このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

横浜 大黒埠頭

2010年10月3日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

  夏の疲れが・・、と言う感じは皆無ですが、新潟以来、走っていません。今日も、近くて坂のない横浜方面です。
 ベトナムみたいに高速が走れれば第3京浜が最短ルートですが、そうも行きません。綱島からは、鶴見川の土手を走ってみましたが、多摩川よりは道幅が広くスピードが出せます。
 鶴見からは旧東海道を走ります。部分的ですが、けっこういい感じで残っています。
 一転、大黒埠頭への道は、大型車ばかりの産業道路です。
 ベイブリッジは、上層が首都高、下層は一般国道ですが、自転車は走れません。上層は駄目は理解できますが、下層も走れないのは不可解です。
 ここには、スカイウォークという珍妙な設備がありましたが、先月閉鎖されました。わたしは、この施設で600円徴収することとの関連で、人も自転車も国道を歩けないようにしたと解釈しています。
 さて、元町方面へは行けないので、生麦まで引き返します。
 生麦と言えば、これですね。

50.9Km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com