このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る


 オルムは寄生火山のことなので、コムン山(拒文岳)です。この山から流れ出た溶岩が、万丈窟を作ったとのことです。
 (上の地図のプチプチが寄生火山です)

 済州市から道道97号を走り、9:30ごろ、コムンオルム探訪案内所に到着。案内所前でハイカーのグループが、準備運動しています。 「一、二、三・・」 んっ、日本語? 
 こんな地味目の場所に日本人ツアーです。4時間かけて探訪ルートを歩くとのことです。連結しちゃえば、日本語のガイドを聞けるかも、と思いましたが、入山制限が厳しくてダメでした。
 50分待ち、10:30からの入山証をもらい歩き始めます。今日は、寒い曇り、低い霧におおわれ、眺望は期待できません。
 10分ほど歩いたところに監視用みたいな小屋があり止められます。トランシーバーで、何か連絡しています。「倭人を捕まえた」とか言っているのでしょうか。
 ほどなく、ガイドと10数名の韓国人が到着します。
 どうやら、ガイドに案内されてのグループ探訪がルールのようです。

 まず、噴火口内の探索に向います。大きな窪地ですが、活動が終わって10万年経っているので今では里山です。
 火口内を一周した後、外輪山(?)の山頂(456m)へ登りますが、霧におおわれています。
 今日は、ここから寄生火山群を見るのが目的でしたので残念です。(曇天はこの日だけだったので、天候にとても恵まれました。)

 ガイドのお話はわかりませんが、英語可の活発な4姉妹と楽しく散策しました。


 帰路は漢拏山(ハルラサン)の麓をかすめて帰ります。


 馬は立ったまま寝ると聞いていましたが、違っていることを知りました。




53.17Km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com