このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

戸面原の最奥部へ行く

2008年7月13日日曜日

 T秘境の場所を地形図で探していた時に候補となった場所の一つがここ。気になるので、行ってみることにした。ふりがなは「とづらはら」とされているが、正しい発音は「とづらっぱら」のようだ。
 房総のダム湖は都市部からのバス釣り客でどうもギスギスしているが、ここは「へら」限定らしく、ちょっとのんびりしている。昭和の雰囲気です。
 さて、字藤木から高宕山の稜線方向へ向かう。最初に現れるのは、沖縄の斎場御嶽(セーファーウタキ)を彷彿させる三角形の素掘りトンネル、聖域が待っているのだろうか。
 2つ目の素掘りトンネルを抜け、地形図の道路が途切れる地点まできたが、道は続いている。最後は、地図記号では水田だが、休耕田を通り越して耕作放棄地状態まで自然に返った場所でCROSS BIKE は進めなくなる。偶然遭遇したきのこ採りのおやじに河床への道を教えてもらい、なんとか水辺にたどり着いた。

 風景はT秘境に似ているが、水量が少なく全体に小ぶり。秘境度(行きづらさ)は高いが、T秘境2.0 を標榜する訳には行かない。

 64Km。


 戸面原ダムの水没地域を1976(昭和51)年の地形図に重ねてみた。川の渓谷は狭く、水没地域の多くは水深の浅い旧水田である。もったいないダムですね。

2 コメント

  1. 匿名 Says:
  2. 先日偶然にもここへ行ってきました、まさにTを探しに地名から予測を付けて行ったのですが違いましたね、帰宅後もう一度検証したら間違いに気がついたので次回はTへ辿り着けそうです(^^ゞ
    耕作放棄地点で進むのをやめましたが水辺まで行かれるとはさすがです。

     
  3. taka Says:
  4.  うっ、まずい。Tの場所には触れていないが、絞込みのヒントを与えてしまった。
     Tでは、迎撃不能だと思いますが、来るのは怪しいやつばかりです。迎撃機材を持っていても、怪しまれることはないでしょう。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com