このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

鹿野山タワー跡地

2008年7月5日土曜日

 昭和51(1976)年の1/25000地形図を見ると鹿野山タワーなる記述がある。跡地を見に行くことにした。破線で描かれており、地図記号としては「建物類似の構築物」であるので、石油タンクやスノーシェッドの類である。跡地への道は神野寺の私有地らしく進入禁止だったので、下町まで下って藪コギでたどり着いた。
 構築物はすべて撤去されていたが、約10m四方の塔芯礎が残っていた。碑文によると、正式名称は「鹿野山常夜燈展望法塔」で、竣工は昭和44年、高さは42mとのことである。と言うことは、神野寺の地所であるので、ここも入ってはいけない場所の可能性が高い。藪コギも大変(危険を感じた)なので、来てはいけません。
 鹿野山への上りは、草牛からのルートを取った。地形図では、軽車道(1車線に満たない)で表記されているが、実際は舗装された1.5車線程度の車道であり、路面の状態も良い。
 砂取ダンプの走る福岡からの県道163号より格段に走りやすいので、自転車にはお勧めである。障子谷の分岐は、ザ・鹿野山CCへの案内板に従って右折する。


 君津から 36Km。

2 コメント

  1. taka Says:
  2. 横道さんへ
     眺望を期待していましたが、タワー跡地は樹木に囲まれていました。「運用場所」として、ご紹介できるかなーと思っていましたがアプローチも大変なので、ここはNGでした。
     ところで、こんな所まで横道さんは見に来てくれるのだろうか。

     
  3. 匿名 Says:
  4. 見に来ましたよ~
    凄く興味をそそる記事でしたがコメント欄で「あらら」でした(^^ゞ
    タワーがあったなんて知りませんでしたが跡地を見れば確かにタワーですね。

    鹿野山は高い山なんですが入れる場所が限られますよね、taさんとお会いした白鳥峰の前のゴルフ場なんて反則的な景色ですし良い場所は全部私有地のようですね。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com