North Sideへ。2日連続のフェス、2日目に出席します。主催は千葉地図ラー改め地図ラー。
 講演の部、トップバッターは暗渠マニアックスの高山さん。
 暗渠を踊る、暗渠マニアックス吉村さん、多摩武蔵野スリバチ学会の真貝さん、古道研究家の荻窪さん、古生物学者の芝原さん。
 音楽の部は、彩々バンド+地図ラー。トリはルーリー率いるスリバチバンド。千葉スリバチ学会の稲垣さん乱入。ドラムの島田教授は、先般日本地理学会で登壇していましたが・・。
 音楽の部は、昭和色強し。
 帰路は、環八から甲州街道旧道。仙川経由で多摩水道橋。交通量が少なく、快適な夜のサイクリングでした。
 復路 18.7km。

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 荻窪で行われる地図ラー夏フェスへ。その前に、かいぼりでモネの「睡蓮」のようになったと言う、井の頭池へ。・・暑くて、イベントがないと出かける気になりません。
 6月初めは、モネの「睡蓮」のようだった?
 今は、もうモネではありません。
 時間が余ったので、標高50mラインの武蔵野三大湧水池を訪ねることにします。
 2つ目は善福寺池。
 窪んでいるのは暗渠になった井草川。地形は残っています。
 石神井公園、湧水がある三宝寺池。
 都道444号、下石神井大泉線を挟んで石神井池。
 石神井川の源は小平市花小金井南町。湧水の減った現在は、三宝寺池、石神井池からは石神井川に流れていないとのことです。
 30.2km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com