このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る


 今日は高級リゾートである中文観光団地から国道1139を済州市まで走ります。メインは、自転車を置いての山登りです。

 昨夜の宿は高級リゾート地に隣接する普通の民宿ですが、窓からの景色は
大差無いはずです。

 民宿(民泊)は2ヶ所泊まりましたが、いずれも日本のワンルームマンションのような作りです。
 明け方は冷えるので、オンドル(床暖房)が暖めてくれます。
 仕組みを聞きたかったのですが、共通の言葉がなく不明のままです。
 ←近代建築では、ガスによる温水循環とのことです。

 国道1139は海抜1100mの峠を越えて、新済州へつながる山越えルートです。





 峠手前で国道を離れ、車道の最高地点である 1280mの霊室(ヨンシル)まで自転車、
そこから登山道を 1700mのウィッセオルム山荘まで往復します。


 入山は無料でカウントもしていませんが、入山時間の制限があり、夏季は15:00までです。




 登山道はよく整備されています。極端な急登はありません。


 樹林帯を過ぎると、岩壁も現われます。





 漢拏山(ハルラサン)には、300を超す寄生火山(オムル)があります。

 山頂下部は少し乾いた湿原です。





 所々につつじが密集しています。雉もいました。


 山頂ドーム。反対側に火口湖があります。(見えません)

 済州市側へのダウンヒル。路面がよく、車も少ないので、小径車でも最高50Kmオーバーで下れます。



 済州島の川は、どこもこんな感じ。通常、水は流れていません。

56.25Km

2 コメント

  1. smak Says:
  2. 詳細レポありがとうございました。
    絶景ですね!地学の教科書に出てきそうな、風景ばかりで非常に惹かれました。(笑)

    済州島は高級リゾートという先入観があるのですが、民宿もあるんですね。

     
  3. ta Says:
  4. smakさま>
    天候に恵まれ、素晴らしい景色を堪能できました。
    ハイアットリージェンシーに1泊する替わりに、お安く5泊しました。
    もっと若いころにやるべき旅ですが、日本だと復帰できないので、こんな歳になってしまいました。もう、一本道です。(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com